Windows PCを利用していて、光回線など高速なネットワークを利用しているのに思ったほど速度が出ない・・・という場合のチェックポイントです。

このページでは、Windowsの「受信ウィンドウ自動チューニングレベル」の確認方法や調整方法を紹介しています。

設定の確認方法

管理者権限のコマンドプロンプトで
「netsh interface tcp show global」
と実行する。
netsh interface tcp show global
▲クリックで拡大
「受信ウィンドウ自動チューニングレベル」は通常、初期設定で「normal」になっています。

設定の変更方法

確認する時と同じく、管理者権限のコマンドプロンプト上で行う。

  • 設定コマンド
    Windows 10/8.1/7の場合
    「netsh interface tcp set global autotuninglevel=[設定値]
    Windows Vistaの場合
    「netsh interface tcp set global autotuning=[設定値]
  • [設定値]に使えるパラメータ
     disabled:自動最適化を無効
     highlyrestricted:既定値より受信ウィンドウを保守的に拡大
     restricted:既定値より受信ウィンドウを制限的に拡大
     normal:既定値に戻す
     experimental:実験的なシチュエーションで使用
  • 調整方法
    まずは highlyrestricted、restricted などを試してみる。
    効果が無い (と思われる) 場合は disabled を試す。
  • 設定例 (Windows 10/8.1/7の場合)
    「netsh interface tcp set global autotuninglevel=highlyrestricted」
    netsh interface tcp show global
    ▲クリックで拡大
    「OK」のメッセージが出れば入力成功です。

注意&参考リンク

この設定に推奨値はありません。PC環境によって最適な設定は異なるようです。

参考URL
レッツ! Windows 7 - トラブルシューティング編(1) | マイナビニュース
引用「ネットワークパフォーマンスが向上するということは、その分CPUリソースが割り当てられてしまいますので、他のアプリケーションに悪影響を及ぼす可能性も拭いきれません。あくまでもトレードオフの関係と割り切ってお試しください。」

高速化すればするほどCPUにかかる負担が大きくなるので、この設定を闇雲に高速化すれば良い、という訳では無いようです。

サイト内関連ページ

このページの情報は 以上です。