Windows版LINEにて、「スタンプは送れる」、「文字は打てる」でも「文字の送信だけが出来ない」・・・。そんな場合のチェックポイントの紹介。

PC用のLINEを使っていて、突然文字を送信できなくなった・・・・って場合は、以下を中心に自分のPCをチェックしてみましょう。

LINE
▲ちなみにPC版LINEのダウンロードはこのページから。

チェックリスト

  1. LINEアプリの再起動をしてみる。
  2. LINE以外の起動中のソフトを終了させてみる。
  3. 他のソフトで「文字入力の途中」で作業中断していないかをチェックする
  4. ブラウザなどでPDFファイルを開いたりしていても、LINEトークの送信はできません。
  5. PCを再起動する。

 

個人的には「3.」の症状でオロオロする事が多いです(^_^;
Photoshopなど画像編集ソフト上で「テキスト入力している途中」
▲Photoshopなど画像編集ソフト上で「テキスト入力・編集している途中」にLINEが入り、仕事を中断してLINEの返信を・・・なんて事をすると、かなりの確率でLINEで入力したテキストが送信不能になります。

送信出来ない症状が発生したソフト、利用方法など

以下の項目には、コメント欄にて頂いた情報も含まれています。
  • Photoshop上で文字入力中
  • Photoshopでフィルタ[ゆがみ]利用中
  • 一部のPDFファイルの閲覧中(Adobe Reader)
  • 多くのPDFファイルの閲覧中(IEのアドオンで閲覧)
  • Adobe After Efectsの利用中(テキスト入力中ではない)

 

またテキストエディタやHTMLエディタでも、ごく稀に発生します。
初めてこのトラブルに遭遇した時は (仕事もLINEもかなり急ぎの用事だったため) かなりオロオロしていましました(^_^;

トラブルを回避する基本

入力途中のテキスト、変換途中のテキストを放ったらかしにして別の作業に移らない事。
これだけでトラブルは減ります。
(というか、LINE始める前は変換途中の文章を放って別の文章を書くなんてやらなかったよなあ・・・(^_^;)