タイトル通り、AdobeがPhotoshop CS2、Illustrator CS2などCreative Suite 2製品のシリアルキーを無料公開しています。

Adobeシリアルキーを無料公開
Adobe CS 2 ダウンロードページ (英語版ページ)
サーバー混雑しています。繋がりにくい場合は時間をおいてアクセスしてみましょう。

  • ダウンロード及びシリアルキーの発行には、Adobeアカウントが必要になります。(登録は無料です)
  • AdobeがCS2製品のアクティベーションサーバーを停止したため、無料開放という措置をとった、との事です。

ITmedia ニュースさんによると、「今後、ダウンロードを正規版ユーザーに限定するなどの対応を行う可能性もありそうだ。」との事ですので、欲しい人は早めにGETする必要が出てくるかもしれません。
追記注意:
Adobe 公式サイトに「正規ライセンスを所有されていないお客様のご利用はライセンス違反となり得る」とのアナウンスが出されました。
http://helpx.adobe.com/jp/x-productkb/policy-pricing/cq12200137.html#id_19437
残念。安易な気持ちで利用するのは控えましょう。。。

シリアルキーが開放されている製品

各製品、WindowsとMac OS X版両方が用意されています。

  • Creative Suite 2 (全製品を含めたスイートパック)
  • Illustrator CS2
  • Photoshop CS2
  • Photoshop Elements 4.0/5.0
  • Adobe Premiere Pro 2.0
  • Acrobat Standard 7.0
  • Acrobat Pro 8.0
  • Audition 3.0
  • GoLive CS2
  • InCopy CS2
  • InDesign CS2
  • Acrobat 3D 1.0 for Windows

目玉はPhotoshop、Illustrator 、Premiere Proあたりでしょうか。 

ちなみにCS2のリリースは2005年頃です。
  • まだXPマシンを利用している方などは、最新版よりCS2の方がサクサク動くと思います。
  • Mac版はPowerPC G4、G5向けで、intel CPUでは作動しません。

古いソフトだけど、使えるの?

Windows 8/7 を利用している場合は、インストールする際にインストールフォルダをC:\Program Files (x86)以外に設定する必要があります。

  • Photoshop、Illustrator、InDesignなどは、DTPなどの印刷物制作やWeb制作でほぼ業界標準となっているソフトです。
    • CS2でもバリバリ現役で使う事が可能です。
      • Windows 8/7 を利用している場合は、MSゴシック等の一部フォントが上手く表示できないと思います。
    • かなり少数になりましたが、今でもPhotoshop 6~7、Illustrator 8~9 (1998~2000年頃リリース)を使っている人もいます。
      • (CS版との互換性はかなり低いけど、この頃から基本は変わっていない)
  • Premiere Proは、高度なレイヤー処理を行う事が出来る、高性能な動画編集ソフトです。
    • 複数のレイヤーを乗算・減算・スクリーン・焼き込みなどで重ね合わせる処理は、1~2万円の動画編集ソフトではほぼ出来ません。
    • 一応HD動画にも対応していますが、AVCHDには未対応です。最新ソフトと比較するとちょっと苦しいかもしれません。
    • 派手なエフェクトを盛り込んだ短編映像などを作ってみたい場合などは、十分現役で利用できます。