このページは
  「YouTubeが見れない、Flashが再生できない時の対処法
  の一部です

Youtubeの再生に関するトラブルの、Mac、AppleTVや、その他の専用機器の場合の解決方法などについて記載してあります。まだ情報は少なめです

Macの場合1

2011年2月18日頃から一部環境(Mac Snow Leopard+Safari )で、Youtubeの視聴が困難になる現象が発生しているようです。一時的なものかも。

以下ブログに詳しい解決方法が記載されています。
Snow Leopard+SafariでYouTubeが見れなくなった | デジイチ最新情報!
  Safariを一旦終了した後、アプリケーションフォルダにある「Safari.app」を右クリック
  →「情報を見る」→「32ビットモードで開く」にチェックを入れれば解決との事です。

Macの場合2

SafariのUA(ユーザーエージェント)を変更すると視聴出来るようになる場合もあり。
これも一時的なものか?
サファリの環境設定 ≫ 詳細 ≫ 開発メニューを表示 ≫ 開発
≫ ユーザーエージェントを「4.1.3mac」に変更 ≫ Safari再起動

 

AppleTV

自分の動画やお気に入りや登録チャネルが見えない場合
 1. AppleTVからログアウトする。SafariでYouTubeにアクセスしてアカウントへログイン。
 2. 「Activity Sharing」の項目へ移動し、「Activity Sharing」を「Yes」に変更
 3. 「Subscribe to a channel」と「Favourite a video」にチェックを入れる
 4. 「設定を保存する」にチェックを入れる
 5. 上記設定が済んだら再びAppleTVにログインしなおしてみる

外部のYoutubeダウンロードサイトや、TV接続専用機器など

YouTube側に大きな変更があると、TV接続用・設定無用のYoutube視聴専用機器でも視聴障害が発生します。多くの場合サイトやメーカー側でアップデートが行われますが、2~3日待つ必要があります。
この場合はYoutubeではなく、専用のサイトや、機器メーカー側が対応します。

 

  「YouTubeが見れない、Flashが再生できない時の対処法
  へ戻る