2015.07.09:サイト内リンクを修正

Windows Vista/7/8/8.1で、ネットワークカードの省電力設定が上手く作動しないことがあります。そしてこれが原因で、インターネットの速度が極端に遅くなる場合があります。
 このページでは、ネットワークカードの省電力設定(EEE)の設定を無効にすることでネット通信速度の安定化を図る方法を紹介しています。

はじめに

事前準備

以下の手順を行う前に、NICのドライバを最新の状態にしておきましょう。
※NIC・・・ネットワーク・インターフェース・カード/LAN カードのこと。
※最新のドライバを使う事で、トラブルが解消される場合もあります。

EEEを無効にする方法

コントロールパネルやマイコンピューターから、「デバイスマネージャー」を起動します。
「デバイスマネージャー」を起動
▲クリックで拡大

「ネットワークアダプター」をダブルクリックし、
表示されたネットワークデバイスをダブルクリックします。
ネットワークデバイスを選択
▲クリックで拡大
※今回の場合、無線LAN や Wi-Fiのアダプタなどは関係ありません。

「詳細設定」または「電力の管理」タブを開きます
Energy Efficient Ethernetを無効にする図
▲クリックで拡大
「Energy Efficient Ethernet」または「省電力型イーサネット機能」を選択し、「オフ」または「無効」に設定します。
※上記の項目は、LANアダプタやドライバの種類によって名称が若干異なります。

「電力の管理」に該当項目がある場合の例
Energy Efficient Ethernetを無効にする図
※この画像はエプソンダイレクトのHPから転載

注意

「Energy Efficient Ethernet」や「省電力型イーサネット機能」などの項目がないLANアダプタもあります。
「Energy Efficient Ethernet」や「省電力型イーサネット機能」などの項目がないLANアダプタ
▲クリックで拡大
この場合、このページで紹介する手順は不要です。インターネットが遅い原因は別のところにあります。

 

このページの紹介手順は以上です。

注意事項

LANドライバーの再インストールや更新、Windowsのリカバリなどで変更した設定が元に戻ることがあります。
その場合はもう一度、上の手順を行う必要が出てきます。

サイト内関連リンク

参考リンク