フルHD(1920 x 1080)でなくても、ただでさえ重たくて再生のモタつくh.264。

最新のPCならともかく3~4年前のPCだと、イマドキのh.264コーデックを使用したmp4動画はフルHD画質でなくてもカクカクとコマ落ちし、音ズレしてしまいます。

PSPやiPod用に動画をエンコードしたけど、PCで確認視聴が無理!
h.264コーデックは重くてキライ!mp4も視聴できるアプリが限られていてイヤ!
な人に便利なコーデックが登場しています。

CoreAVC
CoreAVC販売ページ

堂々と「世界で一番速いh.264ソフトウェアデコーダー」と謳っています。

FFDShowなど「比較的軽い」と云われているコーデックより遥かに軽快にh.264動画を再生してくれるようです。
残念ながらフリー版、体験版のようなものは存在していないようです。

  1. CoreAVC™ Standard Edition・・・7.95ドル
    (ただ再生するだけ?)
  2. CoreAVC™ Professional Edition・・・14.95ドル
    (インターレースや4コアまでのマルチコアをサポート。将来的にGPUサポート)
  3. CoreAVC™ Enterprise Edition・・・もうすぐ発売
    (SMPやGPUサポート、High10, 4:2:2, 4:4:4サポート)

3種(現在2種類)のエディションが存在し、Paypalで購入できます。

 

GIGAZINE さんにて、実際にffdshowとCoreAVCの再生比較を行っています。
グラボがAGP接続のAthlon 3000+(1.80GHz)、メモリ2GB:2004年頃のPCで、フルHD動画を快適に視聴できてる模様。これはすごいです。

 

PCでmp4動画(h.264コーデック)を視聴する機会が増えたけど、「PCが古くてまともに再生出来ないよ。」な方や、PSPやiPod用に動画をエンコするけど、PCで確認が困難な方で、「当面PCを買い換える予算が確保できない」方はCoreAVCを導入してみるのも良いかも。

2008.03.10追記
再生だけなら、CoreAVCのアルファ版が無料で使用できるようです。