AquaMakerは、アクア風のボタン画像が簡単に作れるフリーソフト。
5月14日にリリースされた最新版のAquaMaker2 Ver1.0は、複数のテキストや画像をレイヤーで扱えたり、アンドゥ・リドゥが使えるようになりました。

AquaMaker2 起動画面
▲クリックで拡大:AquaMaker2 起動画面

作成したアクアボタン
▲4~5分ほどイジってみて作成したボタン。
なんか渋い色のアクアボタンが出来ました。

AquaMaker2 概要

公式サイト :TAKABO SOFT
ダウンロード:Windows ソフト|TAKABO SOFT
ライセンス :フリーソフト
対応OS    :Windows XP以降(64bit OSで作動)
 .NET Framework 4.0以降が必要
※AquaMaker1と2では、保存データの互換性はありません。

作成した素材のライセンス:
  作成したボタン素材は、商用を含め自由に使えます。
  ただし作成したボタンのみを素材として販売するのは禁止

AquaMakerは用意された7種類のテンプレートを利用して、簡単にアクアボタンを作成するフリーソフト。色・文字・画像などを自由に変更出来る。
保存はpng形式。背景を透明にしたり、影や反射を入れる事も可能。

AquaMaker2の使い方

AquaMaker2には、以下 7つのボタン形状が用意されています
AquaMaker2ボタン
円形と正方形の素材は、横長の形で作成する事も可能です。
星型と三角形は縦横比を変更する事は出来ません。
これらのボタンを素材にして、好きなテキストを入力・画像を重ねていきます。

図形編集・文字編集・挿入画像編集は、それぞれのタブに移動して行います。
文字・画像共に、複数挿入可能。[前面へ移動][背面へ移動]ボタンでレイヤーを重ねる順序を変更する事も可能です。

ボタン作成中のAquaMaker2のスクリーンショット

AquaMaker2
▲クリックで拡大
図形の選択と、色を調整するタブを開いている所。
配色を工夫すると、上図みたいなクロムメタル風なボタンも作れます。
配色は見本色が用意されているので、慣れない人も簡単に綺麗なボタンが作成可能です。

AquaMaker2
▲クリックで拡大
文字入力タブを開いている所。
オフセットで文字の位置を自由に移動できます。回転も可能。
文字に影をつけたり、グラデーションをかけたりする事も可能。
和文・英文、Windowsにインストールされたフォントすべてが利用可能です。

AquaMaker2
▲クリックで拡大
画像挿入タブを開いている所。
透明pngを挿入し、影をつける事も可能です。
オフセットで画像の位置を自由に移動できます。回転も可能。
(Ver1.0では、マイナス方向のオフセットは効いていないみたい・・・?)

 

ボタンの下地だけこのソフトを利用し、文字や他の画像の合成は慣れた別の画像ソフトで・・・ってな使い方も出来ると思います。使い慣れた画像編集ソフトを持っている場合などは、その方が簡単にボタン作成出来るかもしれません。
ボタン画像作成用としては、かなり優れたフリーソフトです。