Burn4Freeに続いて、操作が簡単なフリーで使えるDVDライティングソフトの紹介です。
DeepBurnerは、DVDのライティングだけでなく、DVDやCDのラベル印刷や、CDケースの印刷、オートランDVDも簡単に作成できるフリーソフトです。

フリーソフト・DeepBurner
▲DeepBurner

DeepBurnerダウンロード≫DeepBurner CD書込み,CDライティング
DeepBurner公式サイト≫ASTONSOFT Co.

CD-R、CD-RW、DVD-R、DVD+R、DVD-RW、DVD+RW、 DVD-RAMに対応しています。

DeepBurnerのインストール

ダウンロードした「DeepBurner1.exe」をダブルクリックすると、インストールが始まります。
DeepBurnerのインストーラーにはクセが無いので、特に変わった操作は必要ありません。
Burn4Free のような、スパイウェアを取り除く作業も不要です。
DeepBurnre日本語化
▲DeepBurnerは海外製のフリーソフトですが、最初から日本語に対応しています。

DeepBurnerの使い方1:起動

DeepBurnerは、使い方は至って簡単です。

DVDの種類
▲起動するとまずデータCD/DVDを焼くのか、音楽CDを焼くのか、ISOイメージからDVDビデオ等を焼くのか聞いてきます。

音楽CDを焼くのに失敗してデータCDを焼いてしまう人には便利な手順です。

DeepBurnerの使い方2:データCD/DVDの場合

フリーソフトDeepBurner1
▲最初に「追加書き込み」可能にするかどうか聞いてきます。
お好みの設定でOKですが、追加書き込みによるトラブル、データ消失は結構な頻度で発生しますので、追加書き込みしない事を前提に「セッションを使用しない」を選びます。

フリーソフトのDeepBurner2
(1) の部分に記録したいデータをドラッグ&ドロップでどんどん突っ込んでいき、最後にフリーソフトでDVDライティング←ボタンを押せばDVDのライティング画面に移ります。

DeepBurnerの使い方3:音楽CDの場合

基本的な操作はデータCD、DVDと変わりません。ドラッグ&ドロップでライティングしたいデータをDeepBurnerに突っ込んでいきます。
しかし、扱えるデータの種類が限られてきます。扱えるファイルはwav、mp3、oggなど 。これらが音楽CDとしてライティングできます。iTunesで作成されるm4aファイルなどは対応していませんので、iTunesで音楽CDにしましょう。

DeepBurnerの使い方4:ISOデータのライティング

フリーソフトでISOライティング
▲ISOのライティングモードはドラッグ&ドロップに対応していませんので、赤矢印部分をクリックして、焼きたいISOファイルを直に指定してやります。

DeepBurnerの使い方5:データのライティング作業

フリーソフトでDVDライティングボタンを押すと、データのライティング画面に写ります。(ISOライティングは最初からこの画面に飛びます)

▼DeepBurnerのライティング操作画面
フリーソフトDeepBurnerライティング画面
(1)DVDドライブ情報。エラーが出る時はここが正しいか確認してみましょう
(2)書き込み方法(音楽CD作成時のみ表示)
   出来れば「disc at once」を選択しましょう。追加書き込みは出来なくなりますが、
   トラブルは激減します。
(3)追加パラメーター
   Simulation:書き込みテストを行います。エラーが怖い時はチェック。
   Write:ここをチェックしないとDVD・CDへの書き込みは始まりません!
   Number Of Copies:コピーする枚数を入力します
(4)速度:DVDの書き込み速度を指定できます。
   エラーが頻発する時は速度を落としてみましょう。
(5)書き込み:このボタンを押すとDVDライティングが始まります
(6)ISOで保存:その名の通り、ISOで保存できます

DeepBurnerの使い方:その他(ラベル印刷)

フリーソフトでDVDラベル印刷
▲上記ボタンにて、オートランCD/DVDを作成したり、DVDラベルを作成したり、ジャケット面を作成したり出来ます。

フリーソフトでラベル印刷2
▲ラベル印刷、ジャケット印刷の大まかな使い方は以上になります。
直感的に操作出来ると思います。映画DVDやCDラベルのフリー素材はネットで検索すると沢山見つかりますので、探して活用しましょう。

 

最後に

DeepBurnerも、Burn4Free同様、フリーソフトながら幅広いDVDドライブ対応し、かつ使いやすいライティングソフトです。

直感的な操作の仕方、扱い易さと云う面ではBurn4Freeに分がある気がしますが、操作の手順を考えると、DeppBurnerの方が失敗は少なく、またインストール時にスパイウェアの除去を行わなくても良い、ラベル印刷機能が搭載されているなど、初心者向きな面もあります。

どちらもフリーソフトですので、時間のある方は両方インストールしてみて自分の操作し易い方を選ぶと良いでしょう。