2015.07.07:文章表現の一部を修正

このページの内容

まえおき

Adobe CC 2015へアップデートした場合に、「インストールに失敗するPC環境が多くありそうな事」、「Adobe公式の手順だけでは上手く解決しない部分があった事」、「検索しても適切なページがなかなか見つからない事」などの理由から、このページを残しておきます。

対処方法

この対処方法のAdobeの公式ページは以下です。
Creative Cloud デスクトップアプリケーションをアップデートをするとフリーズする | Adobe Community

以下は、上記手順を(補足を入れながら)詳しく図解したものになります。
Windows版の手順解説です。

具体的手順

Adobe CCを終了させる
Adobe CCを終了させる
▲クリックで拡大
タスクトレイからCreative Cloudを右クリックし、終了を選択します。

*.dbファイルを削除する
*.dbファイルを削除する
▲クリックで拡大
拡張子「*.db」、「*.db-shm」、「*.db-wal」などをすべて削除します。

補足

  • ファイルの場所
    C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Adobe\CoreSync\~.db
  • 削除するファイル
    拡張子が「*.db」、「*.db-shm」、「*.db-wal」のファイル
  • 複数存在する場合は、全て削除する
    複数存在する場合は、全て削除する
    ▲クリックで拡大
    「*.db」、「*.db-shm」、「*.db-wal」が複数存在する場合、全て削除します。

 

ファイルの削除が出来ない場合
ファイルの削除が出来ない場合
▲クリックで拡大
このようなメッセージが出て、ファイルが削除出来ない場合がある。
Adobe Creative Cloud のサービスが完全に停止していない場合に発生する。
(上記画像から、Core Syncが停止していないことが分かる)

Adobe Creative Cloud のサービスを停止する
Adobe Creative Cloud のサービスを停止する
▲クリックで拡大
タスクマネージャーを起動し、該当のプロセス(今回の場合はCoreSync.exe)を終了させる。

もう一度*.dbファイルの削除を試みる
*.dbファイルを削除する
▲クリックで拡大
削除対象は「*.db」、「*.db-shm」、「*.db-wal」。
今度は上手く削除できるはず。

Creative Cloudをもう一度インストールする
ダウンロードリンク: Creative Cloud デスクトップアプリケーションのダウンロード
事前にCreative Cloudをアンインストールする、PCを再起動する、などの手順は不要。普通にインストールすればOKです。

再インストール後にCreative Cloudを起動すると、同期が始まる
CCの同期画面
▲クリックで拡大
ここまでくればもう大丈夫です。

このページの内容は以上です。