更新履歴 [ 全て表示戻す ]
2016.12.03: DISKPART実行時の手順に注意文を追記

2016.09.06: UEFIマザーにMBR形式でOSインストールするケースが抜け落ちていた。補足追記。


Windowsをクリーンインストールしてる時、以下の画面から先に進めなくて困っているに向けた対処法ページです。

問題発生時の画面
Windowsをインストールすることはできません
▲クリックで拡大
エラーメッセージ例
 ドライブX パーティションX にWindowsをインストールすることはできません
 このディスクにWindowsをインストールすることはできません
 EFIシステムでは、GPTディスクのみにWindowsをインストールできます。
などなど。

基本的な対処方法

  1. 「削除」ボタンを押して既存のパーティションを全て削除し、
  2. 「新規」ボタンで新しくCドライブを作成する

以上の手順でWindowsがインストール可能になります。
(詳しい手順は前ページで解説済)
(以前のデータはすべて消えるので、必要であれば事前にバックアップを取る)

 

まだインストール可能な状態にならない場合

まず、旧BIOSマザーとUEFIマザーでは、インストール用ドライブの形式が全く違う事を理解しましょう。また、UEFI/GPTでWindowsをインストールするには、HDD/SSDのボリューム (パーティション) 設定に色々お約束があります。

UEFIマザーの場合の注意点

インストールDVDのブート方法にも注意しましょう。

UEFI BIOSのブート設定画面
UEFIマザーの場合の注意点
▲クリックで拡大


以下、失敗の原因と具体的な手順の紹介です。

注意:
UEFIマザーで「DVDを旧BIOS互換ブートした場合」でも、便宜上「旧BIOS」と記載している箇所があります。UEFIマザー + MBR でインストールしたい場合は、以下の情報を適時読み替える必要があります。

失敗の原因

  • 新品のHDD/SSDではない。
  • UEFIマザーで DVD を UEFIブートした場合、
    • Windows上で GPTフォーマットしてはいけない。
    • システム用のHDD/SSDはGPT形式でフォーマットする。
    • 旧従来のMBR形式のDiskにはインストールできない。
    • データ用ドライブとしてフォーマットした場合、初期化しなければインストール用のドライブとして使えない
    • 別PCでフォーマットしたDiskはインストールに使えない場合がある。
  • 旧BIOSマザーの場合/UEFIマザーでDVDを旧BIOSブートした場合
    • システム用のHDD/SSDはMBR形式でフォーマットする。
    • GPT形式のHDD/SSDにはインストールできない。
  • 以前のOSのシステムファイルが残っている
  • 以前そのディスクをダイナミックディスクとして使っていた。
  • GPTフォーマットする際、一定の作法に従わず、我流でパーティションを切っている

特殊な形式のDiskの場合や、MBRとGPTディスクを取り間違えた場合、上記の手順ではパーティションを削除できなかったり、見えないシステムファイルが残ってしまい、正常にWindowsをインストールできない場合があります。

そういう場合は、コマンドプロンプト上からDISKPARTコマンドを使ってHDD/SSDを完全にクリアな状態にします。

DISKPARTを使った対処方法

先ほどの画面で、Shiftキー と F10 キーを同時押しします。
コマンドプロンプトが起動
▲クリックで拡大
コマンドプロンプトが起動します。
注意: インストールメディアのコマンドプロンプトを使いましょう。

コマンドプロンプト上で、以下のコマンドを入力します
DiskPart
▲クリックで拡大
diskpart ・・・・DISK管理ツールのDISKPART起動
list disk ・・・・接続されたディスクをリスト表示(目的のディスクの番号確認)
select disk 0 ・・・・※目的のDiskが ディスク0の場合(自身の環境に合わせる)
clean ・・・・ディスクをクリーンな状態にする
convert gpt ・・・・ディスクをGPT形式に変換する ※UEFIブートの場合
convert mbr ・・・・ディスクをMBR形式に変換する ※旧BIOSの場合/UEFIで旧BIOSブートした場合
exit ・・・・DISKPARTを終了させる

注意

  • Windows 上のコマンドプロンプトでの操作はできるだけ避ける。
    インストールメディアのコマンドプロンプトで操作する。
  • この段階でフォーマットしない。
  • Windows上のコマンドプロンプトで操作する場合、GPTインストールの場合でもMBR形式でDISKPARTする。そしてフォーマットは絶対に行わない。
  • 他社製クローンツールを使う場合なども、MBR形式でDISKPARTするケースがあります。

 

ここまで実行したら、コマンドプロンプトは「X」印で終了させてOKです。

「最新の情報に更新」をクリックします
「最新の情報に更新」をクリック
▲クリックで拡大
ディスクの状態がまっさらになり、インストール可能な状態になっています。

インストールするパーティションを作成しましょう。
Windowsをインストールすることはできません
▲クリックで拡大
Cドライブ (必要ならばDドライブ)のパーティションを作成すればOKです。
システムパーティションは自動で生成されます。
あとは、「対処方法1」の手順でパーティションを作成していけばOKです。

対処終了後

ようやくインストールできる状態になりました。
システムパーティションは自動生成される
▲クリックで拡大
※画像はUEFIマザーでGPT形式でインストールする場合のものです。

最後に注意

最近のWindowsでは、システム、回復、予約、MSRパーティションなどが自動的に作成される場合があります。これらをユーザーが勝手に削除してはいけません。
再びWindowsをインストール出来ない状態になるか、もしくはインストール終了後に予期せぬ不具合の原因になります。

これでWindowsのインストールが先に進める状態になっているはずです。