Mac Blu-ray Playerが新バージョンをリリース。面白い機能を搭載しているので紹介です。

Mac Blu-ray Player Ver2.0の新機能
 ・Wi-Fi経由でiPhone/iPadなどでも再生可能に。
 ・ブルーレイの 隠しトラック再生が可能に。

Mac Blu-ray Player
Macgo:Mac Blu-ray Playerへのリンク

同ソフトはMacでもBlu-rayビデオの再生が可能になる有料の動画再生ソフト。
本来はMac用のソフトですが、Windows版も存在しています(私はMacを持っていない為、Windows版を利用して紹介しています)

以下はその詳細。

新バージョンの目玉「AirX」

個人的に一番期待していたBlu-rayのメニュー表示機能は、まだ簡易表示のまま進化なし。しかし、AirXという Wi -Fi経由でiPhone/iPadなどで動画を再生できる新機能が加わっています。

このAirX、まだまだ未完成っぽいのですが かなり面白いです。
レジスト前でもこの機能は試せますので、気になる人は試して見ると良いかもしれません。

Mac Blu-ray Player の特徴

まずはこのソフトの概要説明。
詳細は、サイト内
 「Mac 用ブルーレイ再生ソフト、Mac Blu-ray Player」に記載。
主な特徴を抜粋すると以下。
  • ブルーレイ, DVD, mp4, avi, mkv, mp3, flv など一般的な動画や音声ならば、大抵は再生してくれる。
  • ブルーレイ, DVD,ともにISOから直接再生が可能。
     ※DVDをISO直接再生する場合メニューが正しく機能しない事がまれにある。
       ↑VLCで再生できるモノなら大丈夫っぽい。
  • ブルーレイのメニュー選択画面は未対応。簡易的なメニューが表示される。
     ※DVDはメニュー操作含め正常に再生可能。
  • ブルーレイDiscに隠しトラックが存在する場合、オプション選択で再生が可能。
  • ハードウェア再生支援には対応していないので、再生負荷はちょっと高め。
  • 最新タイトルへの対応は、PowerDVDやWinDVDなどより早い。
    最新タイトルの再生には、インターネットへの接続が必要
  • 購入前は プロテクト復号動画のみウォーターマークが表示される。
    通常の動画は普通に再生可能。また試用中も全機能を使う事が可能。
  • 今後のアップデート次第では、Mac/PC を超簡単にメディアサーバーにする事が可能に・・・!
※上記リストは、サイト管理者がWindows試用版(Ver2.0)にて確認した結果です。Mac版や製品版では違った挙動になるかもしれません。

AirXの使い方

MacgoのサイトにもAirXの使用方法の解説あり。
公式サイト解説ページ: Macgo - iPhone・iPad・iPod touchでブルーレイを再生できるアプリケーションソフト

  1. PCまたはMac、無線LAN(Wi-Fi対応)、iPhone/iPad/iPod等のApple製デバイスを所有している事。デバイスがWi-Fi利用可能になっている事。またデバイス側の動画再生にはsafariが利用される。
  2. Mac Blu-ray Playerを起動し、動画 / DVD / Blu-ray を選択する前にAirXを起動。
    AirX
    ▲メニューの「ツール」から「AirX」をクリックすると、AirXが起動する。
    この状態で再生したい動画やDiskを選択する。
  3. AirX初回起動時は、ファイアウォールの許可が必要
    ファイアウォール
    ▲Windows標準のファイアウォールを使用している場合
    Mac Blu-ray Player が外部と通信する必要があるので、ファイアウォールの設定を「許可」にする必要がある。
    通常の家庭内LAN環境ならば、「プライベート ネットワーク」の許可をしてやればOK。
  4. 再生したいファイルを選択する
    テスト中
    ▲AirX起動中は上記のような画面が表示されます。PC上でファイルを再生する事は出来ません。
    この状態で表示されたURL(airx.tv)へ、モバイル機器のブラウザでアクセス。
  5. デバイス側で、safariから http://airx.tv にアクセス
    ここでは、実際に手持ちのデバイス(iPhone4)で、昨年購入したスター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOXのEP4 を再生テストしてみます。
    iPhone4
    ▲クリックで拡大
    safariから http://airx.tv にアクセスすると、再生できる動画・音声ファイルが表示されました。
  1. 再生中
    ▲無事再生中。ピンチアウトすれば全画面再生も可能。
    画質はワンセグより数倍キレイ。DVDクラスの画質かな?fpsは15fps程度。
    残念ながら手元の環境では30秒~2分前後で再生ストップ。
    どのDiscや動画ファイルを使ってもとまっちゃう。。。Mac版なら正常作動するかな?キチンとお金を払ってレジストしないとダメなのかな・・・?それとも電波状況が悪いのかな・・・?
  2. 複数ファイル
    mp4,mp3,wavなどの音楽ファイルの再生も可能。また複数ファイルの同時選択も可能。ただし、現状では1つめのファイル再生中に止まってしまうので複数選択時の作動がどうなるかは確認できず・・・。
  3. その他、Macgoサイトには以下のような注意書きが。
    1. iPhone・iPad・iPod touchで動画を再生する時は、Mac Blu-ray Playerを起動のままにして、ソフトを落さないで下さい。
    2. 現時点で、iPhone・iPad・iPod touchでの再生アクセス数は一つに限られています。複数のアクセスをしないで下さい。
    3. 「AirXの改良はまた続いています」との一文が。

また、アスペクト比が正しく反映されなかったり、再生する度に音量が異なったり、DVDメディアだとメニュー選択画面から先に進まなくなったり、シークや早送りが効かなかったり・・・と現状では色々と問題を抱えています・・・というか(Windows版は)まだ発展途上な感じ?

雑感

ぶっちゃけ、このAirXはまだ使えるレベルじゃないと思うのですが・・・これで遊んでいるとニヤニヤがとまらないですw
これは面白いというか可能性を秘めたツールになっています。
このAirXが順当に進化してくれれば、超簡単なメディアサーバーソフトに化けてくれそうです。

再生ソフトとしての完成度は、ブルーレイのメニュー表示以外はもう問題ないレベル。
そして・・・
ブルーレイ再生設定画面
▲ブルーレイの設定項目に面白い機能発見。
同じタイトルの限定版・通常セル版・レンタル版を入手して再生比較すると、面白い発見ができるかも。

ちなみにお値段はヴァージョン1時代と比較してちょっと高めになって69.95ドル。
現在は新バージョンリリース記念のキャンペーン中で59.95ドルとなっているようです。

 Macgo:Mac Blu-ray Playerサイトへのリンク