Quicksys RegDefragのインストール方法を解説したページです。

Quicksys RegDefragの使い方・概要等を知りたい場合は以下ページをご覧下さい。
 Quicksys RegDefrag:レジストリをデフラグ・最適化するフリーソフト

Quicksys RegDefragのインストール方法

ダウンロード: majorgeeks | Quicksys RegDefrag
ポータブル版:k本的に無料ソフト・フリーソフトさんにミラーあり
(ポータブル版はインストールの必要なし)

Quicksys RegDefragは、ダウンロード時・初回起動時にメールアドレスの入力を求められますが、空欄でも使用出来ます。

メアド不要
▲Quicksys RegDefragのダウンロードページ。メールアドレス欄は空欄のままでOK

Quicksys RegDefrag
▲qregdefrag_setup.exeをダブルクリック
以下、基本的に全て「実行」・「はい」・「次へ」で大丈夫です。

以下画像は全てクリックで拡大します
インストール開始
▲実行をクリック
プログラムの実行をWindowsに許可を与えます。

UACの確認
▲はいをクリック
Vista/7の場合、UACが反応します。コンピューターへの変更にも許可を与えます。

Quicksys RegDefragのインストール1
▲Japanese選択、OKをクリック
これでインストーラー、本体共に日本語になります。

Quicksys RegDefragのインストール2
▲インストーラーがスタート。 次へをクリック

Quicksys RegDefragのインストール3
▲次へをクリック
使用許諾が書いてあります。気になる人はよく読みましょう。

Quicksys RegDefragのインストール4
▲通常はそのまま次へをクリック
インストール先を変更したい場合は「参照」をクリックして変更。

Quicksys RegDefragのインストール5
▲次へをクリック
ここも通常は変更不要。 

Quicksys RegDefragのインストール6
▲次へをクリック
デスクトップにショートカットが不要の場合はチェックを外す。 

Quicksys RegDefragのインストール7
▲ここでもメールは空欄で大丈夫です。

「完了」をクリックすればインストール終了です。

  Quicksys RegDefragの使い方ページへもどる