更新履歴 [ 全て表示戻す ]
2018.02.23: マウス・キーボードが認識しなくなる問題
 Microsoftのリンク追加
 Windows 10 バージョン 1607 は KB4077525 で問題解消

2018.02.23: マウス・キーボードが認識しなくなる問題 更にリンク1件(関連4)追加
2018.02.21:
 17時: リンクさらに一件追加(英語)
 03時: マウス・キーボードが認識しなくなる問題の続報
2018.02.19:
 Windows 7 で ICカードリーダーを認識できなくなる
 一部環境で USB機器、Bluetooth、スリープ関連で問題発生(2/20赤文字で補足追記)
2018.02.17:
 KB4074592 でも(かなり特殊な条件で) BSoD 発生
 KB4058043(昨年12月配信分)で今更問題発生か?
2018.02.15:「Windows10 設定変更ツール」常駐環境は注意
2018.02.14: 2月14日配信分については今のところこのページに記載なし。
2018.02.10: KB4023057 + Win10 Homeでサードパーティー製の更新無効化ツールが無効化されるケースがある模様
2018.02.09:
 Intel が Skylakeベースの Spectre 対応パッチをリリース
 ↑この件のニッチさん所のリンクを追記
2018.02.02: 初出


2018年2月のWindows Update で発生した問題点や不具合、注意事項、問題発生時の対処方法をまとめる目的で作成したページです。

2月14日配信分では、大きな問題は起きていないように思われますが、 一部のPCでは USB、Wi-Fi、Bluetooth、スリープ関連で問題が発生するケースがある模様です。
※2月17日頃から USBマウス、キーボードが認識しなくなる問題が増えています。

また先月に引き続き、いくつかの注意が必要です。
※先月分の注意事項から、重要なものを抜粋・再掲載しています。

※最新の追記情報のみを読みたい場合
 → 多くの場合 だいたいこの辺から追記 しています。

はじめに

先月に引き続き、以下に注意です。

更新プログラムが配信されない

更新プログラムに「MeltdownおよびSpectreの脆弱性を緩和する修正」が含まれている場合、PC環境によっては更新プログラムが自動配信されない場合があります。(再起動ループなどの問題を引き起こすため)

起動不能・再起動ループに陥るPC環境があるので注意する

先月に引き続き、一部のPC環境では更新プログラムの適用で「Windowsが起動不能になり再起動ループを繰り返す」「一部のアプリが正常に動作しなくなる」等の問題が発生する恐れがあります。(先月無事更新できたPC環境は大丈夫なはず)

先月分の更新で問題が発生したPC および適用を見送ったPCの場合、今月分を更新する前に十分に下調べを行いましょう。

スポンサー リンク

PCが起動不能になった場合

セキュリティソフトなどが未対応の環境に 今回の更新プログラムを適用すると、「ブルースクリーンエラーが発生する」「PCが正常起動せず、再起動を繰り返す」などの問題が発生する場合があります。

対処方法

以下1. または2.~4.の いずれか1つ で解消するはずです。

  1. まずはセーフモード起動してみる
    適用失敗した更新プログラムが自動的にロールバックされる場合がある。この場合、システムの復元や更新プログラムの削除は不要。
  2. システムの復元を行う
    スタートアップ修復から実行可能、更新プログラム適用前の日付に戻す
  3. 直前にインストールされた更新プログラムを削除する
    スタートアップ修復からセーフモードでPC起動し削除する
  4. セキュリティソフトをアンインストールする
    スタートアップ修復からセーフモードでPC起動し削除する

Windows が正常に起動出来なくなった場合、通常は「スタートアップ修復 (画像) 」が起動します。そこから「詳細オプション」を選び、以下のような手順で「セーフモード」や「システムの復元」を選択し、PCを復旧させます。

手順リンク

その他 重要項目

2018年1月に公開されたBIOSファームウェアは適用しない

一部AMD製CPUを搭載したPCで、更新プログラム適用後OSが起動できなくなる

  • 2018年1月4日~1月8日に公開された 更新プログラムを適用すると発生。
  • 対象: AMD Opteron、Athlon、AMD Turion X2 Ultraファミリなど
  • この問題は、現在は解消済み
    1月15日以降に自動配信された最新の更新プログラムは適用してもOK

緩和策の [有効/無効] 切り替え方法、および保護が有効かどうかの確認方法

DiXiM製ツールで不具合

対象: Windows 7 / 8.1
Windows Update で累積更新プログラムをインストールすると、以下のソフトが原因で「Windowsが正常起動せず再起動ループする」などの問題が発生します。

問題が発生するソフト

  • DiXiM Digital TV Plus Ver.2.2.5.2 以前
    DiXiM BD Burner
    DiXiM Media Server3

公式サイトからの情報

その他注意点 (Windows10の場合)

先月分のまとめ (注意事項) ここまで。以下、今月分の情報。

2月24日 追記

Windows 10 にて マウスやキーボードを含めUSB機器の認識ができなくなる問題について、Microsoft (Ask CORE) から以下の文章が公開されました。

また本日、Windows 10 バージョン 1607 に KB4077525 が配信されており、こちらはマウスやキーボードが認識できなくなる問題とされている certutil.exe -MergePfx コマンドの問題が修正されています。
(つまり、Windows 10 バージョン 1607 でもこの問題は発生していた)

2月19日~21日追記分

一部環境で USB機器、Bluetooth、スリープ関連で問題発生

今月の更新プログラムを適用すると、以下の問題が発生する様です。
この問題が発生するのはかなり限られたPC環境のようですが、一般的な対処方法が通用せず、解決は難しいものになっています。

Windows 7 で ICカードリーダーを認識できなくなる

2月17日

KB4074592 でも(かなり特殊な条件で) BSoD 発生

かなり特殊な条件ですが、Windows 10 バージョン1703 の KB4074592 でもBSoDが発生する事が確認されたとの事です。

  • Windows 10 Cumulative Update KB4074592 Issues
    Sandboxieの開発チームが、Windows 10 バージョン1703 の累積的なアップデートKB4074592を導入した後にBSODに遭遇する可能性があることを確認した。
  • 発生条件など
    • 32bit版 Windows 10 バージョン 1703、KB4074592適用済み
    • 問題が発生するSandboxieのバージョン
      バージョン 5.22とBeta 5.23.x
    • IEを起動する、もしくは SandboxでFirefoxを終了させると、BSODが発生する。

一部のPC環境で KB4058043 適用で BSoD が発生か?

Windows 10 バージョン1709 に KB4058043 をインストールし再起動すると、ブルースクリーンエラーが発生しPCが起動しなくなる問題が一部のPCで発生しているようです?

リンク先の内容

  • 問題が発生したPC: HP Pavillion dv6 A5F76AV Laptop
  • KB405804インストール・再起動後、PCが起動不能になった。
    修復ディスクで復旧しようとすると、「修復しようとするWindowsのバージョンと互換性がありません。」のメッセージが出てしまい回復できない。
  • 現時点では、「あらかじめサードパーティ製ツールで取っておいたバックアップからの復旧」「Windows の再インストール」しか解決手段がない感じ。

補足追記: あらためて調べてみると、12月~1月にも KB4058043 で問題発生しているユーザーはいたみたいですね。。。(ただし報告数はかなり少ない)

2月15日

Windows10 + 「Windows10 設定変更ツール」の組み合わせ

「Windows10 設定変更ツール」の「常駐機能」を有効にしている場合、ユーザーが手動でWindows Update を行ってもエラーが出るようになっているようです?

この辺の機能を使うと手動更新がエラーになる?
Windows Updateの無効化その2
▲クリックで拡大
手動更新時に発生するエラー番号は様々。
バージョン 1709 でも発生する。厳密にどの機能・どの条件で問題が出るのかまでは未調査。

※Windows Update を適用したい場合

この場合、「Windows10 設定変更ツール」の常駐を解除し 一旦PCを再起動し、PC再起動後 30分程度PCを放置し (ストアアプリか何か Windows Update 以外で大量のダウンロードが発生する。この間も Windows Update でエラーが発生しやすい) PCの CPU利用率や ネット使用量が落ち着いてから Windows Update を行うと上手く適用できる。 (バージョン1703以前の場合、メジャーアップデートされる恐れがあるので注意)

※補足1: Windows10レスキューキットEXでも Windows Update の無効化設定が利用できなくなっているとの情報がある (2月10日更新分参照) ので、Windows 側で何か対策が打たれているものと思われます。
※補足2: Windows Update 適用後、「Windows10 設定変更ツール」が再び意図通りに自動更新を無効化してくれるかは未調査。


-- ここから下は月例更新前の情報 --

2月10日

KB4023057 概要
Windows 10 用更新プログラム (バージョン1709以外が対象)
過去何度も不定期で配信されている。
今月も2月4日~10日にかけ配信されている。
アップデートカタログに存在しない。
※バージョン1709でも一部配布されている環境がある?

2月9日

Intel が Skylakeベースの Spectre 対応パッチをリリースしたとの事です。
これに対応するBIOSファームウェアは後日各メーカーから提供される予定です。

2月1日

Windows 10 バージョン1709 に KB4058258 が来た。
Windows 7、8.1、Windows10 バージョン1703には新しい配信なし。

Windows 10 バージョン1709

  • KB4058258 概要/ダウンロード
    • セキュリティソフトがレジストリに許可を与えていない場合、このプログラムは配信されない。
    • 32bit版 Windows 10、バージョン1709に対する追加の保護の提供。
    • 一部の古いAMDプロセッサで報告されたブート不能な状態になった問題の修正。
    • その他複数の修正あり。
      詳細は 2018年2月の Windows Update メモページに記載。
    • 既知の問題
      • Edgeで一部サイトにログインする際に問題が発生する事がある
    • 先月・先々月の更新に引き続き、以下「既知の問題」あり
      • KB4054517のインストールがエラー0x80070643で失敗する。
      • 特定の条件下でRPC_C_IMP_LEVEL_NONEを渡すとCoInitializeSecurityの呼び出しが失敗する。

このページの情報は以上です。

サイト内関連ページ