このページについて

2017年6月14~28日に公開された Windows Update で発生する問題点や不具合、注意事項をまとめたページです。28日分の更新でCOMODO Internet Security環境で深刻な不具合が出る模様です。

 プライバシーポリシー / 免責事項
更新履歴 [ 全て表示戻す ]
2017.07.01: KB4022168ページに「既知の問題」IEがクラッシュする問題が掲載される
2017.06.30: COMODO Internet Security環境で深刻な不具合が出る模様
2017.06.30:「Windows Updateに時間がかかる」の項目に追記&修正。

2017.06.28:「プリンターが正常に作動しなくなる」問題が修正された。 IE11でエラーが発生しやすい状況となっている。
2017.06.17:「プリンターが正常に作動しなくなる」に追記&修正。
2017.06.16: 初出


2017年6月14日に公開された月例 Windows Update などで発生する問題点や不具合、注意事項をまとめたページです。
サイト内 2017年6月のWindows Updateメモ が長くなり過ぎてしまったので、トラブル関連の情報のみをこちらにまとめなおす事にしました。

今月分ざっくりまとめ

個別のKB情報や手元のメモなど

Windows Updateに時間がかかる (追記&修正)

「Windows Update Client」のバージョンが古いことが原因で「更新の確認」に時間がかかる問題は修正されたかもしれない。


更新の確認に時間がかかる場合 (追記&修正)

「更新の確認」に時間がかかる問題が発生した場合、まずは Windows Updateが終わらない問題の対処方法 2017年1~6月版 の後半に記載してある「効果のあるPCメンテナンス」を実行してみる。

先入れKBを試してみたい場合

以下を先に手動インストールする。

  • Windows 7
    KB4022719 または KB3172605
    (上記KBのインストールにはKB3177467が必要)
  • Windows 8.1
    KB4022726 または KB3172614
    (上記KBのインストールにはKB3173424が必要)
  • Windows 8.1の場合、今月も「Flashのセキュリティ (KB4022730) の先入れ」でもOK

※ 基本的に 2016年8月以降に配布された Windows Update Client が入っていればOK。

その他

今月の更新には.NET Framework が含まれている。この更新が含まれている時は普段よりも更新に時間がかかる。更新後も CPUやHDD使用率が高くなる時間が長くなり、PCが重い状態が続く。


スポンサー リンク

今月分で発生する不具合

手元で観測できる範囲のPCでは、特に気になるような問題は発生しなかった。
ただし一部のPCでは多少の問題が発生している模様。以下、ネットで拾ったトラブル情報&その対処方法 (推測含む)

  • ブラウザがクラッシュする、Windowsにログオンできない
  • 一部のアプリが正常に動かなくなる
    • .NET Framework 4.7で発生するケースが多い。
      → .NET Framework 4.7を削除してみる (.NET Framework のバージョンを 4.6 や 4.5に戻してみる)
      ※.NET Framework 4.7は急いでインストールする必要はない。4.6などで十分。
  • IE11がクラッシュする、スクリプトエラーが出る (2017.06.28、0630追記)
    • MicrosoftのKB4022168ページに「既知の不具合」として情報が出ました

      2017 年 6 月 28 日 - KB4022168 (月例ロールアップのプレビュー) - Windows Help

      この更新プログラムをインストールした後に、一部の Web サイトにアクセスすると Internet Explorer 11 がクラッシュすることがあります。 この問題は、Web サイトが複雑で、特定の Web API を使用している場合に発生することがあります。

      Windows8.1のKB4022720Windows10 RS1のKB4022723にも同様の問題報告が掲載されています (Windows10 RS1のKB4022716には掲載なし)

    • ※ここから下は初出時の予測。
      2017年6月4週目 (6月28日配信分) の KB4022168、KB4022720、KB4022723、KB4022716 をインストールすると発生する。
    • 放置しておいても 特に問題ないと思われる (自然解消すると予測している)
      (昨年8月頃から定期的に発生するヤツで、ほうっておいてもいつの間にか直る (スクリプト配信側が修正をかける)問題だと推測)
    • いずれも セキュリティ関連の更新ではないため、気になるのであれば該当KBを削除すればOK (ただし以下に書いた印刷の不具合が再発生する)
  • プリンターが正常に作動しなくなる (2017.06.28追記)
    ※この問題は2017年6月28日オプション配信の KB4022168KB4022720などで修正された。
    • .NET Framework 4.7 が原因のもの、KB4021558 (IE11の累積的なセキュリティ更新プログラム) が原因のものがある。
    • ※初出時、KB4022719、KB4022726、.NET Framework 4.7 が原因としていたもの。
    • ニッチさんのこの記事で詳細を知った↓
      2017年月度のパッチでInternet Explorerの印刷に不具合。Microsoftの対応は「修正しない」 : ニッチなPCゲーマーの環境構築
    • iframeを含むWebページをIEで正常に印刷できなくなる。
      このIEの印刷不具合は Windows 7 と 10 の報告が多いが、8.1やXPでも発生する模様。
    • KB4021558をはじめとする「IE11の累積的なセキュリティ更新プログラム」が原因で発生する。これらはセキュリティパッチのため、KB削除は非推奨。
    • KB4021558 の代わりにKB4022719 (Windows7) や KB4022726 (Windows8.1) を削除しても、この問題は解消する。
      (ただしいずれもセキュリティパッチのため、削除は非推奨)
    • この問題は修正される予定はないとの事。
    • IE以外の印刷不具合は、.NET Framework 4.7を削除すれば解消すると思われる。
  • ファイルの削除が出来なくなる/削除するとエラーがでる。

KB4022719 や KB4022726 が失敗する or 失敗していた

6月14日 深夜2時~3時の間、Windows7 の KB4022719 と Windows 8.1 の KB4022726 は非常に失敗しやすい状況になっていた。
(現在は解消されている感触)

未だに失敗を繰り返す場合

更新失敗した時のエラーコード

  • 8020002e (これが一番多い)/80070005/8024402c (これも多い)/80200056/80072f78
  • 補足
    8020002e や 8024402c は Microsoft アップデートサーバーの混雑、もしくは何かしらの通信障害が発生している場合に発生しやすい。

チェックポイント

  • 更新履歴に「失敗」が残っていても、最終的に更新成功していればあまり気にしなくてOK
  • ただし、何度も失敗を繰り返していると Windowsのシステムログに ギガバイトクラスのエラーログが貯まっている場合があるので チェック&メンテナンスをしておくのが望ましい。
  • 参考:
    KB4022726 を14~15回失敗した後の CCleaner のスクショ
    KB3008923
    ▲クリックで拡大
    「ウインドウズ ログファイル」が900MBに肥大化していた。

何度も更新に失敗する場合

上記のような対策をとる。

Windows 10 Creators Updateへの自動アップデートが活発化

6月の月例更新のタイミングで Creators Update へのメジャーアップデートが始まったPCが多数ある模様。PC環境によっては、一部の機能が正常作動しなくなる場合があるので注意。(手元のPCの場合、Anniversary Update よりはるかにトラブルが少ない)

以下は代表的なもの。

このページは以上です。

サイト内関連