更新履歴 [ 全て表示戻す ]
20017.06.27: Windows 10 Creators Update にて作動確認、サイト内リンクの追加

2016.01.16: 初出


Windows10でシャットダウンしようとすると何故かPCが再起動してしまい、正常にシャットダウンできない場合の対処方法を紹介したページです。

Windows7マシンをWindows10へアップグレードした場合、稀に発生する症状です。古いWindows7マシンほど発生する割合が高くなります。

このページの内容はWindows10 TH1/TH2時代に確認・執筆しています。
Windows10 RS1(Ver1607)、RS2(Ver1703)でもそのまま利用可能な情報です

対処方法1

以下2つが比較的簡単で効果が高い。
sfc /scannow
DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth
(いずれも管理者権限のコマンドプロンプトで実行する)
システムに異常が発生している場合や、OSアップグレード直後の場合などでは、この二つのコマンドで正常に戻るケースは意外と多い。

対処方法2

USB機器やビデオカード、マザーボード、ディスクコントトーラーなどを中心に、ドライバを入れなおしてみる。
「Windows8以降には未対応」な古い周辺機器がある場合、それを外してみる。

対処方法3

高速スタートアップを無効にする
Windows 10 の高速スタートアップを無効にする方法
※「対処方法2」が面倒くさい、または効果がない場合に試してみる。

原因

Windows8以降で搭載された「高速スタートアップ」の機能は、PCに接続されたハード(USB機器やビデオカード、マザーボード、ディスクコントトーラーなど)が全て「高速スタートアップ」に対応していなければ正常に作動しません。

シャットダウン出来なくなったり、PCが誤作動したり、最悪の場合はブルースクリーンエラーが発生し、PCが起動しなくなる場合もあります。

ちょっと古め (Windows8発売以前) のPCをWindows10にアップグレードする場合は、「高速スタートアップ」の機能は無効にして利用するようにしましょう。

それでも直らない場合

PCのストレージ構成(HDDやSSDの使い方)を見直してみましょう。

トラブルが起きやすい例

  • Windows10とWindows7/VistaやLinuxとマルチブートを行っている。
  • Windows10にアップグレードする前、マルチブート(複数のOSがインストールされた)構成だった事があった。
  • データ用ストレージ(DドライブもHDDまたはSSD)を利用していて、そのDドライブは過去に別PCのシステムドライブ(Cドライブ)だった
  • MBRディスクを途中でGPTディスクに変換した。
    またはその逆を行った。

これらの場合、Windowsは正しくブート領域を読み込むことが出来ず、起動に失敗する場合があります。また、Diskそのものを読めなくなっている場合があります。

これらの場合、問題の発生しているストレージを取り外す、不正なブート領域を削除する、ストレージに発生したエラーを修復する、などの大掛かりな修復が必要になります。

 

このページの情報は 以上です。