このページについて

フリーで利用できるRaw現像ソフト「RawTherapee」のインストール方法の紹介です。

 プライバシーポリシー / 免責事項

フリーで利用できるRaw現像ソフト「RawTherapee」のインストール方法の紹介です。

ダウンロード

RawTherapee Downloads
▲上記ページから最新版をダウンロードできます。

対応OS: Windows、Linux、Mac

注意事項

バージョンアップ時の注意事項

注意事項ここまで。
以下、実際のインストール手順です。

スポンサー リンク

インストール手順

RawTherapee_WinVista_64_xxxxx.exe
ダウンロード・解凍した「RawTherapee_WinVista_64_xxxxx.exe」をダブルクリックします。

最初にUACが反応します
UACが反応
コンピューターに変更を加えるため、「はい」を選択します

続いて (セットアップ中の) 言語の選択を行います。
言語の選択
日本語になっていることを確認し「OK」を選択します。

インストーラーが起動しました
インストーラーが起動
▲クリックで拡大
「次へ」をクリックします。

使用許諾書の同意画面が表示されます。
使用許諾書の同意画面
▲クリックで拡大
ごく一般的な同意書です。内容を受け入れる場合は「同意する」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

インストール先の指定
インストール先の指定
▲クリックで拡大
アップデートの場合は、(既にインストールしてある)自動的に古いバージョンのフォルダに上書きされるように設定されている筈です。
新規にインストールする場合で 特にこだわりがない場合は、ここを変更する必要はありません。
「次へ」をクリックします。

プログラムグループの指定
プログラムグループの指定
▲クリックで拡大
スタートメニューに登録する際の名前を決めます。
ここも、こだわりがない場合はそのままでOKです。
「次へ」をクリックします。

追加タスクの選択
追加タスクの選択
▲クリックで拡大
お好みでチェックを入れたり外したりしてOKです。
「次へ」をクリックします。

インストールの準備が完了しました
インストールの準備が完了
▲クリックで拡大
「インストール」をクリックすると、実際にインストールが始まります。

インストール中の画面
インストール中の画面
▲クリックで拡大
このまましばらく待ちます。

インストールが終了しました
インストール終了
▲クリックで拡大
「完了」をクリックすると、RawTherapeeが起動します。

初回起動時

初回起動時は、以下の様なメッセージが表示されます。
初回起動時
▲クリックで拡大
ライセンス情報や、リリースノート、バージョン情報などが記載されたダイアログです。
この画面は「環境設定」からいつでも呼び出す事が可能です。
「閉じる」を選択すると、RawTherapeeが利用可能になります。

以上で「RawTherapee」のインストールは終了です。

関連ページ