更新履歴 [ 全て表示戻す ]
2016.01.26: WUコンテンツ削除コマンドに別バージョン追加

2015.10.10: 9/16(問題なし)および9/22(解消)の追記を文末に移動
2015.09.24: Windows8にてKB3069114が入らない問題の修正パッチKB3096053公開
2015.09.22: Windows10にてKB3087040(Flash Player)の更新が失敗する問題追記
2015.09.16: 9/16分のオプション配信について更新(問題なしと思われる)
2015.09.16: KB3069114追記。KB3083324を別ページに移動。コメ欄で頂いた情報を追記。
2015.09.11: またまた全面改訂。(情報の整理しなおし、内容は同じ)
2015.09.10: Windows7の項目を全面改訂しました。
2015.09.09: 初出


※このページの情報は古くなっています。
 2017年4月12日以降の問題は 以下のページで取り扱っています。

Windows Updateが終わらない問題の対処方法 2017年1~4月版
※2017年4月分の更新は Windows 10/8.1/7/Vista の情報を1ページにまとめています。
※Vistaは他サイトリンクの紹介のみ。

他の月のトラブル情報

過去の「月例別」Windows Update トラブル対処方法まとめページ
2014年8月以降の記事をリスト化しています。
このサイト内の「過去の月例別トラブル情報」を確認したい場合、上記リンク先を利用してください。

以下、公開当時の情報です。資料としてお読みください。



なんだか毎月恒例になってしまった、Windows Updateに関する不具合&トラブルに関する情報ページです。
2015年9月のWindows Updateで発生する問題を取り扱っています。

このページについて

このページの概要 (2015.09.09配信分)

以下、各問題の詳細です。

スポンサー リンク

Windows7の注意事項

Windows Updateが終了し再起動した後、さらにシャットダウンを行う必要があります。
トラブルシューティング ツールの起動 トラブルシューティング ツールの起動
▲クリックで拡大
再起動後シャットダウンボタンに「!」マークが入っています。注意しましょう。

シャットダウン前にもう一度 Windows Updateを行ったり、システムに変更を加えるような操作を行うと、Windows Updateのコンポーネントが壊れ、シャットダウンボタンの「!」マークが消えなくなります。

Windows Update が始まらない、終わらない、
再起動が終わらない問題

この症状は、2パターン(もしくは3パターン)あるので注意です。
主にWindows7で発生します。

  • パターン1
    • Windows7の場合、今月のWindows Update自体、非常に時間がかかります。
    • 主にサーバー側の「過去の更新」のスキャン対象が増えすぎてしまっている事と、「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」がPCをスキャンしている事が原因となっています。
    • KB3083324のインストールにもかなり時間がかかります。
    • .NET Framework の更新も時間がかかります。
      (この更新は後回しにしてもOK)
    • 「更新の確認」、「更新のダウンロード」、「更新のインストール」、それぞれの段階で長い待ち時間が発生します。
      • 多くのPCで (それぞれの段階で) 通常より15分~30分長い待ち時間が発生します。
      • Cドライブが (SSDではなく)HDDであり、かつ断片化が酷かったり、空き容量が少ない場合は、恐らくこの2~3 倍の時間がかかります。
  • パターン2
    • 今月の Windows Updateは、些細な事で問題が発生します。
    • 今月のWindows Updateは、問題が発生すると 高い確率でWindows Updateのコンポーネントが破損します。
    • 更新中は、PC操作をしないようにしましょう。
      更新が終了したら、直ちに再起動しましょう。
      Windows7の場合、さらにシャットダウンも行いましょう。
    • Windows Updateに半日以上かかる場合、すでに問題が発生していると思われます。
      • Windows Updateを一旦中止して、下記の対処方法を試しましょう。
      • 再起動が半日以上終わらない状態になった場合、自己責任で強制終了させ、以下の対処方法を試しましょう。
        (OSが起動不能になる場合があります。その場合、リカバリーディスクからシステムを復元します)
  • パターン3

パターン1 とパターン2 の見分け方は・・・勘と経験に頼るしかありません。
パターン3については、手元のPCでは再現されないので発生頻度は不明。

問題発生時の具体的な症状

  • Windows Updateが進まなくなる・終わらなくなる。再起動が終わらなくなる。
  • 何度更新しても、いくつかのKBが必ず失敗する。
  • シャットダウンボタンが黄色のままになる。

など。
これらの問題が発生している場合、(今月の場合は) その多くはWindows Updateのコンポーネントの破損が原因です。

問題発生時の対処方法

問題が発生したPCの場合、以下を試します。

  • kb3083324を先に手動でインストールする
    ※Windows Update Clientの更新。毎月更新されるので、2015年10月以降は不要。
  • その他
    コンポーネントリセットツールが効果的です。
    • サイト内の手順解説ページ
      Windows updateのコンポーネントリセットツールを試す
    • その他 効果的な方法
      以下のコマンドを管理者権限のコマンドプロンプトで行う
      (もしくはバッチを組んで実行する)
      (Windows Updateコンテンツの削除を行います)
      • net stop wuauserv
        net stop cryptSvc
        net stop bits
        net stop msiserver
        ren C:\Windows\SoftwareDistribution SoftwareDistribution.old
        ren C:\Windows\System32\catroot2 catroot2.old
        net start msiserver
        net start bits
        net start cryptSvc
        net start wuauserv
        以下はコマンド追加した強力バージョン(追加部分はBITSキューのクリア)
        net stop wuauserv
        net stop cryptSvc
        net stop bits
        net stop msiserver
        ren %systemroot%\SoftwareDistribution SoftwareDistribution.old
        ren %systemroot%\System32\catroot2 catroot2.old
        del "%ALLUSERSPROFILE%\Microsoft\Network\Downloader\qmgr0.dat"
        del "%ALLUSERSPROFILE%\Microsoft\Network\Downloader\qmgr1.dat"
        net start msiserver
        net start bits
        net start cryptSvc
        net start wuauserv
        wuauclt /resetauthorization /detectnow ※不要。WSUS用
        ※コマンド実行後、5~10分待ってからWindows Updateを行う。
         いずれの場合も、PC再起動の前にWindows Updateを行う。
      • このコマンドの詳細は以下
        調子が悪くなった Windows Update を コマンドプロンプト で修正する方法
  • Microsoftが推奨する手順
  • 当方で試した、(今月の場合は)効果が出ない対処方法

この問題の予防策/問題が発生しやすい操作

Windows Updateにかかる時間をできるだけ短くしたい、なるべく問題を発生させたくない、という場合は、以下の対処が必要です。

Windows7関連の情報おまけ

当初このページに記載していた古い情報は、別ページに移しています。
→ 「2015年9月のWindows Updateで個人的に苦労した事メモ
解決策の提示というよりは、数台のPCのトラブル履歴のようになっており、冗長な内容でした。(そういうお話がお好きな方は読んでみて下さい(^_^;)

 

 

「更新が始まらない、終わらない問題」の紹介はここまで。

以下はその他の問題について。(※改定前と同じ情報)

KB3083324について

長くなったので詳細は別ページ「KB3083324についてメモ」に移動させました。

リンク先概要

  • 個人的な意見ですが、PC環境によっては このKBでエラーが発生しやすいように思います。
  • エラーが発生した場合はコンポーネントのリセットが効果的です。
  • KB3083324は、KB3075851の差し替え版だと思われます。
  • また9月9日の定例アップデートではなく、9月4日に配信された更新プログラムの (一度ひっこめた後の) 再リリースという扱いのようです。
    (引っ込める前は問題アリ)

SecuROM・SafeDisc 関連の古いアプリ・ゲームが作動しなくなる

その他のトラブル

  • KB3069114のインストールに失敗する
    • Windows8、Windows Server 2012用に修正パッチが出ました。
      9 月 2015 が Windows 8 と Windows Server 2012 の更新プログラムのサービスを提供
      ※Windows8.1用ではない。
    • Windows Journal (手書き機能) や Tablet PC コンポーネントなどを無効化している場合などで発生します。
    • 無効化していない場合は、これらの機能が正常に作動している事を確認してみましょう。
    • KB3069114の詳細ページ
      マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-098 - 緊急
      • Windows Journal (タブレット用)の脆弱性を修正するパッチです。
      • レジストリを弄って「*.jnt ファイル」の関連付けを削除する(脆弱性の)回避策も掲載されています。
    • 「重要」扱いの更新なので、無効化した機能を有効にして更新パッチを入れておくのが無難です。
  • IE11で一部メニューが英語表記になってしまう
    • 2015年9月以降、新規にクリーンインストールしたWindows7で発生する。
    • KB2976627を手動でインストールすれば直る。
  • グループポリシーエディタ(gpedit.msc)で以下のエラーが発生するようになる。
    リソース'$(string.SiteDiscoveryEnableWMI)'(属性displayNameで参照)が見つかりませんでした。
    ファイル C:\Windows\PolicyDefinitions\inetres.admx

その他のアップデート

Shockwave Player に深刻な脆弱性が発見され、修正されています。
Flash Playerと異なり、Windows 8/8.1/10でも自動更新はされません。アップデートしましょう。
 ・Adobe - Adobe Shockwave Player
 ・Adobe Shockwave Player のテストページ
※様々な不要ツールのインストールも促してくるので、表示ダイアログはしっかり確認する事。

(やや古い情報かもしれませんが)Silverlightもいつの間にか更新されています。ついでに確認してみましょう。
(今月のWindows Updateと古いSilverlightは、相性が悪いようです。)

追記: 2015.09.16配信分

いずれもオプションのみ。気になる人のみインストールすればOKな感じ。

  • Windows7
    • オプションのみ2個
      KB2999226KB3080079
      再起動あり。インストールに時間がかかる事もなく、普通にインストール可能。問題なさそう。
  • Windows8.1
    • オプションのみ9個
      KB2999226他多数。再起動あり。インストールに時間がかかる事もなく、普通にインストール可能。問題なさそう。
  • Windows10
    • 9/16 深夜2:30時点で更新なし。

2015年9月22日 緊急追記分(解消)

問題発生後、KB3087040は 何度か再配信されています。現在では問題は解消しているものと思われます。
以下リンク先のページの情報は通用しない可能性があります。

  • Windows 10でFlash Playerの更新ができない問題(2015年9月22日)
    Windows10、8.1などで、Windows Update経由でFlash Playerがアップデートできなくなっています。
    このアップデートは脆弱性の修正であり、一部の脆弱性はすでに攻撃が確認されているとの事ですので、早めにアップデートを行いましょう。

追記は以上です。

未確定情報 (Windows10のアップグレードが勝手に始まる)

  • 予約アップグレードが「勝手に開始されたように見える」場合がある。
    (実際に開始される訳ではない)
  • ネット上には「勝手にWindows10にアップグレードされた」という報告があるが、うっかり操作ミスと思われる

詳細は不要と判断し、コメントアウトで非表示にしました。

当初ここに書いた項目は、「更新後の再起動」の後に「更にシャットダウンが必要」な問題 が原因だったと思われます。また、予約関連の更新パッチが、このシャットダウンの前後で別途インストールされている可能もがあると考えています。

 

このページの情報は 以上です。

サイト内 関連ページ