このページについて

Windows10で勝手にスリープ解除してしまい、原因が「不明」になる現象から脱出した個人的な記録です。

 プライバシーポリシー / 免責事項
更新履歴 [ 全て表示戻す ]
2017.06.27: 臨時追記 (2016年10月) は情報が古くなったため削除

2016.10.13: 臨時追記(KB3197356の問題)を追記
2016.02.07: 初出


Windows10で再び勝手にスリープ解除される現象が発生してしまい、何とか解決できたのでメモ。

まず初めに、サイト内の関連リンク。
Windows10が夜中に勝手にスリープ復帰する場合の解決法
Windows10で勝手にスリープ解除される現象が発生した場合、通常はまず上リンク先のような原因を疑います。

※リンク先の内容

 

このページは、上記の原因が当てはまらない上、原因が「不明」で勝手にスリープ解除してしまう場合の対処方法を記録したページです。

問題発生当時の状況

スリープした時そのもののイベントログ
右クリックして「更新プログラムの非表示」を選択する
▲クリックで拡大
2016/02/04 23:25:18
イベントソース:Kernel-Power
システムがスリープ状態になります。
スリープの理由: アプリケーション API

スリープして1秒後のログ
右クリックして「更新プログラムの非表示」を選択する
▲クリックで拡大
2016/02/04 23:25:19(スリープ1秒後)
イベントソース:Kernel-Power
システムがスリープ状態から再開されました。

(ちなみに実際にPCの挙動を観察していると、ジャスト1分でスリープ解除されている。)

スリープ1秒後に無条件で解除されてます。なんじゃコリャ・・・。

スポンサー リンク

イベントログを「Power-Troubleshooter」で検索してみる

右クリックして「更新プログラムの非表示」を選択する
▲クリックで拡大
2016/02/04 23:26:23 (イベントログ上ではジャスト1分ではなく、64秒後。)
イベントソース:Power-Troubleshooter
システムは低電力状態から再開しました。

スリープ状態の解除元:不明

スリープ復帰の原因は「不明」は手掛かりを自力で探す必要があり、対処が面倒なパターンです。。。

対処方法: 先に結論

今回の場合
sfc /scannow
DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth
この二つで直りました。

対処方法がこれだけでは汎用性に欠ける上、個人的にも物足りないので、以下に試行錯誤の記録を残しておきます。
似たような症状で悩んでいる方は参考にしてください。

いつから発生したか

  • まず1月13日の月例Windows Update直後に1回だけ発生。
    この時は「Windows Update後のスリープ解除設定」が初期化されただけだったので気にしなかった。(とりあえずスリープ解除しない設定に戻した)
  • 1月28日に「x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1511 の累積的な更新プログラム(KB3124262)」をインストールした直後にも再び発生。(ここから原因不明のスリープ1分後にスリープ解除現象が発生)
  • この後、勝手にスリープ解除される頻度が増えていき、1月30日頃から「勝手にスリープ解除する」現象が顕著になってくる。
  • 2月3日以降、ほぼ100%の確率で1分前後でスリープ解除されるようになった。

原因は何なのか?

  • 普通に考えれば1/13または1/28の Windows Update でPCの調子が悪くなったと思われるが、今回の場合、徐々に頻度が高くなって行ったのが気味が悪い('Α`)
  • ほぼ同時期にマウスの調子も悪くなり、2月3日にマウスの分解清掃を行っている。
    • ※分解清掃を記録したページ
      アルコールや接点復活材をドバドバぶっかけて、生乾きのまま利用し始めたので完全にぶっ壊れた or ドコかに接触不良があるのかもしれない。
    • USB機器が不調 or 寿命に陥ったためスリープが不安定になるのはよくある事だ。
  • あと、石油ファンヒーターの風向きをPCデスクの足元に送りたくて、USB外付けHDDとスピーカーの配線と設置場所を変更した。
    • うかつにもPCスリープ中に配線の抜き差しを行ってしまった。
    • 配線変更後、外付けHDDの電源は一度も入れていないが、USBケーブルは既に差し込んだ状態。
    • スリープ中の配線差し替えはスリープ復帰障害が起きやすい。本当はやっちゃダメ。
    • ただしこの変更は 1/24~1/26 (40年ぶりの寒波が来た直後) だったと記憶してる。この変更直後にはスリープ解除問題は発生していない。
  • また、この問題が発生した時期(1/28~2/1)には、Adobe CCの各種ツールがアホかっちゅう位にアップデートを繰り返して来ている。
  • FirefoxもGoogle ChromeもCCleanerもこの時期にアップデートして来てる。
  • こーゆー時は、GPUドライバと各種アプリケーションの相性が悪くなっている可能性も考えられる。

うおぅ。思い当たる節は一杯ありすぎる('Α`)

今回チェックした項目

  • タスクスケジューラーのWindows Updateの項目
    • コントロールパネル>管理ツール>タスクスケジューラを起動する。
      タスクの場所「Microsoft」>「Windows」>「WindowsUpdate」を開く。
      削除や無効化だけなら、右クリックで指定してもOK
      ▲クリックで拡大
    • 今回は異常は無かった
  • USB機器のチェック
  • システムの整合性チェック

個人的にはちょっと予想外の段階でシステムが正常に戻ってしまった。
何が原因だったのか突き止めることは出来なかったが、とりあえず何らかのタイミングでシステムの整合性がおかしくなっていた事だけは分かった。

おまけ: まだ解決しなかった場合に試そうと思っていたこと

以下リストを上から順に試す予定だった

あとがき@反省

問題解決後、あらためて考えてみると、スリープ中にUSB機器の配線を差し替え、システムに異常をきたした状態で Windows Updateや各種アップデートした事で、スタートアップやサービスの開始などにも問題が出た、というのが原因だったのでないかと推測しています。

あと、Windows7時代の私は最低でも1~2ヶ月に1回はPCメンテを行っていたのだけれど、思い返せばWindows10を昨年11月にTH2にアップグレードした後はロクにPCメンテナンスをしていなかったし、最近PCの扱いが雑になってた。3か月くらいノーメンテでPC酷使すればこんなモノかもしれないっすね(^_^;

このページの情報は 以上です。