更新履歴 [ 全て表示戻す ]
2015.03.25:IEで発生する不具合について追記/KB3033889関連で追記。

2015.03.19: Windows7で再起動ループする場合の対処方法を追記
2015.03.18: MicrosoftからKB3033889の修正パッチがリリースされました。
2015.03.13/17:30 ほぼ最終版。ページの再構成を行いました。


2015年3月11日にリリースされた Windows Update を行った際に発生する不具合に関する情報をまとめたページです。

今月のWindows Updateは、ほとんどのPC環境で問題は発生しないようですが、いくつか かなり注意点が必要です。

参考: 他の月のトラブル情報

過去の「月例別」Windows Update トラブル対処方法まとめページ
2014年8月以降の記事をリスト化しています。
このサイト内の「過去の月例別トラブル情報」を確認したい場合、上記リンク先を利用してください。

2015.03.25追記:IEの不具合について

2015年3月のWindows Update以降、IE8~IE11がクラッシュする場合がある旨が、以下のページで報告されています。
[MS15-018] Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (2015 年 3 月 10 日)
この不具合の修正パッチは、現在も作成中のようです。

 

2015.03.18 追記/2015.3.25 さらに追記

KB3033889の修正パッチ来ました。
(日本語) 3033889 の更新プログラムと Windows のエクスプローラー、日本語 IME を使用する一部のシステムで応答を停止するには

追記終わり

スポンサー リンク

大雑把なまとめ

  • Windows Updateの更新自体が失敗する事は、ほぼ無いように思われます。
    Windows7の場合、Update後、再起動ループが発生するPC環境があるようです。
    それ以外の失敗は、一般的な対処方法を行えば問題解消します。
  • Windows Update適用後はセキュリティ関連の更新により、ネット接続設定の一部が強制的にリセットされている感じです。
    • これにより多少の問題は発生していますが、OSが起動しなくなるなどの大きな問題は発生しません。
    • Windows Media Player の一部設定も初期化されます。
    • 過去に自力でSSL/TLSの脆弱性「FREAK」に対処していた場合、ネットワーク関連で不具合が発生します。
  • Windows8/8.1にて、エクスプローラーやタスクバーがハングする症状が発生する場合があります。
    • 完全に特定された訳ではありませんが、IMEを変更するか、KB3033889を削除すると治まるようです
  • Windows8.1では aero glass for windows 8.1 など一部のデスクトップユーティリティが作動しなくなります。
  • Windows7の場合、[ディスククリーンアップ]を使うとWindows Updateが正常に作動しなくなる場合があります。
  • Flash動画が真っ暗になり、音しか聞こえない症状が発生する場合もあります。
    • ブラウザ、Flash、動画再生ソフトなどが、GPUアクセラレータを無効にしなければ正常作動しない場合があります。

Windows Updateが失敗する時の一般的な対処方法

今月の場合は、Windows Updateの更新自体が失敗する事は、ほぼ無いように思われます。失敗する場合はPC環境に問題があります。
これは一般的な対処方法を行えば問題解消すると思われます

一般的な解決方法 (サイト内関連ページ)

再起動ループしてしまう場合(Windows7)

Windows7の場合、Update後に再起動ループが発生するPC環境があります。
Windows7の再起動ループには、以下の2パターンがある模様です。

  • パターン1: Windous Updateを手動更新にしている
    • Windous Updateを手動更新にしているPCのみで発生します。
    • 更新失敗(再起動ループ)が発生してしまう場合は、まず「KB3033929 以外」を先にアップデート、PCを再起動し、その後に「KB3033929 のみ」をインストールして見ましょう。もしくは自動更新を有効にしてWindows Updateしましょう。
      (KB3035131より先にKB3033929がインストールされると不具合が出ます)
    • 参考リンク
      マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-025 - 重要
      リンク先超意訳:自動更新を有効にしている場合は、この問題は発生しない。手動更新の場合、インストールの順序が逆転する可能性があり、問題が発生する。
  • パターン2: PCをデュアルブート構成にしている
    • Windows7と別OSでデュアルブート構成にしている場合も、「KB3033929」が原因で再起動ループが発生するようです。
    • 特にLinux系OSとのデュアルブートで問題が発生しやすいかもしれません。
    • 参考リンク(英語)
      Darkling Designs Windows Update KB3033929 Update Loop - Darkling Designs
    • リンク先の手順概要
      • リンク先「So to summarize:」の部分に記載してある。
      • PCシャットダウン → Windows のブートローダーを入れ直し → KB3033929 を適用 →PC再起動 → デュアルブート環境の作り直し

 

 

Windows Updateが失敗する、再起動ループする場合の、今月固有の現象の紹介はここまで。

以下、今回のWindows Updateを適用した後に見られる、個別の不具合情報です。まずは、やっかいな注意点を2点紹介します。

エクスプローラーやタスクバーが固まってしまう (Windows 8/8.1の一部PC) (修正パッチあり)

エクスプローラーやタスクバーが固まってしまう場合
MS-IME以外のIMEを持っている場合は、まずIMEを変更してみましょう。それでも問題が出る場合は、KB3033889を削除してみましょう。
3月18日、修正パッチ (ただし導入は自己責任) がリリースされました。

  • KB3033889削除方法
    KB3033889削除方法
    ▲クリックで拡大
    コントロールパネルから、[プログラムと機能] を開き、[インストールされた更新プログラムを表示]を選択します。
  • 更新プログラムのリストが表示されます
    KB3033889削除方法その2
    ▲クリックで拡大
    検索ボックスに「KB3033889」と入力し、リストに残ったプログラムを右クリックし、[アンインストール]を選択します。
  • 削除が終了したら、PCを再起動させます。
  • Windows Updateを手動更新にしておきます
    KB3033889削除方法その3
    ▲クリックで拡大
    KB3033889が再インストールされないよう、Windows Updateを手動更新するか、KB3033889を更新リストから外すか、何かしらの対策を行っておきましょう。
  • KB3033889削除後の注意
    • マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-020 - 緊急
      KB3033889は「緊急」レベルの更新パッチです。
      削除するとWindowsの脆弱性が残ったままになります。極力 IE 以外のブラウザを使い、怪しいサイトに行かない、怪しいファイルをダウンロードしないようにしましょう。

注意:ディスククリーンアップは使わない (Windows7の一部PC)

Windows7ユーザーは、今回のWindows Update後にディスククリーンアップを利用しないようにしましょう。

ディスククリーンアップを行うと、KB3032359、KB3021952など一部のパッチが再表示される場合があり、それをインストールするとWindows Updateが壊れる場合があります。

上記手順でWindows Updateが正常作動しなくなった場合、Fixit や sfc /scannow 、システム更新準備ツールなどでは復旧できません。
システムの復元を使い、もう一度 今月のWindows Updateをやりなおしましょう。

 

 

次に、私の手元で把握している問題を一気にリスト紹介します。

現在判明している問題

以下、多くの症状を紹介していますが、ごく一部のPCでのみ発生している症状も含まれています。

  • Windows Media Player の設定が一部リセットされる。
    • 殆ど実害なし。
    • mpgファイル再生のために mfds.dll の差し替えを行っている場合、これも初期化されています。
  • 無線LAN機器の設定が一部リセットされる、インターネット接続の設定が一部変更される。
    • 殆どのPC環境では、ほぼ実害なし。
      一部環境で、ネット接続が無効化される場合がある。
      • ネット接続が切れた場合の対処方法
        PC環境により、様々な症状が出るようです。
        以下、代表的な対処方法 (どれか1つを行えば解消します)
      • ブラウザ(IE)を起動してF5キーを1回す。
      • コントロールパネル>ネットワークとインターネット>ネットワーク接続を開き、「ネットワーク診断」を行ってみる。
      • コントロールパネル>ネットワークとインターネット>ネットワーク接続を開き、使用中のネットワークアダプタを一旦無効にしてから再度有効にしてみる。
        手順図
        ネットワークアダプタを一旦無効にしてから再度有効
        ▲クリックで拡大
      • ブラウザで「http://192.168.11.1/」にアクセスし、インターネットステータスを確認してみる
        (停止状態になっている場合がある)
        手順図
        ネットワークアダプタを一旦無効にしてから再度有効
        ▲クリックで拡大
        (通常、ログインユーザーはroot、パスワードはなし)
      • 一度LANルーターやモデムのコンセントを抜き、再起動してみる。
    • 以下の場合は注意。
      • 過去に、自力でSSL/TLSの脆弱性「FREAK」の対処を行った(マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ 3046015を利用した)PC 環境は、今回のWindows Updateで大多数のインターネット サービスが利用できなくなる。
      • 参考リンク
        2015 年 3 月のセキュリティ情報 (月例) - MS15-018 ~MS15-031 - 日本のセキュリティチーム
        • 引用「セキュリティ アドバイザリ 3046015 で、回避策を実行したお客様は、MS15-031 で公開されているセキュリティ更新プログラムを適用する前に、回避策の解除を行ってください」
        • 該当する回避策は以下
          マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-031 - 重要
          上記手順で「gpedit.msc 」を開き、[SSL 構成設定] を手動で変更していた場合は、リンク先ページ下段の手順で設定を解除する必要があります。
  • Windows8.1マシンにて、Dynamic Window Managerの更新あり
    • Dynamic Window Managerとは、Windows8以降のタイル型ウィンドを表示するためのマネージャです。
    • これが更新されたことにより、aero glass for windows 8.1など一部のデスクトップユーティリティが作動しなくなります。
      (シンボルの再ダウンロードなどでは対処できない模様)
  • explorerやタスクバーが重くなる(その1)
    • Windows 8/8.1で発生
    • 一部のPC環境で、通常のWindows Update後とは比べ物にならないくらい重くなる現象が発生します。
      PC起動後、3時間前後で発症する例が多い模様です。
    • タスクバーを右クリックしたり、タスクトレイの操作を行うと発生します。
    • 私のPCの場合、上記で解説した「ネットワークの問題」の発生と同時にexplorerやタスクバーが非常に重くなりましたが、PC、モデム、LANルーターの再起動を行い、ネットワークの問題を解消した後はこの問題が再発していません(とりあえず15時間くらい発症していない)
    • フリーズしたexplorer.exeを再起動した場合は、PCを再起動するまでは発症しない模様。
    • ほとんどの場合で、IMEを変更するか、KB3033889を削除すると治まるようです。
  • explorerやタスクバーが重くなる(その2)
    • Windows Updateは正常に終了した場合でも、Update直後はしばらくの間PC操作がやや重くなります。
      • WindowsUpdate 直後は少しPCが重くなります。
        (リンク先は症状が酷い場合の例です)
      • これは、CドライブにSSDを使用し、4GB以上のメモリを積んだPCの場合1~5分程度で終了します。
        CドライブがHDD、メモリ2GB、CPUが core i3~celeronクラスの場合でも、30分~1時間程度で終了します。
        (PCメンテを怠っていると半日くらいかかる場合あり)
    • 更に、PCを5分以上放置していると、TiWorker.exe (Windows Modules Installer Worker)が作動しはじめます。
      こちらもWindows8.1の仕様の範囲内です。
      参考: [ヅ] Windows Modules Installer Worker が重い件(2014-04-29)
      ※TiWorker.exeは、(現在では)5分以上PCを放置した時のみ作動するのが正常な挙動になります。こちらも1~2時間ぐらい放置すると作動が完了し、PC の重さは解消されます。
  • Flash動画が真っ暗になり、音しか聞こえない場合がある。

同時期に発生した 別の問題

以下の問題は Windows Updateとほぼ同時期に発生しましたが、別問題です。

  • *.exeファイルが削除されてしまう、駆除されてしまう
  • Google Chromeの文字が滲む
  • iTunesがおかしくなった、iTunes Storeに接続できない
    • Windows Updateは関係ありません。
      Appleのサイトで一時的に障害が発生し、iTunes Store、Appleサポート、FaceTimeなどに接続できない状態となっていました。
      現在は復旧しています。
  • FireFoxがクラッシュする
    • 2/25~3/6に公開されていたFirefoxは、不具合を抱えています。
      最新版は修正されています。

このページの情報は 以上です。

参考: 他の月のトラブル情報

過去の「月例別」Windows Update トラブル対処方法まとめページ