このページについて

Windows 10 バージョン1703 (RS2) の WinRE の画像を掲載したページです。Windows 10/8.1の Windows回復環境 に表示されるメニューの違いを確認するために作成しました。

 プライバシーポリシー / 免責事項

個人的なメモページです。
このページには、Windows 10 バージョン1703 (Creators Update / RS2 ) の WinRE の画像を掲載しています。

まえおき

サイト内 関連リンク

Windows 10 バージョン1703 の WinRE

Windows 10 Creators Update の WinRE
▲クリックで拡大
選択中のメニューボタンが白枠で囲まれるようになった。
RS1以前の回復環境には、この白枠は無い。
TH1やWin8.1と比較すると、フォントも若干変更されている。(レタースペースが狭くなってる)

システム修復ディスクからWinRE起動時
RS2-WinRE起動時
▲クリックで拡大

次の画面
RS2-オプション選択
▲クリックで拡大

スポンサー リンク

「トラブルシューティング」を押した後

RS2-トラブルシューティング
▲クリックで拡大

  • 「トラブルシューティング」のメニューがスキップされる。
    いきなり詳細オプションに飛ぶ。「このPCを初期状態に戻す」のメニューが選べなくなっている。
  • 「以前のビルドに戻す」というメニューの表記が「以前のバージョンに戻す」に変更されている (機能は同じ)。
  • RS2でWindowsが起動しなくなり自動修復がかかった時、
    およびWindows上から回復メニューを利用した時の画面はこちら。
    RS2-このPCを初期状態に戻す
    ▲クリックで拡大
    こちらは「トラブルシューティング」が表示され、「このPCを初期状態に戻す」のメニューが存在している。
  • 「詳細オプション」を「選ぶと修復メニューが表示される
    RS2-詳細オプション
    ▲クリックで拡大
    システム修復ディスクには存在しなかった「スタートアップ設定」の項目が表示されている。

を初期状態に戻す」のメニューについて

RS2-このPCを初期状態に戻す
▲クリックで拡大
前述のとおり、システム修復ディスクからはこのメニューは選べない。
また、TH1の頃にすでに変更されていたのだけれど、このメニューの表記はWindows8.1 の頃と異なっている。

  • Windows8.1時代
    Win8.1-PCのリフレッシュ
    ▲クリックで拡大
  • Windows8.1時代は「トラブルシューティング」の項目で「PCのリフレッシュ」と「PCを初期状態に戻す」は別メニューになっている
    • 「PCのリフレッシュ」とWindows10の「個人用ファイルを保持する」は同じ機能。
    • Windows8.1時代の「PCを初期状態に戻す」はWindows10では「すべてを削除する」というメニューと同じ

実機で確認: Windows 10 バージョン1703

VMware上で確認した時と変わりはない感じ
RS2-このPCを初期状態に戻す
▲クリックで拡大

RS2-このPCを初期状態に戻す
▲クリックで拡大

RS2-このPCを初期状態に戻す
▲クリックで拡大
実機上で確認すると、このメニュー内に「UEFIファームウェアの設定」が表示された。

サイト内 関連リンク