このページについて

11月末にXperiaTablet S を購入しました。Androidデバイスを自身で購入するのは、これが初めての事になります。

 プライバシーポリシー / 免責事項

11月末にXperiaTablet S (通称ペリタブ)を購入しました。
今までいくつかのAndroidデバイスを触りましたが、実は自分用のマシンを購入するのは、これが初めての事になります。
XperiaTablet S
▲現物写真。16GBタイプを近所の量販店で3万9千円で購入。
初期設定では液晶がすごく明るい。SFやホラー系の「画面が暗い映画」の視聴もバッチリ楽しめます。長時間テキストを読むには、ちょっと眩しいレベルの明るさです(^_^;

このページでは、私が初めてAndroidデバイスを購入する際、何をポイントにしたか、何が心配だったかなどを含め、XperiaTabletを購入直後の感想をメインにレビューを書いています。

購入のキッカケ

購入のキッカケは、今月初旬のサイトリニューアルの際、Androidタブレットでの作動確認をしたかったため。
それだけならば(今なら)Nexus 7がベストチョイスな気がしましたが、それ以外にも色々と考える所があって、XperiaTablet を選択しました。

購入時の機種選び - ここが気に入った!

XperiaTablet を選択した一番の理由に「ボディーのデザインが秀逸だった」ってのがありました。

頭の中でいくつか候補を考えながら量販店に向かい、実際に手に取りながら確認しましたが、(個人的な意見ですが)XperiaTablet Sはボディーデザインが他の製品より優れている気がしました。

XperiaTablet の裏面
▲裏面を見ると、ボディーの上下で厚みが違う事が分かります。XperiaTablet Sは天地が非対称で、重心が一方に偏るようにデザインされています。これにより、片手で持った時に感じる重さが他の機種よりちょっと軽く感じます。また、手に持った時の厚みも丁度良い感じ。

右側
▲クリックで拡大: ボディー右側
電源ボタンと音量ボリュームのボタンがあります。
ちなみにボタンの押しやすさなどは、どの機種も選んでも大きな変わりはないと思います。

スポンサー リンク

左側
▲クリックで拡大: ボディー左側
イヤホンジャックとSDカードスロット。SDカードは最大転送速度104MB/sの、SDHC UHS-Iに対応しています。私の耳じゃ解らないけど、イヤホンジャックを通した音質もかなり優れているらしい。

底
▲クリックで拡大: ボディー底面
充電器(同梱)やPCとUSB接続(別売り)するためのポートが1口あります。
左右のスピーカーも底面にあります。スピーカーの音質は普通。小さなスピーカーなので大音量にすると耳が痛くなるのは仕方が無いかな。

その他、XperiaTablet Sを選択したポイント

お店に向かう前からXperiaTablet Sが1番の候補だったのですが、先に書いたボディーデザインの件も含め、購入の決め手となったのは以下のようなポイントです。

  • OSのバージョン
    Android 4.0以上のモノが欲しかった。(Android 2時代にも色々な機種を触ったけど、食指が動かなかったので。。。)
  • フリック時の指に吸い付く感
    1年前、違和感を感じて購入を見送ったポイントの一つ
    • Androidも昔に比べればすごく進歩していますねえ。店頭で触ったどの機種も、満足の行くレベルになっていました。今なら何買っても大きな不満は出ないんじゃないでしょか。
      • ※注意
        下手に高解像度な機種を選ぶと、最新マシンでも結構モッサリした作動です。現行マシンなら1280x720あたりが無難な気がしました。Androidは全般的に画面描画やフリックは苦手だと思います。
    • さすがにiPadには全然かなわない。ちゅーか最新のiPad miniのフリックが想像を超えたレベルの完成度でビックリした(^_^;
  • SDカードスロット
    手持ちのカードの関係もあり、SDカードを読めるモノが欲しかった。
    • さらにXperiaTablet SはSDHC UHS-I対応。最大転送速度104MB/sの高速カードの利用が可能。未来が広がる。
    • 他の多くの機種がmicro/mini SDカードを採用していたので、必然的にXperiaTablet Sが購入候補の一番になった。
    • XperiaTablet Sは、2012年12月12日のアップデートで SDXCカード(exFATフォーマット)にも対応。
  • SONY製
    nasneの存在が結構気になっているので、それに相性の良さそうなSONY性のタブレットを選択したかった。
    • ※nasneとは・・・
      SONY製の地上デジタル/衛星デジタル(BS/110度CS)チューナーを搭載した、HDD500GBのネットワークメディアストレージ
      • nasneは別メーカーのAndroidや様々な機器でも接続可能。
        主に家庭内LANで利用する。
  • 省電力性とバッテリーの持ち具合
    XperiaTablet Sは、CPUに NVIDIA Tegra 3を搭載。
  • 液晶サイズ
    7インチ(平均300g)を色々手にとって見たけれど、特に重さや大きさに魅力を感じなかった。
    • 多分コレは、外に持ち出す事が多い場合や、2台目・3台目のタブレットとして見た時に大きな魅力になるんだろう。
    • ある程度 使いこなせるようになったら居間に置いて家族共用で利用するつもりなので、ある程度大きいほうが良い。
  • ボディーのデザイン
    • 先にも書いたけど、XperiaTablet Sは天地が非対称。重心が一方に偏るようにデザインされていて、厚い方の厚みが、手に取ったとき丁度良い感じです。これにより、片手で持った時に感じる重さが軽く感じます。

その他、気になったことなど

以下は購入前に心配だった事や、購入直後に「あれ?」って感じた事など。

  • Wi-Fiの通信速度はかなり良好。
    ダウンロード速度結構速い。330MBのアップデートファイルが1分ほどでダウンロード終了。無線LANとの通信速度は70~80Mbps。
    • ただし他所の無線LANとの干渉が起きやすく、実質30~40Mbps、時間帯によっては5~10Mbpsと云った所か?(注:ウチの電波環境は、8~10個のアクセスポイントを拾うかなり劣悪な環境:こんな感じ)
  • 時々、謎の電源落ちやフリーズが発生するらしい。
    • ネット上の評判を見ると、わりと発生している感じ。
    • 購入後2週間ほど経つけれど、1 回だけ遭遇した
      画面真っ黒で電源ボタン押しても無反応。
      「電源ボタン10秒押し」でデバイスを強制終了させ、再起動させなければうんともすんとも言わない状態になる。
  • ブラウザの性能
    • ページ読み込み速度や、スクロールの軽さなどは、スマホよりタブレットの方が全然上。
      • ただしWindowsやMacのデスクトップ・ノートには劣る。小さいボディーにパワーを求める事は出来ないので、まあこれは仕方が無い。
      • 一応「これくらいなら許容範囲かな?」と思えるレベルに仕上がっている。
    • フォントはとてもキレイ。
      • ただしスクロール中は文字がぼやける。これはiPhoneや他のAndroidでも同じ。これもポータブルデバイスだと仕方が無い事なのかな。
  • 動画再生能力は、思ったほど高くない?
    • とりあえず、HD画質のh.264動画の再生は可能。ただし無茶な高画質設定を行うとガクガクになる。
    • iPadより下なのは分かっていたけど、iPhone4よりも下だった(^_^;
      • 注意:iPhone4は仕様上はAVCHD Level3.1まで対応だけど、実際にはそれ以上の動画の再生が可能(私のテストページ)
      • iPadやiPhoneの動画再生能力がバケモノなだけで、Androidの再生能力が低いわけじゃないと思います。
    • 「iPhone4でギリギリ コマ落ちしないレベル」の動画をテストしたら、これも結構ガクガク。
    • 無音にするとかなりの画質までヌルヌル再生してくれるので、コンテナや音声コーデックの選択・プレーヤーの選択にコツがいるのかも。Android向けの最適設定は目下調査中。
    • 私の場合、「Iフレームを多用した動画作り」をしているので、それが再生負荷を上げているのかもしれない。今後の調査対象。
    • 動画再生はTegra 3の「5コア中一番バッテリー消費の少ないコア」で作動しているっぽい。再生アプリの選択で再生能力は上がるかな?これも今後の調査対象。
  • SDHC UHS-I対応のSDカードを利用するには、本体のアップデートが必要?
    • SDHC UHS-I対応のSDカードを本体に差し込んでアップデートする事が必要?激速になった。
    • ちゅうか、12月12日のアップデートまでは上手く作動していなかったっぽい。アップデート前は5~10MB/s程度しか出ていなかった感じ。
  • Androidのアップデートを行うと、同一無線LAN内のWindowsマシンのダウンロードが止まるw
    • 「Windowsで2GBのファイルをダウンロード中」に「XperiaTabletのアップデート」したら、Windows側のダウンロード(IE9を利用)が止まった。「一時停止」と「再開」の操作が必要だった。
      なにこれwww毎回こんなん起きるなら注意しとかなきゃw

購入して分かった事

なにこれ楽しい。
店頭で触ったり、友人のデバイスをちょっと触らせて貰ったりしただけでは解らない楽しさがありました。

以下の流れで、あっという間に楽しさにハマった。
  • XperiaTabletは初回起動時のセットアップで、チュートリアル的に(迷う事無く)GoogleアカウントとEvernoteのアカウントを作成可能
    ↓↓↓
  • WindowsマシンやiPhoneは既に個人情報の塊になっていて、色々なアカウントを作るのが嫌だった。でも新規購入したまっさらなAndroidマシンではその辺の気兼ねが無い。
    ↓↓↓
  • 専用アプリなので、GoogleアカウントやEvernoteの利用も(Windows版に比べ)迷うところが少ない。
    ↓↓↓
  • まだ何にもしていないのに、
     ・フリックして
     ・アプリを起動して
     ・Webサービスにアカウント作成しただけで
    「既に使いこなせている」と錯覚を起こしてしまった。

そして私はAndroid初心者。何して良いか解らない状態だけに、プリインストールされているアプリや有料サービスに接続されるガジェットがすげー魅力的。そしてアチコチの操作で迷いまくり、テキトーにタップして新しい発見をする・・・てな事の連続。

本当に久しぶりに、「初心者はどういう気持ちでIT機器に触っているのか?」が実感できる体験になりました。そして、「そうか、Windows8はコレを狙っていたのか・・・。」と変な納得をしてしまった。

ソニー Xperia Tablet Wi-Fi Sシリーズ SGPT121 メモリ16GB SGPT121JP/S
ソニー (2012-09-15)
売り上げランキング: 4502

今回はここまで

数日前から風邪をひいてしまい、ちょっち体調不良。土曜日はほぼ寝込んでしまいました。。。さらに12月に入ってから色々多忙で、原稿のストックも切れてしまいました。(このページも、本当は先週末にアップ予定だったけど、まとめきれなかった。)

このページ内で書きたい事がもう少しあったけど、次回更新に回します。ご了承下さいませ。
続き → XperiaTablet S購入後レビュー
最初の数日、触り倒したレビューを書いています。