このページについて

レジストリキーをクリップボードにコピーした状態でRegNavを実行すると、目的のキーが開いた状態で regedit が起動します。

 プライバシーポリシー / 免責事項

regnav

クリップボードにコピーしたレジストリキーを一発で開くvbスクリプト「RegNav」の紹介です。

ダウンロード: RegNav
作者: hb860( WinAeroの人)
詳細解説ページ: How to jump to the desired registry key with one click
対応OS: Windows 10 / 8.1 / 7 / Vista / XP 

特徴

ダウンロード場所

ダウンロードリンクは少し分かりにくい位置にあります。
クリップボードにコピーしたレジストリキーを一発で開くスクリプト「RegNav」
▲クリックで拡大
2017年2月現在のキャプチャです。
ダウンロードリンクは画面右側にあります。

利用前の準備

「RegNav」は、ダウンロードした直後は作動しないようになっています。
以下手順で起動できるようにします。

  1. ダウンロードしたファイルを解凍する。
  2. メモ帳などで「regnav.vbs」を開く
  3. 以下の編集を行う
    RegNav利用前の準備
    ▲クリックで拡大
    • 「' 」で始まる2行
      「' Created by Sergey Tkachenko」
      「' (c) http://winaero.com/
      を削除します。
  4. 編集が終わったらそのまま保存します

RegNavの使い方

準備ができたあとは、開きたいレジストリのキーをコピーして「regnav.vbs」をダブルクリックすればOKです。

実行例

Windows 10 バージョン1607にて実行してみました。

レジストリのサンプル
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control

上記のようなレジストリキーをコピーし、「regnav.vbs」をダブルクリックしてみます。

まずは UAC が反応します。
UAC が反応している図
▲クリックで拡大
このUACは、RegNav に対してではなく、レジストリエディタでPCに変更を加える許可が必要なために作動しています。

「はい」を押すと以下のようになります。
キーが開いた状態のレジストリエディタが起動
▲クリックで拡大
目的のキーが開いた状態のレジストリエディタが起動しました。

シンプルですが、これは便利ですね。

余談

Windows 10の時期リリース候補には、「レジストリエディタ に アドレスバーを表示する機能」が追加されています。
【朗報】Microsoft、Windows 10の最新ビルドでレジストリエディタにアドレスバーを追加
こういうツールのお世話にならなくても済むバージョンがもうすぐ登場しそうです。