このページについて

WifiMonitorは、IEEE802.11 ac にも対応したシンプルな「アクセスポイントの電波状況をモニターするツール」です。 非常にシンプルですが、その分だけ作動も軽快で、一瞬で起動してくれます。

 プライバシーポリシー / 免責事項

無線LANが繋がらない時や、通信速度が遅い時、ネット動画が途切れ途切れになる時などで、電波状況や混雑状況をリアルタイムで確認することができるフリーソフト「WifiMonitor」の紹介です。

WifiMonitor起動画面
WifiMonitor起動画面
▲クリックで拡大

表示はテキストベースであり、inSSIDerなどと比べると非常にシンプルですが、その分だけ作動も軽快で、一瞬で起動してくれます。
またWifiMonitorは、inSSIDer3 (フリー版の最終バージョン) では未対応だったIEEE802.11 ac にも対応しています。

ダウンロード

公式サイト: WifiMonitor - Project Group
Vector: WifiMonito - Vector
ライセンス: フリーソフト
対象OS: Windows 10 / 8 / 7
※ 作動には .NET Framework 4.0 以上が必要。

インストール方法

インストール不要。

ダウンロードしたファイルを任意のフォルダに解答し、「WifiMonitor.exe」をダブルクリックすればWifiMonitorが起動します。

WifiMonitorで表示できる項目

・SSID
・チャンネル
・電波強度
・認証方法
・MACアドレス
・ベンダー
・暗号化
・無線タイプ
・ネットワークの種類

WifiMonitorの主な使い方

WifiMonitorは非常にシンプルなツールなので、特別な操作を覚えなくても簡単に使うことが可能です。

覚えておくと便利なのは以下くらい。
WifiMonitor起動画面
▲クリックで拡大

その他

電波強度は「dB」表記ではなく、「%」表記です。個人的には「dB」表記の方がしっくりくるのですが、ライトユーザーの場合は「%」表記の方が分かりやすいでしょうし、この辺はユーザーの好み次第になるかと思います。