このページについて

2015年3月19日現在、Windows8/8.1環境で、Windows Updateの更新パッチ KB226760 がゾンビ化し、何度更新しても 繰り返し更新リストに表示される問題が発生しています。

 プライバシーポリシー / 免責事項

2015年3月19日現在、Windows8/8.1環境で、Windows Updateの更新パッチ KB226760 がゾンビ化し、何度更新しても 繰り返し更新リストに表示される問題が発生しています。

ループ発生時のスクリーンショット
ループ発生時のスクリーンショット
▲クリックで拡大

更新履歴のスクリーンショット
ループ発生時のスクリーンショット
▲クリックで拡大
手元のVMware環境でテストしてみましたが、再起動やシャットダウンを挟みながら4~5回更新してみても、Updateのチェックの度に同じ更新プログラムが表示されます。

ゾンビ化するパッチ

Windows Defender の定義の更新   KB2267602 (定義 1.193.3002.0)
Windows Defender の定義の更新   KB2267602 (定義 1.193.3117.0)

とりあえず、PC上で作業・操作をする上で不具合が発生する事はないようですが、
この2点のインストールは控えておきましょう。
また、1度インストールした場合も、何度もくりかえしインストールするのは控えておきましょう。

現時点での対処法

これが正しい対処方法であると確証はできませんが、私の場合は以下の措置を取りました。
現時点での対処法
▲クリックで拡大
「KB2267602 (定義 1.193.3002.0)」と「KB2267602 (定義 1.193.3117.0)」は、一度(または複数回)インストールを行った時点で「更新プログラムの非表示」を選択。

これで暫く様子を見てみます。