Windows10/8.1でWindows Updateが終わらない・失敗してしまう場合の対処法(重症な場合)

Windows Updateで失敗を繰り返し、sfc /scannowができないなど、Windows 10 および 8.1 でWindowsシステムに重度の障害が発生している時に行うメンテナンス方法を紹介したページです。

sfc /scannow,できないなどについて。

Windows10/8.1でWindows Updateが終わらない・失敗してしまう場合の対処法(重症な場合)

2016.11.28: 手順4と5の間に再起動を追加。
2016.10.02: 項目 [sfc /scannow の後はビデオカード ドライバをインストールしておく] 追記

Windows 10 および 8.1 でWindowsシステムに重度の障害が発生している時に必要な、がっつりしたPCメンテナンス方法を紹介したページです。

  • Windows Updateで更新の確認ができない・終わらない。
  • Windows Update が失敗してしまい、エラーが表示される。
  • システムメンテナンスツールやコンポーネットリセットツールではエラーの修正ができない。
  • 「sfc /scannow」や「DISM /Online /Cleanup-image /Restorehealth」を行ってもエラーの修正ができない。

上記の項目すべてに当てはまるような、かなり重症なケースで有効な対処方法です。

通常のPCメンテナンスが実行できない重症なPC例
通常のPCメンテナンスが実行できない重症なPC例
▲クリックで全体表示

サイト内関連ページ

Windows Updateが正常に実行できない場合は、まずは以下のような手順を先に試します。

上記2ページの方法では効果がなかった場合や、エラーの修復そのものが出来なかった場合などでは、以下で紹介するかなり気合を入れたPCメンテナンスが必要になります。

注意事項

以下に紹介する方法は、(必要に応じて) 上から順に実行します。

  • 注意:
    通常は下から順に実行する手順です。
  • このページでは「PCはすでに重度の障害を持っている」と仮定しているので、順序が逆になっています。
  • chkdskなどは、逆にPCの調子を悪くすることがあります。
    • はじめにシステム全体のバックアップを取ってください。
    • 自己責任で行ってください。
    • 初心者は無理して実行しない事。

1. chkdsk c: /f

コマンドプロンプト(管理者)で「chkdsk c: /f」を実行する。

  • 実行するにはPCの再起動が必要。
  • Cドライブのエラーをチェックし、修正するコマンド。
    • 重要:エラーが修正される時にファイルの破損や消失が発生する危険性があるので覚悟しておく。
    • 実行は自己責任
  • 次項「2. fsutil resource setautoreset true c:\」
    および「3. DISM /Online /Cleanup-Image /StartComponentCleanup」
    が正常に終了しない場合に必要。
  • 重要: エラーが出なくなるまで繰り返す
    • エラーログの確認方法
      イベントビューアーを起動する
      「wininit」でログ検索する
  • バッドセクタが発生してて かつ chkdsk c: /fで エラーが消えない、不良クラスタが発生している場合
    • 「chkdsk c: /r」が必要。
      実行する前にページ最下段を読む。

2. fsutil resource setautoreset true c:\

コマンドプロンプト(管理者)で
「fsutil resource setautoreset true c:\」を実行する。

  • トランザクションエラーが発生していた場合に有効な対処方法
  • DISM や sfc /scannow でエラーが検出されなかった場合に有効(な場合がある)
  • トランザクションエラーの発生例
    トランザクションエラーの発生例01 トランザクションエラーの発生例02
    ▲クリックで拡大

3. DISM /Online /Cleanup-Image /StartComponentCleanup

コマンドプロンプト(管理者)で
「DISM /Online /Cleanup-Image /StartComponentCleanup」を実行する。

  • 「操作は正常に完了しました」とメッセージが出ればOK。
  • 非常に長い時間がかかる。
    (chkdsk c: /f の2~3倍)
  • 次項「4. DISM /Online /Cleanup-Image /ScanHealth」が正常に実行できない場合に必要

4. DISM /Online /Cleanup-Image /ScanHealth

コマンドプロンプト(管理者)で
「DISM /Online /Cleanup-Image /ScanHealth」を実行する。

  • 「操作は正常に完了しました」とメッセージが出ればOK。
  • 次項「5. DISM /Online /Cleanup-image /Restorehealth」が正常に実行できない場合に必要

 

追記補足
「1.」から「4.」まで続けて操作していた場合、念のためここでPCを再起動する。

5. DISM /Online /Cleanup-image /Restorehealth

コマンドプロンプト(管理者)で
「DISM /Online /Cleanup-image /Restorehealth」を実行する。

  • 「操作は正常に完了しました」とメッセージが出ればOK。
  • 次項「6. sfc /scannow」がエラーが修正できない場合に必要
  • まだエラーが消えない場合、「1.」または「2.」からやり直してみる

6. sfc /scannow

コマンドプロンプト(管理者)で「sfc /scannow」を実行する。

  • 「Windows リソース保護は、整合性違反を検出しませんでした」とメッセージが出ればOK。
    • 次項「7. Windows Update コンポーネントリセットツール」でエラーが消えない場合に必要。
    • 前項「5. DISM /Online /Cleanup-image /Restorehealth」
      が正常に実行されていれば不要なケースが多いが、念のため実行しておく。
  • 「3.」~「6.」の手順が全て正常に実行できた画面
    トランザクションエラーの発生例02
    ▲クリックで拡大

7. Windows Update コンポーネントリセットツールの実行 

このサイト内でも何度か紹介している「コンポーネントリセットツール」を実行する。

8. Windows Updateを実行

このページの対処方法は以上です。
1.から7.まで実行し、すべてが正常に終了ていれば、ほとんどのケースで無事Windows Updateが出来るはず。

これでもまだ Windows Updateが出来ない場合は、Windows の クリーンインストールを検討した方が良いです。

 

以下は補足情報やおまけ情報です。

sfc /scannow の後はビデオカード ドライバをインストールしておく

  • NVIDIAやRADEONのビデオカードドライバは、Windowsシステムの一部を上書きしており、sfc /scannow を行うとその部分が元に戻ってしまうケースがあります。
  • この場合、ビデオカードドライバを再度インストールしておかなければ (微妙にパフォーマンスが落ちる、デスクトップアイコンが時々点滅する、ディスプレイドライバの応答停止が発生しやすくなる) などの軽微なトラブルが増えてしまう場合があります。
  • ドライバインストールのあとはPCを再起動しておきましょう。

「chkdsk c: /f」でバッドセクタが発生し、エラーが消えない場合

chkdsk c: /fで エラーが消えない、不良クラスタが発生している場合などは
「chkdsk c: /r」が必要。
こちらもエラーが無くなるまで実行する必要がある。

  • PC初心者は、無理に実行しない。
    • PCに詳しい人か、修理業者に依頼する。
      ただし、もう手遅れの場合もある。
    • 修理業者に依頼すると、HDD/SSDを好感されOSをクリーンインストールされる可能性が大きい。
  • HDD/SSDを購入・交換し、OSのクリーンインストールを検討する必要あり。
  • 「chkdsk c: /r」は、HDD/SSDの寿命を著しく縮める危険性があるので注意。

あとがき

2016年9月、私の手元にかなり状態の酷いWindows8.1マシンが2台持ち込まれ、それらを修復した際の経験を元にこのページを作成しました。
今回は 上記を1から7まですべてを上から順に実行しないと正常に戻らないという、かなり酷い状態でした。

「DISM /Online /Cleanup-Image /StartComponentCleanup」が必要になるケースすら初めてだったのに、その「DISM /Online /Cleanup-Image /StartComponentCleanup」が正常に終了しないという事態に遭遇し、その時はちょっと頭を抱えてしまいました。
でもこういう場合でも「chkdsk c: /f」で直ったりするんですね(^_^;

おまけ

今回持ち込まれたPCをメンテナンスしている時の画面
終了
▲クリックで全体表示(冒頭で紹介した画像)
今回 私の手元に持ち込まれたPCがこんな感じでした。
「DISM /Online /Cleanup-image /Restorehealth」が正常に終了せず、
これの破損検出・修復コマンドである
「DISM /Online /Cleanup-Image /ScanHealth」
「DISM /Online /Cleanup-Image /CheckHealth」
なども失敗してしまいます。

 ※エラーメッセージのテキストおこし
  • C:\WINDOWS\system32>DISM /Online /Cleanup-image /Restorehealth
    エラー: 1726
    リモート プロシージャ コールに失敗しました。
  • C:\WINDOWS\system32>DISM /Online /Cleanup-Image /ScanHealth
    展開イメージのサービスと管理ツール
    バージョン: 10.0.14393.0
    イメージのバージョン: 10.0.14393.0
    エラー: 1910
    指定されたオブジェクト エクスポーターが見つかりませんでした。
  • C:\WINDOWS\system32>DISM /Online /Cleanup-Image /CheckHealth
    イメージのバージョン: 10.0.14393.0
    コンポーネント ストアは修復できません。
    操作は正常に完了しました。

「エラー1726・リモートプロージャコールに失敗しました」などのキーワードで検索すると、様々な対処方法がネットで拾えますが、今回の場合、そのいずれにも当てはまらず、「chkdsk c: /f」が必要でした。

サイト内関連リンク



次のページへ
前のページへ
Windows10/8.1でWindows Updateが終わらない・失敗してしまう場合の対処法(重症な場合)
TOPページへ

コメント(多忙中のため休止中) C[0] T[0]

人気ブログランキング
このブログを応援する・このブログに寄付する
mona:MEmMcKYAWfdX1r3XkoWBoweJTSjtDgdqRo
btc :1342ndtQDJ3NKkTw1BfP8AD4xMy8NJ4kWb


広告&サイト内おすすめページ

 

関連記事(ぜんぶ見る>> Windows Update(win10) | Windows Update関連
Windows 10 の自動更新を無効(Windows Updateを手動更新のみ)にする方法
Windows 10/8.1 で Windows Update ができない・失敗してしまう場合の対処法
Windows 10/8.1 で更新プログラムの確認が遅い・終わらない場合の対処法
SoftwareDistributionフォルダの削除に失敗しWindowsの調子が悪くなった時の対処方法

※コメント欄の一時休止中につき、Monacoin企画も休止中です。
簡単!4ステップでふるさと納税 a8
次のページへ
前のページへ

更新日 2016/11/28(2016年09月公開)このページはリンクフリーです

カテゴリ(メニュー)
このページ

Amazon

Amazon 日替わりタイムセール
サイト内検索
Special Thanks (TOP15)

Amazon
リンク集
楽天市場/ブログランキング
a8 a8