Windows10が不安定だ・・・という時のチェックに便利なWindows標準機能「信頼性モニター」

「問題レポート」および「信頼性モニター」の紹介。「Windowsの作動が不安定となった時、何が原因か?どのくらい問題を抱えているか?」が分かりやすくなっています。

信頼性モニターなどについて。

Windows10が不安定だ・・・という時のチェックに便利なWindows標準機能「信頼性モニター」

Windows10には「問題レポート」および「信頼性モニター」という機能が付います。

信頼性モニター起動画面
信頼性モニター起動画面
▲クリックで拡大
「Windowsの作動が不安定となった時、何が原因か?どのくらい問題を抱えているか?」を視覚的にチェックできます。

ちなみにこの機能、Windows Vistaの時代からあったのですね。
私、今まで全然 知りませんでした(^_^;
Windowsの安定性を一目でチェックできるので、とても便利です。

起動方法

信頼性モニター起動方法
▲クリックで拡大
「コントロールパネル」>「セキュリティとメンテナンス」の画面を開きます。
「メンテナンス」の項目の「問題レポート解決策を確認」の項目に「問題レポート」があります。

(1)をクリックするとWindowsが有効な解決策を提示してくれます。
(2) をクリックすると「信頼性モニター」が起動します。

「問題レポート」のチェック方法

信頼性モニター起動画面
信頼性モニター起動画面
▲クリックで拡大

  • グラフはWindowsの安定性を視覚化したものです。
    1~10の10段階で、数字が高いほどPCが安定している事になります。
  • それぞれの日付や「X」「!」「i」アイコンをクリックすると、エラーや情報の詳細を見る事が可能です。
    • さらに、下段の各イベントをダブルクリックすると、エラーや情報の詳細を読む事ができます。

 

問題を解決する

先ほどの画像の(1)、「メンテナンス」の「解決策の確認」をクリックします。
解決策の確認
▲クリックで拡大
Windowsが自動で問題を解決できる場合は、ここから問題解決してくれます。
残念ながら、私のPCでは「解決策は見つかりませんでした」と表示されました。

記録されるエラーのすべてを解決できる機能ではないようです。

この「信頼性モニター」は、大雑把なエラーの概要が分かるだけで、具体的な解決策は表示されません。PCに相当詳しい人でなければ、この情報を頼って解決するのは難しそうです(^_^;

安定性モニターの数値は、どれくらいあればOKなの?

あくまでも私の意見なのですが、とりあえず「5」以上の数値になっていれば、それなりに安定して使える感触があります。
「4」以下の状態が続いている場合はPCの挙動に結構不満を感じ、「6~7」まで上がっていればほぼ不満なく利用できます。

アップグレード時のドライバインストール成功可否のチェックに使える・・・かも?

とりあえず、ドライバ類が正常にインストールされているか、正常に作動しているか?の確認には利用できそうです。

Windows10にアップグレードした日の記録を表示すると、ドライバのインストール記録がズラリと並んでいました。
Windows10にアップグレードした日
▲クリックで拡大
ここで「!」マークが出ているかどうかをチェックするのも、アップグレードが上手く行ったかどうかの判断には良いと思います。

ドライバインストールに失敗した例
ドライバインストールに失敗した例
▲クリックで拡大
これは8/27にWindows10専用のドライバを入れようとした所。
失敗すると「信頼性モニター」に「!」マークが入り、上記のようなログが記録されます。

私のWindows10マシンの場合

私のWindows10マシンの場合
▲クリックで拡大
私はこのブログで、何度か「自分のWindows10マシンは比較的安定している」旨をお伝えしているのですが、「信頼性モニター」のチェックでは「安定性」は2~5の間をウロウロしているようです。
あと、8/26以降はハードウェアエラーが続出しています。
現在は「安定している」とは言い難い状況ですね(^_^;

上図の補足

  • 8/10~8/25の間は、「敢えてエラーが出るような使い方」を何度か行っています。
  • 8/25までは、大部分のデバイスをWindows7時代のドライバで動かしていました。
  • 8/26 、大部分のデバイスをWindows10用の最新ドライバに入れ替えてみました。・・・結果、PC は以前より不安定になり、「信頼性モニター」のチェックでも「ハードウェアエラー」が大発生するようになっていました( ̄▽ ̄;)

う~ん・・・。Windows10のドライバは (2015年8月の段階では) まだ全然未成熟、(高速スタートアップを無効にしておく限りは)Windows7時代のドライバを使っていた方がマシ、という事なのでしょうか(^_^;

その後の経過
私のWindows10マシンの場合
▲クリックで拡大
私のPCの場合、「無茶な使い方」をしなければ「信頼性モニター」の値は徐々に高くなっていくようです。
ただし、8/26にマザーのチップセットドライバとUSBコントローラーを更新して以降、USB3.0ハブでハードウェアエラーが発生するようになっています。
(解決方法は色々と思いつくけれど、まだ試していません)

とりあえず PCが安定している時は、変にドライバを更新しない方が良いですね( ̄▽ ̄;)



次のページへ
前のページへ
Windows10が不安定だ・・・という時のチェックに便利なWindows標準機能「信頼性モニター」
TOPページへ

コメント(多忙中のため休止中) C[0] T[0]

人気ブログランキング
このブログを応援する・このブログに寄付する
mona:MEmMcKYAWfdX1r3XkoWBoweJTSjtDgdqRo
btc :1342ndtQDJ3NKkTw1BfP8AD4xMy8NJ4kWb


広告&サイト内おすすめページ

 

関連記事(ぜんぶ見る>> Tipsや便利ツール
Windows10にしたらネットやモニタやプリンタが使えなくなった時のチェックポイント
Windows 10 の自動更新を無効(Windows Updateを手動更新のみ)にする方法
Windows7からWindows10へアップグレードしたユーザーにありがちな罠
Windows10が夜中に勝手にスリープ復帰する場合の解決法

※コメント欄の一時休止中につき、Monacoin企画も休止中です。
KDDIレンタルサーバ a8a8 KDDI-SLI
次のページへ
前のページへ

更新日 2015/09/08(2015年09月公開)このページはリンクフリーです

カテゴリ(メニュー)
このページ

Amazon

Amazon 日替わりタイムセール
サイト内検索
Special Thanks (TOP15)

Amazon
リンク集
楽天市場/ブログランキング
a8 a8