IDE→AHCI変更ツール:IDEモードでインストールしたWindowsシステムを簡単にAHCIモードに切り替えられるツール

WindowsシステムをIDEモードでインストールしちゃった後に、簡単に、かつ安全に(?)、AHCIモードに切り替える事の出来るツールの紹介

IDE→AHCI変更ツール:IDEモードでインストールしたWindowsシステムを簡単にAHCIモードに切り替えられるツール

AHCI変更ツール配布サイト
IDE→AHCI変更ツール 配布サイト

WindowsシステムをIDEモードでインストールしちゃった後に、簡単に、かつ安全(?)に、AHCIモードに切り替える事の出来るツールの紹介。

Windows Vista/7の場合はレジストリ・BIOSを手動で変更すればドライバは自動でインストールされるので、手動で変更を行ってもそんなに難しくないのですが、XPの場合はこういったツールがあると便利かもしれません。

また、同作者さんの「F6回避ツール」を利用すると、XPでもSATA,AHCI,RAIDなどのデバイスドライバを統合したWindowsのインストールCDを作成する事が出来るようです。
(F6回避ツールはVista/7では利用不可)

概要

ツール名:IDE→AHCI変更ツール
作者:blue231
対応OS:Windows7/Vista/Server2008/Server2003/XP/2000
ライセンス: Everyone'sWare
(フリーウェア、改変・再配布自由。著作者人格権は 作者に帰属、著作権は放棄)

  • IDEモードでインストールしたWindowsシステムを自動でAHCIモードに切り替えるツール。
  • AHCIドライバはユーザーが自分で用意する必要がある。
    (Vista 以降のOSの場合は、標準ドライバでも(通常は)大丈夫)
  • BIOSの変更はユーザーが手動で行う必要がある。

ダウンロード・使い方

基本的にはツールを起動後、AHCIドライバのパスを指定するだけでOK。
IDEをAHCIに変更
▲ツール起動後の画面

詳しい手順は添付のReadme.htmlにも記載されていますが
念のため、私なりの手順・注意点も記載。

  1. Windowsには、管理者権限のあるユーザーでログインしておく。
  2. 利用しているマザーボードに対応したAHCIドライバを用意する。exeタイプのものならば、7-zip等で解凍しておく。
  3. IDE→AHCI変更ツール 配布サイトからツールをダウンロード
    (64bit版・32bit版があるので間違えないように注意)
  4. IDE→AHCI変更ツールを起動、コンピューターへの変更(UAC)の許可
    1. AHCIドライバを指定し、「OK」をクリック
      (Vista/7の場合は、空欄でも標準のドライバがインストールされる)
    2. 「AHCIドライバのインストールが完了しました」と出たらOKを押しツールを終了させる
  5. Windowsを再起動し、BIOS画面を起動させる
    • BIOS画面でストレージ設定をIDEからAHCIに変更。
    • BIOSを保存・終了させ、再びWindowsを起動する
  6. Windowsが起動したら、自動でドライバがインストールされるので、もう一度再起動する。

その他、IDEからAHCIに変更する際の注意点

このツールを利用する・しないに関わらず、Windowsインストール後にIDE → AHCIに変更する場合に注意する点は以下

  1. 外付けUSB機器などは全部外しておく(Windowsの構成は必要最小限に)
    (モニタ・マウス・キーボード・LAN機器・ビデオカード・サウンドカード程度にしておく)
  2. IDEドライブの数を3つ以下にしておく
    • IDEドライブ4つ以上 / プライマリパーティション4つ以上 の場合は、何かとドライブ関連の不具合が発生しやすい。
    • HDDは1個だけにしておくのが無難。
  3. 古い(過去に別のWindowsシステムをインストールした事のある)HDDは外す。または古いMBR(マスターブートレコード)は削除/修正しておく。
    • 色々なパターンが想定されるので具体例を書くのが怖い。MBRの削除/修正は慎重に行う事。
    • 既にシステムとして利用していないのが確実なHDDの場合は、Windows上からサクっとMBRの削除が出来ると思う。
      出来ない場合やデュアルブート環境の場合は、無理にIDE → AHCI 変更しない方が良い。
    • MBRが複数存在する場合、BIOS変更後の初回起動時、正しくブートできない可能性あり。
  4. ツールの利用・regeditの利用は管理者権限を持ったユーザーで行う
  5. AsRockマザーは特殊かも・・・?
    こんなブログ見つけた: XPでAHCI AsRock 870 Extreme 3 AMD SB850
      以下(気になった部分)引用
      そのまま起動しようとするとディスクが見つからないような
      エラーメッセージがでるので
      POST画面でF11を押して BOOT DEVICEを選択
      XPの入ったHDDを選ぶ。うまく行けば起動する。

    マザーによっては、BIOSでIDE/AHCIモード変更後の初回起動時に、ブートデバイスを指定する必要があるかも。

 

サイト内関連ページ
  SATA HDDのIDEモード・AHCIモード
  IDEモードでインストールしちゃったWindows 7/VistaをAHCIモードに移行する手順



次のページへ
前のページへ
IDE→AHCI変更ツール:IDEモードでインストールしたWindowsシステムを簡単にAHCIモードに切り替えられるツール
TOPページへ

コメント(多忙中のため休止中) C[0] T[0]

人気ブログランキング
このブログを応援する・このブログに寄付する
mona:MEmMcKYAWfdX1r3XkoWBoweJTSjtDgdqRo
btc :1342ndtQDJ3NKkTw1BfP8AD4xMy8NJ4kWb


広告&サイト内おすすめページ

 

関連記事(ぜんぶ見る>> HDD・SSD | HDD・SSDのTips
SDカード専用のフォーマットソフト: SD Formatter
DOSブート可能なUSBメモリを作る手順
MydefragとDefragglerでSSDのデフラグ比較
IRSTe 導入前/後のSSDの速度比較

※コメント欄の一時休止中につき、Monacoin企画も休止中です。
ドスパラ amazon
次のページへ
前のページへ

更新日 2014/10/03(2011年08月公開)このページはリンクフリーです

カテゴリ(メニュー)
このページ

Amazon

Amazon 日替わりタイムセール
サイト内検索
Special Thanks (TOP15)

Amazon
リンク集
楽天市場/ブログランキング
a8 a8