(2010年頃のお話) Premiere elements で出力したLagarith Lossless Codec の色空間

今さらのように Adobe Premiere elements 7か9 のお話。当時出力した Lagarith Lossless Codec 動画が、何かおかしいコトに気が付いた。

Lagarith Lossless Codecなどについて。

(2010年頃のお話) Premiere elements で出力したLagarith Lossless Codec の色空間

完全に自分用の覚書ページ。
今さらの様に Adobe Premiere elements 7か9 (2009~2011年頃のバージョン) のお話です。

当時 Premiere elements で出力した動画をチェックしていると、Lagarith Lossless Codec で出力した動画がほぼすべて何かおかしいコトに気が付いた。
(再生ソフトによっては正常に再生できなかったり、彩度が異様に高かったり、読み込みエラーが出たりする。)

 

何が変なんだろう?とあれこれチェックしてみたら、
色空間の指定が変なコトになってた。
ベクトルスコープ
▲クリックで拡大
問題の動画はカラースペースが「Y」のみになっていました。

  • アプリケーション名が「Premiere Pro 5.0」となっていますが、当時使っていたのは Premiere elements 7か9のはず。
  • 右の2つは同時期に別ツールで出力した正常な (Lagarith Lossless Codecの)動画。

 

別ツール+Lagarithで出力したものは正常なので、たぶん変なのはPremiere elementsの方だと思うけど・・・・
2009~2012 年頃というと64bit版 Windows7を使い始めた頃で、当時の Lagarith Lossless Codec はバージョンアップにより64bitアプリ/32bitアプリ両方で呼び出せるものの、ツールによっては それなりに相性問題が発生していた時期。

なので、Lagarithの方に問題があった可能性もある。
あと、Lagarith Lossless Codec は2011年11月リリースの v1.3.27 で安定したのだけれど、私はかなり長いあいだ古いバージョンを使っていた筈。

 

とりあえず、この時期に Premiere elements で作った動画はちょっと注意して扱おう・・・・と思った。
という感じで、本日は自分用のメモ書き更新でしたヾ(*´Д`*)ノ



次のページへ
前のページへ
(2010年頃のお話) Premiere elements で出力したLagarith Lossless Codec の色空間
TOPページへ

コメント(多忙中のため休止中) C[0] T[0]

人気ブログランキング
このブログを応援する・このブログに寄付する
mona:MEmMcKYAWfdX1r3XkoWBoweJTSjtDgdqRo
btc :1342ndtQDJ3NKkTw1BfP8AD4xMy8NJ4kWb


サイト内おすすめページ
スポンサー リンク

 

関連記事(ぜんぶ見る>> Premiere elements
(2010年頃のお話) Premiere elements で出力したLagarith Lossless Codec の色空間
Adobe Premiere elements/Proで連番画像の読み込み
Premiere Elementsでオーバーレイや乗算処理ができるフリーのプラグイン
Adobe Premiere elements覚書き

※コメント欄の一時休止中につき、Monacoin企画も休止中です。
簡単!4ステップでふるさと納税 amazon
次のページへ
前のページへ

更新日 2016/05/11(2016年05月公開)このページはリンクフリーです

カテゴリ(メニュー)

スポンサーリンク


このページ

Amazon

Amazon 日替わりタイムセール
サイト内検索
Special Thanks (TOP15)

Amazon
リンク集
楽天市場/ブログランキング
a8 a8