このページについて

録画した地デジTSファイルをCMカットしてからmp4形式へ変換する為の手順。64bit版 Windows7に乗り換えてからの私のとっている方法。

 プライバシーポリシー / 免責事項

昨年の8月、今年の3月にも同じコト書いているけど、
新しい環境(64bit Windows7  +MEM9GB + P6T D + Core i7 + EN9600GT)になってからも、色々とその環境にベストなエンコ方法を模索中。やっぱ環境が変わる度に一番快適なエンコ方法も変わります。

ちなみに私の場合、まずエンコ速度ありき。変換速度が落ちない中で画質とファイルサイズのバランスが(個人的に優れている)と思う方法を取ってます。

以下、最近の地デジ録画ファイル(.ts)をエンコする際の手順をメモ書き。

地デジTSファイルのCMカット編集⇒mp4(MPEG-4 AVC)形式への変換手順

注:地デジをPCに録画する方法はこのページには書いていません。
色々な方法がありますが、私はMonsterTV HDUSを使っています。

ちなみに動画部分にh.264形式が使われているmp4動画は、AVC形式とか、MPEG-4 AVC方式とか呼ばれています。HD画質のものについてはAVC HDとか呼ばれています。
地デジTSファイルの動画部分はMpeg2です。

  1. 最初に別ドライブにTSファイルを移動
    フラグメント解消のため。次工程のCMカットの編集の快適さが2~3倍違う。
  2. CMカットにはMurdocCutter
    Core i7 + 32bit Windows XPとなった時に、一時的にVirtualDubModに戻ってた。
    今の環境ではMurdocCutterが楽チン。
    今の所番組途中のCMカットをやっても音ズレ、再生不能等々の現象は発生していない。
    • 同系統のツールでHDTVtoMPEG2なんてのもある。どっちを使うかは好み。
    • 前の環境ではMurdocCutterは作動が重いし音声の結合エラー出まくっていたけど、今は安定している。安定していれば工程が少ない分MurdocCutterの方が楽。
  3. DGIndexで中間ファイル作成・音声抜き取り
    DGIndexを使うのはAviSynthで読み込むための中間ファイル作成の為と、音声抜き取りのため。抜き取った音声(aac)ファイルは、「6.」の手順で無変換でそのままmp4にMUXさせる。
  4. AviSynthスクリプト
    リサイズ・逆テレシネ・ノイズリダクションはやっぱりAviSynthのお世話になっている。
    mencoder + Automenの逆テレシネ・リサイズ・NRも使い勝手はよいけれど、精度を考えるとやっぱAviSynthが良い。
    24FPS化は、MT+ITの組み合わせ。
    mt("""IT(fps = 24, ref = "TOP", blend = false)""",3,4)
    4スレッド全部使うと速度ダウン&解除残し発生。
    2~3スレッド使用。
  5. エンコにx264_x64を使用
    現時点で一番の律速はAviSynthのITとGPGPUノイズリダクションとバックエンド。
    今はエンコーダーに速度を求めるのを辞めた。
    再びh.264を利用することに。
    • AviSynth + x264_x64は、AviSynth + VirtualDub + Xvidより10%遅いけど今は気にしない事にする。さよならVFW。
  6. YambでMUX
    mp4にMUXするのはYambが便利。
    ちなみに動画部分を.mkv形式で変換しているとYambのお世話になれないので注意。

以上で完了。
サイズを960X540に縮小し、Q=22程度に指定すると12GBの地デジ録画ファイルは1.2~1.8GB程度になります。

スポンサー リンク

PC環境と動画変換速度のウチの環境での比較

  1. Athlon 64X2 + 32bit Windows XP時代
    • Mencoderでエンコが一番速かったのでAutomen使用。
    • 次点はVirtualDubMod+Xvid
    • FFMpegはどうにも遅かった。
  2. Core i7 + 32bit Windows XP時代
    • VirtualDubMod+Xvidが爆速になったので、VirtualDubMod+Xvid利用。
    • FFMpegとMencoderの変換速度が同じになった。AviSynth経由の読み込みがVirtualDubModより劣っていたのでVFW(avi形式)に戻っていた。
  3. Core i7 + 64bit Windows7時代(今)
    • AviSynthをはじめ殆どのツールが32bit Windows用のツールなので、
      AviSynth各種フィルタがXP時代より遅い。
    • Xvidは亜種含め色々試すけど32bit XP時代と同等の速度は出ない
    • h.264はツールによっては32bit XP時代と同等以上の速度が出る。
    • FFMpegとMencoderの変換速度はほぼ同じに。
    • そのうち便利なツールが出揃うと思うので、現時点では気にしない。

 

あとがき

半年ほどVFWに先祖がえりしていたけど、64bit Win7 +Xvidでは4~8スレッド全部を上手く使ってくれない。x264_x64はメインプロファイルを使っても結構速い。まだ詳細なパラメーターは確認していないけど、今は設定煮詰めなくてもいいかなって気持ち。

とゆーワケで再び録画ファイルはh.264 AVCでエンコして保存中。