このページについて

PhotoShop CC のUIを変更する方法を紹介したページ。ツールウインドウのUI編集方法、起動直後の余計なワークスペースを非表示にする手順あり。

 プライバシーポリシー / 免責事項

2015年12月1日の「Adobe CC アップデート」以降、PhotoShop CC のUIが大きく変更され、かなり使いにくくなってしまいました。このページではPhotoShop CC の UI を変更する方法をメモしています。

起動直後の余計なワークスペースを非表示にする

起動直後にこんな画面が出る。
PhotoShopの開始ワークスペース
▲クリックで拡大
「開始ワークスペース」と言うらしい。
起動したらサクっと作業に入りたいのにコイツが表示され邪魔。
とりあえず、「Ctrl+N」で新規ファイル作成可能。
「Ctrl+O」でファイル開くの可能。

非表示にする手順

ツールウインドウの配置が変わってしまった

ワークスペースの非表示方法やツールウインドウの配置の紹介はここまで。
以下はおまけです。

スポンサー リンク

その他、2015年12月1日のアップデート適用後の気に入らない所

  • 「塗り潰しツール」アイコンのデザインが「バケツを傾けているデザイン」に見えない
    • ツール使いたい時に迷う。
    • デザイン変える方法が分からない。
  • 重い!
    • CC 2014→ CC 2015 にアップデートした時から重いと感じていたけれど、今回更に重くなった。
    • 起動してから操作を受け付けてくれるまでが長い。
      Core i7 3930K + メモリ 16GB でも10~20秒待たされる。
      操作中のレスポンスも (コンマ数秒レベルだけど) 待たされる。
    • GPU利用のON/OFFや仮想メモリの設定など色々変えるけど効果なし。軽くする方法が分からない。

アップデートして良かったなあ、と思うところ

  • RAWファイルの簡易現像(Cmamera Raw 9.3) がかなりダイナミックになった
    • Cmamera Raw 9.3
      PhotoShopの開始ワークスペース
      ▲クリックで拡大
      ※左側は撮って出し、右側は(極端な)現像した後
      上は黒潰れと白飛びチェック用に愛用している、2年位前に撮った写真。
    • 以前のCmamera Rawでは、ハイライト側がここまで復旧出来なかった気がする。シャドウ側も、ノイズの量がかなり減った気がする。
      (現像後のデータを残していないので感覚的なモノ)

おまけ:UI変更時のプレスリリース

まあ、色々機能強化されてて嬉しいのだけど、デフォルトのUIはCC 2014以前が良かった。CC 2015は酷くなる一方な気がする・・・

あとがき

後はCS5/CS6時代の様にサクサク動けばそんなに文句はないのだけれど、チョット変更入るだけでPhotoShopはCS6に戻そうかなあ・・・という気持ちが沸き上がった来る位、CC 2015以降のPhotoShopはチョット微妙(^_^;

Cmamera Rawの性能アップと他のAdobeツールとの連携性があるので辛うじて CC 2015を使おうかなあ・・・という感じです(^_^;