更新履歴 [ 全て表示戻す ]
2015.12.22: Windows10で利用する場合の補足を追記

2014.11.27:古くなった情報を全面的に改訂
2007.02.14: 初出


2004年~2007年頃にかけて大変流行したツール「携帯動画変換君」を紹介したページです。動画エンコ上級者ならば、ちょっとした改造を施すことで、今でも現役で大活躍できるツールです。

携帯動画変換君 起動画面
携帯動画変換君
▲ドラッグ&ドロップするだけで、指定の形式に動画変換出来ます。
非常にお手軽に動画を変換することが可能です。

ダウンロード・ツール概要

ダウンロード: 携帯動画変換君 - MobileHackerz
対応OS: Windows 8.1/7/Vista/XP/2000
※ Windows10では作動しません。詳細は「携帯動画変換君をWindows10で無理矢理に作動させる」で解説
ライセンス: フリーソフト

主な特徴

出力プリセット選択画面
プリセット選択画面
▲用意されたプリセットや変換エンジンは、今となっては古いものばかりです。
しかし、FFMpegのコマンドが分かる人ならばちょっとした改造を施すだけで、今でも十分便利なツールとして利用できます。

インストール方法

スポンサー リンク

携帯動画変換君の使い方(セットアップと基本)

初回起動時の解説です。
まずはプリセットを指定します。
プリセットを指定
▲クリックで拡大
「Setup.exe」をダブルクリックします。
(この操作は管理者の許可が必要になります。)

プリセット選択画面が開きます
プリセット選択画面
▲目的の形式が収録されているプリセットを選択し、
[設定]をクリックします。
ここで携帯動画変換君が起動します
保存先の指定
「出力先ディレクトリ」から、動画の保存フォルダを指定して、一旦 携帯動画変換君を終了させましょう。
(セットアップでUACが反応した場合、ドラッグ&ドロップが無効になるため)

もう一度 携帯動画変換君を起動します。
携帯動画変換君を再び起動
▲クリックで拡大
「3GP_Converter.exe」が携帯動画変換君の本体です。
デスクトップやタスクバーに、手動でショートカットを作成しておくと便利です。

再起動後
携帯動画変換君
携帯動画変換君を再起動したら、更に詳細なプリセットを指定し、変換したい動画をドラッグ&ドロップすれば自動的に変換が始まります。
二度目以降の起動は、プリセットを変更しない限りセットアップは不要です。

以上が 携帯動画変換君 のセットアップ方法と簡単な使い方です。

続いて、携帯動画変換君 の改造方法の紹介です。

携帯動画変換君の改造

携帯動画変換君は、「cores」や「default_setting」フォルダ内の各種ファイルを書き換える事によって、様々な改造が可能になります。
AviSynthやFFMpegの知識がある人は、是非活用してみましょう。
(詳細は以下のリンク先、別ページで解説しています)

3GP_Converter034\coresの中身
3GP_Converter034\coresの中身
▲クリックで拡大

置き換えするファイルの例

注意: Windows10で利用したい場合

通常の手順では作動しません。プログラムが暴走し、PCにダメージを与える場合もあるので注意が必要です。

この二つが必要です。詳細は「携帯動画変換君をWindows10で無理矢理に作動させる」で解説しています。

あとがき

今となっては、携帯動画変換君はそのままではほぼ利用価値の無いものになっていますが、FFMpegのフロントエンドとして考えた場合、まだまだ有用なツールとして役立てる事が可能です。