このページについて

デジカメ「Lumix LX7」が、静止画約1万4千枚、動画撮影約10時間経過した所で、ほんの少しだけ画質劣化してるのかも・・・?と感じたため、過去の画像と比較してみました。

 プライバシーポリシー / 免責事項

2年前に購入したデジカメ「Lumix LX7」が「ほんの少しだけ画質劣化してるのかも・・・?」と感じたため、どのくらい画質劣化がおきているかをチェックしてみました。

ここまでの撮影枚数と利用状況

・試用期間2年
・静止画約1万4千枚
・動画撮影約10時間
撮影の8割は室内。撮影時以外は小まめに電源OFFで利用。

カメラを太陽に直接写す様な使い方は一切無し。
晴天の日、10時~15時の屋外撮影もほぼ無し。
500W~1KWのスポットライトを直接写すような行為はそれなりにやっている(300~500枚程度+動画4~5時間)。

このページを書いた経緯と まとめ

前回エントリーの後半に書いた内容の続きになります。
GH3と比較して、コントラストの表現力があまりに貧弱な局面に遭遇してしまったので、「もしかしたら受光素子の劣化が起きているのでは・・・?」と考えたのが、このページを書くキッカケです。

ですが、今回チェックした限りでは劣化らしきものは殆ど感じませんでした。

つまり一定の条件下では、コンデジとm4/3では 表現力 (特にコントラストやラティチュードの範囲)にかなりの違いが出るという事なのですね。
今まで気にもしませんでした(^_^;

何を心配したのか

以前、「コンデジの画像素子の寿命は2~3万枚?」ってなお話を目にしていたため、1万4千枚+10時間の動画撮影で、コンデジ素子の劣化が始まったと思い込んでしまった。

参考リンク: デジカメ、CMOSセンサーの耐久性・寿命についてメモ)

リンク先の参照先で、『「2万枚以上撮影した~」ではなく「1日○時間△△日撮影した~」の方が良かったかも』という言及がある通り、撮影枚数より通電時間が影響するのかも知れません。

超お気に入りのLX7が、これ以上 画質劣化するのはチョット許せない。
ワイド端 24mm F1.4/テレ端 90mm F2.3
動画 1280x720 120FPS可能、動画撮影時の最大ISO 6400

このスペックのLX7じゃなきゃ撮れないシーンは、一杯あるのだ。

そしてLX7は昨年生産中止になったので、しばらくすると新品を入手するのは難しくなるのだ。でも、もう一台LX7を買うというのは、チョット気が引けるのだ。現状のまま残しておきたいのだ。

スポンサー リンク

購入した当初に撮った写真と比較してみる

とりあえず、劣化が進んでいるか? のチェック。
購入当初に写した写真を何枚か取り出してきて、近い条件が再現できるモノを撮影し直してみました。
(でも全く同じ条件で撮影するの難しいです(^_^; )

※以下の写真は、クリックすると「Exif 付きの撮って出しのjpgデータ」が表示されます。各画像2~3MBのサイズとなりますのでご注意下さい。

左 購入当初(約700枚目) /右現在(約14000枚目)
約700枚目アイカップ 約14000枚目アイカップ
画角設定間違えた(爆)
24mm / SS80 / F1.4 / ISO 80
蛍光灯を換えたばかりなので 現在の方が少し明るい。
画質・色・コントラストの劣化は感じない。

左 購入当初(約700枚目) /右現在(約14000枚目)
約700枚目マウス 約14000枚目マウス
マウスだけに注目(周辺に抜け毛が写ってて恥ずかしいw)
光源は蛍光灯一つ。
24mm / SS60 / F1.4 / ISO 125
蛍光灯を換えたばかり。現在の方が少し明るい。
購入当初は昼の12時頃で、外光が少し入っている(影響は少ない)
画質・色・コントラストの劣化は感じない。
現在のデータは、左側のマウスのX印が潰れているのが気になるが、これは反射の加減だと思う。

左 購入当初(約700枚目) /右現在(約14000枚目)
約700枚目 約14000枚目
光源二つ。
24mm / SS60 / F1.4 / ISO 320
蛍光灯(右から当たっている光)は換えたばかり。現在の方が少し明るい。
正面の明かりは卓上灯。現在はかなり暗い暖色系のライトを利用。
購入当初のホワイトバランスが再現できない。
奥の壁が現在より暗く写るのが不思議(今の方が明るいはず)

劣化を感じるような所は・・・無いですよね・・・?

むりやり「劣化してるのでは?」という箇所を挙げるとすると、サプリメントを写した3枚目の写真の右下(影になっている部分)くらい。
拡大図
約14000枚目
▲クリックで原寸拡大

  • この影になっている部分が、購入当初のデータよりほんのチョットだけ、ザラついた感じになっている。
  • また この暗い部分は、蛍光灯(右から当たっている光・新調したので今の方が明るい)の間接光が当たる場所なので、現在の方が明るく写るはずだ。

 

「劣化したのかな?」と思えるのは上記2点くらい。
まあ、イチャモンレベルだ。
けど、どんだけ粗探ししても、これくらいしか「劣化」と呼べるような箇所は無い。

 

「劣化するとノイジーになる」と言う事で良いのかな?ということで少し調べてみました。

CMOSセンサーが劣化すると、画質にどういう影響があるのか?

日本語文献で適当なモノが見つからなかったので、海外情報を探ってみました。
20~30分ほど探して発見したのが以下

Sony Global - News Release - Sony develops back-illuminated CMOS image sensor, realizing high picture quality, ne

引用
However, compared to conventional front-illuminated structures, back-illuminated structures commonly causes problems such as noise, dark current, defective pixels and color mixture that lead to image degradation and also cause a decrease in the signal-to-noise ratio.
To overcome this Sony has newly developed a unique photo-diode structure and on-chip lens optimized for back-illuminated structures, that achieves a higher sensitivity of +6dB and a lower random noise of -2dB without light by reducing noise, dark current and defect pixels compared to the conventional front-illuminated structure. Additionally, Sony's advanced technologies such as high-precision alignment have addressed any color mixture problems.

CMOSセンサーが劣化してくると、(ホットピクセル増加の他に) SN比が悪化して、画質がノイジーになっていくらしい。
(SN比の参考リンク)

「ISO200で撮った筈なのに、ISO800くらいの画質に感じる・・・」とか、「ISO1600以上で撮った写真が、どんどんノイジーになっていく・・・」という感じ劣化していくのかもしれません。
以前にアキバブログの中の人がアップした比較写真も、まさにそんな感じで劣化していますね。

 

まとめ

私のLX7は、現時点では (低感度側は) 劣化はほぼ無し。
高感度側は、明るいレンズのお陰で 同じ状況を再現できる ISO800以上の写真が全然ないため、劣化の確認ができない。
一部の写真で少しだけノイジーになっている事を考えると、これから劣化が目立ってくる・・・。そういう時期に差し掛かかっているかも知れないです。

 

まだまだ使えそうだけど「新しいコンデジが欲しい」という気持ちに変化なし(笑)

これは前回更新で書いてた内容になるのですが、「新しいコンデジが欲しい」という気持ちに変化はありません(^_^;

  • GH3には撮れて、LX7には撮れない状況がある・・・と解ってしまったため、普段のお気楽スナップでも、LX7を使いたい気持ちが急激に失せた( ̄▽ ̄;)
  • でも、普段のお気楽スナップにGH3を持ち出すのはチョット億劫だ。
    ちゅうか、街中や公園にGH3持ち出すと目立ちすぎる(笑)
    LX7より高性能でコンパクトなデジカメが欲しい。
  • そんな考えを持ってしまった所に、私が欲しい機能がほぼ全部詰まってて、LX7とほぼ同じ大きさの「Lumix GM5」を発見。
  • Lumix GM5買うわー。絶対買うわー。 ←イマココ

 

新しいデジカメを買う事は私の中で決まっているものの、LX7じゃなきゃ撮れない状況もあるので、LX7を下取りに出す気は無いんだなあ。

LX7の良い所

LX7の良い所

  • ワイド端24mm F1.4、テレ端90mm F2.3
    センサー小さいとは言え、こんなに明るいレンズは他には無い。
    F1.4に助けられた局面は今まで数知れず。
  • 1cmまでの接写機能あり
    F値を小さくしたい、でも背景ボカしたくない、、、って時は小さいセンサー有利
  • 動画1280x720 120FPSモードあり
    iPhone6などでは240FPSでの撮影が出来るけど、LX7のレンズの明るさと、このFPSの組み合わせが楽しい。
  • フラッシュ内蔵
    親父が同窓会に持ち出すカメラはコンデジかつフラッシュ必須。

 

とりあえず、これ以上使い込むと劣化がはじまりそうな気もするし、Lumix LX7じゃなきゃ撮れない状況がいくつか残っているので、今後は意味も無くパシャパシャ撮るのは控え、ここぞという時だけ働いてもらうことにします。

このページの本題は以上です。以下はおまけ。

余談1

GH3の撮影枚数
 静止画・・・約7千枚
 動画撮影・・・60時間以上
LX7の撮影枚数
 静止画・・・約1万4千枚
 動画撮影・・・約10時間

たぶん、画像素子に光が当たった時間は、GH3の方が長い。
あと、晴天時の真昼間に持ち出したり、太陽を直接狙ってみたり、いろいろ無茶やってる。
でも、GH3の方はまだまだ元気。色が落ちたとか、コントラスト落ちたとか全然感じないです。というか、最近になってようやく「おお、良い雰囲気で写ってるなあ・・・」と感じる写真を撮れるようになってきました。良い写真を撮るのって難しいですねえ。。。orz

余談2

そういえば2年前、蒸気機関車C61(公園に飾ってあるヤツ)を撮りに行く時に、LX7だけを持ち出した事がありました。
で、非常に日差しの強い時間帯だった事もあり、液晶モニタのプレビューがほぼ役に立たず、「C61が黒く潰れちゃう」または「銀色なのか?と思うほど明るく撮れちゃう」の両極端な写真が量産されてしまいかなり悶絶した事があありました。。。あれは私の腕が悪い+LX7の苦手な状況での写真撮影だったのだなあ・・・としみじみと思い返しています(^_^;

以上です。