Youtubeをはじめ多くの動画サイトで、再生が2~3秒で止まってしまう場合や、再生が非常に重く、途切れ途切れになる場合の原因と解決方法を書いたページです。

多くの場合は回線の混雑が原因ですが、以下のような症状には注意です。

こんな症状に悩まされている方は、このページの内容をチェックしてみましょう。

不具合が発生しやすい操作、及びWebページ

あまり知られていませんが、YoutubeやFlashを利用した動画サイトは、複数のタブで一気に開くと不具合が発生しやすいという問題があります。

以下のようなPC操作・ブラウジングに心当たりがありませんか?
  1. ブラウザのタブを一杯開いて、動画ページを沢山表示した事がある。
  2. 動画を貼り付けたブログを一気に複数開いた事がある。
  3. 1ページに埋め込み動画が一杯のページを開いた事がある。
  4. IE、Firefox、Google Chrome、Opera、Safari等々、複数のブラウザを併用し、それらで同時に動画サイト・埋め込みサイトにアクセスする

 これ全部、Flash動画の不具合を起こす原因になります。

上記の操作を行った場合に、必ず不具合が発生する訳ではありません。しかし、これらの操作はFlashのシステムファイルやキャッシュファイルが、不用意に上書きされてしまう操作方法です。
一旦この不具合が発生すると、不具合の発生したファイルを削除するまで動画サイトは重いままになります

解決方法

以下の方法を、順番通りに全て行います

  1. インターネットキャッシュを削除する
     手順が解らない人用解説ページ -> ブラウザのキャッシュをクリアする方法
     (CClaenarGlary Utilitiesなどのシステムツールを使ってもOK)
  2. システム内のFlashフォルダを空にする 
    以下手順は、ブラウザを全て終了させた状態で行ってください。
    • Flash Player参照データを削除(Windows 8.1/7/Vistaの場合)
      コントロールパネル
      ▲クリックで拡大
      コントロールパネルから「Flash Player(32ビット)」を開く
      • 「高度な設定タブ」を開きます
        「高度な設定タブ」を開く
        ▲クリックで拡大
        ここで、[全て削除]を選択します。
      • 以下のように設定し、[データを削除]を行います。
        「高度な設定タブ」を開く
        [すべてのサイトデータおよび設定]・・・チェックを入れる
        [すべてのオーディオおよびビデオのライセンス]・・・チェックを外す
  3. Flash Player キャッシュの削除
     (XP/XP/Vista/7/8.1ほぼ共通)
    以下の二つの「Flash Player」フォルダを削除します
    1. %appdata%\Macromediaの「Flash Player」フォルダ
      • XPの場合
        C:\Documents and Settings\ユーザー名\Application Data\Macromedia\Flash Player
      • Vista/7/8.1の場合
        C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Macromedia\Flash Player
    2. %appdata%\Adobeの「Flash Player」フォルダ
      • XPの場合
        C:\Documents and Settings\ユーザー名\Application Data\Adobe\Flash Player
      • Vista/7/8.1の場合
        C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Adobe\Flash Player
    補足画像
    • XPの場合
      YouTubeが見れない問題XP編
      ▲クリックで拡大
      Vista/7/8.1の場合
      YouTubeが見れない問題7/Vista編
      ▲クリックで拡大
      ※ユーザー名
      の所は各自のPCで異なります。
  4. PCを再起動させる。
    手順2ではシステムフォルダ内を変更しています。
    フォルダ削除後は必ずPCを再起動させましょう。

PC内のFlashファイルに不具合が生じている場合は、上記3つの手順を行う事で、YouTubeなど動画サイトが正常に再生出来るようになります。

予防方法

  • 動画視聴サイトを複数のタブで同時に開かない。
  • 1ページに動画を複数埋め込んだサイトには注意する。
  • 複数のブラウザを利用している場合は、
      1. それぞれのブラウザで動画サイトへ同時アクセスしないようにする。
      2. 動画サイト視聴に利用するブラウザは固定する。
  • 定期的にキャッシュページの削除を行う。(CCleanerが便利です。)
  • Flashフォルダも定期的に掃除を行う(便利なツールなし。手動で行う)

 

この問題は、必ず発生するわけではない

上でも書きましたが、このFlash Playerの不具合は、「複数の動画ページを同時に開いたら必ず発生する」、という訳では無いようです。

とりあえず
  ・1ページに3~4個程度の埋め込み動画を再生
  ・3~4個のタブを同時に開いて再生
上記程度では、問題が発生する事は少ないようです。

しかし
  ・1ページに10個前後の埋め込み動画がある場合
  ・5~6個動画ページを別タブで同時に開く
  ・複数のブラウザで、別の動画ページに同時にアクセスする
これらの場合は、かなりの確率でこの問題が発生します。
「読みたいページのリンクを一気にクリック」して、「複数のタブを同時に起動する癖のある人」は注意しましょう。

また、サイト・ブログを運営する側の人も、1ページにあまりに沢山の動画を埋め込まないように注意したほうが良さそうです。問題が出て悩んでいる人の多くは、解決できずに困っています。

参考リンク

このページで紹介した手順は、Adobeの以下のリンクでも確認できます。
ゲーム、ビデオ、オーディオが正しく動作しない場合の対処方法(Windows 版 Flash Player)

このページの内容は以上です。

 

  「Youtube (HTML5動画)が見れない、再生できない場合の対処方法
  「ネット動画(Flash動画)が見れない、再生できない場合の対処方法
  へ戻る