Windows8では、(ソフトウェアによっては)電源オプション[高パフォーマンス]と[バランス][省電力]では、各種ベンチマークにかなりの差が出るというお話を聞き、また実際にそれを検証されてる方々もいらっしゃるようなので、ウチのPC環境でもテスト。

以下URLに触発された感じ。
 ・Windows8の動画能力に愕然 - 録画人間の末路
 ・Windows8でCPUがパフォーマンスを発揮しきれない??? - 自作PCの道楽
  ▲どちらもWin8+電源パフォーマンスで、ベンチ結果がえらく落ちている模様。

テスト環境

  • Windows7(Professional)
     Cドライブ:SATA3(450MB/s)
  • Windows8 (RTM 版)
     Windows to Go環境。
     Cドライブ:USB3.0 (180MB/s)
  • ベンチ中は、セキュリティ対策ソフトは無効にした。
  • 電源オプション設定を変更するたび、念のため再起動を行った。
注意:
ウチのPCはKP41回避のため、BIOSをかなり弄っています。
 ・Vcore
 ・CPU Voltage Frequency
 ・DRAM Frequency
など、本来は負荷に応じて可変する項目を、全て固定しています。(設定の詳細

テストに用いたソフト

 ・AviSynth 2.58 + h.264(Simple x264 Launcher)
    データ:1440x1080 Mpeg2-TSデータ(約9分)
 ・CINEBENCH R11.5
いずれも5~6回テストを行い、(明らかに変な数値が出たものを除いた残りの)平均値を掲載。(時々大きな誤差を含んだ結果が出るため、それを回避)

結果(文章)

  • やはりWindows8のほうが、若干遅くなる感じ。
  • 電源オプションの違いによる大きな差は発生しなかった。
    (ただし私のPC環境はBIOS上であらゆる電圧・周波数を固定している。ちょっと特殊な環境。)
  • Windows8のOpenGLベンチは、電源オプションの設定によりかなりの差が発生した。 

結果(データ)

電源オプションWindows7Windows8
h264 変換(リサイズなし)高パフォーマンス58.7452.70▲10.3%
 単位fpsバランス58.7052.67▲10.4%
省電力58.6152.73▲10.0%
Mitigate.bat58.7452.73▲10.2%
h264 変換(1280x720)高パフォーマンス86.0879.34▲9.2%
 単位fpsバランス85.9379.30▲9.2%
省電力86.0679.08▲9.2%
Mitigate.bat85.7479.24▲7.6%
CINEBENCH (OpenGL)高パフォーマンス58.9657.42▲3.6%
 単位fpsバランス58.9457.38▲2.6%
省電力58.9456.11▲4.8%
Mitigate.bat58.9457.40▲2.6%
CINEBENCH (CPU)高パフォーマンス10.0610.00▲0.6%
 単位ptsバランス10.0310.03なし
省電力9.9810.04↑0.6%
Mitigate.bat10.0510.04▲0.1%
※ Mitigate.bat ・・・kp41 workaroundに掲載されているバッチ。
 電源オプションの隠し項目(DCアダプタ設定)を無効にするためのファイル。

 これに関する情報は「KP41解消バッチ(Mitigate.bat)を試してみる」で紹介。

 

電源オプションによる違いが発生したのは(Windows8+OpenGL)のみ。
残りの検証結果は誤差範囲、違いなしとみて良いかな。

ちなみに AviSynth 2.58 + h.264のベンチはWin8CP時代にも比較していて、この時の差は3~5%ほどだった。今回のテストはto Go環境(USB3.0ストレージにアクセス)しているため、前回より大き目の差が開いたのかもしれない。

結果(画像)

Windows7-高パフォーマンス Windows7-Windows8-省電力 Windows8-高パフォーマンス Windows8-省電力 
▲クリックで拡大
左上から順に
 ・Windows7-高パフォーマンス
 ・Windows7-省電力
 ・Windows8-高パフォーマンス
 ・Windows8-省電力

 

その他(CPU使用率)

AviSynth 2.58 + h.264(Simple x264 Launcher)のテストの際、
  Windows7・・・・CPU使用率:80~100%
  Windows8・・・・CPU使用率:常に100%
明らかにWindows8の方がCPU負荷が高い。ただし負荷時のCPU温度は変わらず。
マルチスレッドを上手く使えるソフトならば、Windows8は化けそうな気配はありますねえ。

その他2 (オーバークロック耐性)

1~2日の検証では違いは見つけられず。多分同じ。
Windows7時代にセッティングしたOC設定をそのまま利用可能。

引用(録画人間の末路さんより)

リクエストがありましたので、電源設定を「高パフォーマンス」に切り替えてみました。するとTVMW5で

1時間57分20秒

という、Windows7(バランス)のときよりもやや高速な結果が出ました。このモードにするとクロックが低負荷状態でも4GHzからほとんど下がらず、ほぼ常時高クロック状態で動きます。どうやらWindows8は「バランス」のときのクロック落としをWindows7より大きめにやっているみたいです。

Windows8の動画能力に愕然 - 録画人間の末路 より

 

あとがき

Windows8は、タブレットやノートPCにかなり最適化されたOSなので、(電源オプション:高パフォーマンス以外では)Cでベンチマークが落ちてしまうのは仕方が無い事なんじゃないかなあ、と思う次第。

ちなみに自作PCの道楽さんのPC環境でも、Vcore固定したら[Win8+電源:省電力]でもベンチの低下がかなり防げた模様です。

Windows8のデスクトップPCで、性能をフルに発揮させたい場合は、[電源オプション:高パフォーマンス]に設定、もしくはBIOS からVcoreなどを固定しておくのが無難みたい。
それ以外の場合は、「PCが省エネになった」と喜んでおくしか無いのかも。