無料アップグレードしたWindows10の パーツ変更、再認証、ライセンスの扱いについて

無料アップグレードを行った Windows 10 のライセンス形態や、再認証に関する情報を扱ったページです。ある程度の条件がありますが、再認証は可能なようです。

windows10,無料アップグレード,電話再認証などについて。

無料アップグレードしたWindows10の パーツ変更、再認証、ライセンスの扱いについて

2016.09.27: 「Anniversary Update以降のライセンスの扱い」が誤解を生みそうな表現だったので修正
2016.08.23: ページ構成を変更。
Anniversary Update以降のライセンスの扱いを追記
2016.06.23~30: Anniversary Update以降のライセンス認証について追記
2016.06.15:「てきとうなぶろぐ」さんの情報を追加
2016.06.05: Windows10 Home → Pro (Microsoftストア利用時)を追加
2016.01.19: 全面改訂&改装中

Windows10のライセンス認証に関する情報を扱ったページです。
2016年8月、ページ構成を変更しました。Anniversary Update以降のライセンスに関連する情報を先頭に配置し、TH1/TH2時代の情報を後ろに移動しています。

はじめに

このページは基本的に リンク紹介のみです。認証手順の解説はありません。
TH1/TH2時代の情報はページ後半に移動しています。

Anniversary Update以降のライセンスの扱い

ライセンスをMicrosoftアカウントに紐付けておけば、ライセンスの移動やパーツ交換時のライセンス認証ができるようになりました。
Anniversary Update以降も、Microsoftアカウントに紐付けせずローカルアカウントで運用することも可能ですが、この場合はライセンスの移動やパーツ交換時の再認証はできないようです。

また、アカウントの移動や再認証にはいろいろと複雑な手順が必要な感じですが、古いPCのライセンスを新しいPCへ移行することも可能なようです。
※無償アップグレードしたPCの場合、どこまでパーツ交換できるかについては未確認。

検証された方のリンク
  • 価格.com - 『Windows 10 1607 の新機能ライセンスの移動を試してみた』 マイクロソフト OSソフトのクチコミ掲示板
    • 以下のインストールで無事ライセンスが認証できているようです。
      • 「Windows 10 無料アップグレード済み環境のHDDを交換」 →「Windows 10 1607 をクリーンインストール」可能
      • 「新しいパソコン」→「Windows 10 1607 を新規インストール」可能
      • 必要に応じて、ローカルアカウントによるログオンに戻すこともできる
      • 注意
        • ライセンス移動する前にそのPCでMicrosoftアカウントでログオンするのが重要。
        • ローカルアカウントの状態で使っていたPCが壊れた場合、そのアカウントを別PCに移す事は出来ないので注意。
      • 注意その2
        • リンク先では「新パソコン」の方には「無料アップグレード済み環境」の一言が無い。
        • ライセンスが DSP版、パッケージ版、無償アップグレード版、IP版へ早期参加したテスターへの無償版、どれなのか不明
        • あくまでもVMware上での検証

私は、自作PCのアカウント認証では以前と同じような「点数ルール」と「90~120日ルール」が適用されると予想していましたが・・・・大はずれだったみたいです。
Microsoftは方針を変更して (再認証を行いたい場合は) 完全にアカウント紐付きにしたみたいですねえ。
しかし、なんだか随分複雑な移行方法です(^_^;

2016年7月以前に「Anniversary Update以降のライセンス認証」について書かれた情報

  • Windows 10新プレビューでハード構成変更に関わる認証問題を改善
    • ライセンス認証の仕組みが変わる。
      以下、部分的に引用
      Windows 10 IP Build 14371で「Activation Troubleshooter」という機能が追加。
      デジタルライセンスがMicrosoftアカウントと紐付くようになった。
      PCのハードウェア構成を変更した場合も、アクティベーショントラブルシューター経由でOSのデジタルライセンスを再アクティベートできる。
    • 上リンクでは無償アップグレードに関して一切触れていないので注意。Anniversary Update以降も、(個人的には) 無償アップグレード版はパーツ交換に何らかの制限はあると思っている。
  • Windows 10次期大型アップデートにギリギリで加わった「自作PC」向け新機能
    • 例えばWindows 7/8.1からの無料アップグレードでWindows 10を導入しているユーザーは、ハードウェア構成変更後の再インストールでOSのライセンス認証が通らなくなるといった問題に自ら対処できるようになる。内蔵パーツを入れ替えることの多い自作PCユーザーやPC中上級者にとっては、地味ながらうれしい強化ポイントだ
    • こちらのリンクでは無償アップグレードにも言及あり。
      ライセンス認証にユーザー自らが対処できるようになる感じ。
      どこまでのパーツ交換が認められるかは記事からは分からない。

 

Anniversary Updateでライセンスの認証方法が変更されるキッカケとなった問題

  • MobileHackerz再起動日記: 絶対にWindowsストアでWindows 10 Home→Proへのアップグレードをしてはいけない
    • 「おおざっぱなまとめ」部分の転載
      ストアからProへアップグレードすると、パーツひとつ交換しただけでアップグレードが無効となり1万4000円が消えてなくなります。そしてこれはそういう仕様でそういうライセンスです。
      Cドライブを交換、OSクリーンインストールでライセンスが外れている。
      ※その後、このMSサポートの対応(失効として取り扱うこと)は誤っていたという回答を貰っている模様。
       まだ最終的な回答は貰えていないようです。
    • この問題は前項「Anniversary Update (RedStone)以降のライセンス認証について」のような変更が入るキッカケとなりました。

 

 

RS1 (Anniversary Update ) の情報はここまで。
以下、TH1~TH2時代 (2015年8月.~2016年7月) の情報

TH1~TH2時代の情報

書きかけの暫定版です。現在はリンク紹介のみにとどめています。
改訂版の完成時期未定。

以下、無償アップグレードしたWindows10のライセンスに関するリンク。
引用部分の赤字および太字修飾は当サイトの編集。
「パーツ交換」と「ライセンスを別PCに移行」は別問題であることに注意。
リンク先の内容については各自で判断。

Microsoft: ライセンス再認証はできない、と読めるページ

Microsoft: ちょっとあいまいな表現のページ

  • Windows 10 FAQ - マイクロソフト 
    リンク先下段の「アップグレードした後で、Windows 10 を再インストールすることはできますか。」の項目
    • 引用 
      はい、できます。無料アップグレードを使用してWindows 10 にアップグレードした後、同じデバイスに再インストール(クリーンインストールを含む)できます。同じハードウェアで再度ライセンス認証を行う際は、プロダクト キーは必要ありません。ハードウェアに大きな変更を加えた場合は、カスタマーサポートに連絡してライセンス認証に関するサポートを受けなければならない場合があります。USB ドライブや DVD など、ご自分のインストールメディアを作成して、デバイスのアップグレードやアップグレード後の再インストールに使用することもできます。

Microsoft: 条件付きながら、ライセンス再認証ができる可能性が書かれたページ

  • アップグレード後に Windows 10 を再インストールできますか?-マイクロソフトコミュニティ
    • きぬあさ氏の報告を転載

      無償アップグレード期間が過ぎた後のハードウェア変更によるライセンス認証について、Answer Deskに問い合わせてみました(参考記事:[Windows 10]アップグレード後にハードウェア構成を変更したらライセンス認証はどうなるの?)。

      その結果、無償アップグレード期間が過ぎた場合であっても、修理故障等でやむを得ずハードウェア構成を変更した場合(不可抗力で構成を変更せざるを得ない場合)には、下記窓口に連絡することでライセンス認証を行うことができる、とのことでした。

       

      ------------------------------
      セットアップ窓口

      0120-54-2244

      自動音声ガイド:1→3→1→2 (※このガイド番号は既に変更されたものと思われる)
      平日:9:00~18:00
      土日:10:00~17:00
      ------------------------------

      ただし、パーツのグレードアップ等意図的にハードウェア構成を変更した場合には上記の限りではなく、OSを購入する必要があるようです。


      従いまして、無償アップグレード期間後に故障によるパーツ変更でライセンス認証が求められた場合には、一度上記サポート窓口に連絡されるのが良いかと思います。

他サイト情報 (過去のアプグレ版と同等なパーツ交換できるよ情報)

  • Windows10無償アップグレード版がパーツ構成変更後に再認証できない話はウソ -てきとうなぶろぐ
    一部引用
    • 「とくにパーツの交換部品の違いでライセンスの認証を拒否することはない」
    • 「無償アップグレード版のWindows10について、再ライセンス認証の回数の制限はなく、パーツの交換をしたからと、パーツ交換の回数によってライセンスの認証の拒否をすることもない」
    • 「画面に出てくるエラーコードが重要で、エラーコードの内容によって審査している」
    • 「基本的にユーザーの申告を全面的に信頼してライセンス認証の手続きを行う」
  • マイクロソフトアンサーデスク窓口への電話する方法や、電話対応時の詳細が書いてあり貴重。しかし結構めんどうくさい。

他サイト情報 (条件はあるけど再認証できるよ情報)

パーツ交換時のライセンス認証切れについての検証

他サイト情報: クリーンインストールの検証



次のページへ
前のページへ
無料アップグレードしたWindows10の パーツ変更、再認証、ライセンスの扱いについて
TOPページへ

コメント(多忙中のため休止中) C[54] T[0]

人気ブログランキング
このブログを応援する・このブログに寄付する
mona:MEmMcKYAWfdX1r3XkoWBoweJTSjtDgdqRo
btc :1342ndtQDJ3NKkTw1BfP8AD4xMy8NJ4kWb


広告&サイト内おすすめページ

 

関連記事(ぜんぶ見る>> インストール
無料アップグレードしたWindows10の パーツ変更、再認証、ライセンスの扱いについて
Windows10から7/8.1に戻す時に失敗する原因7つ
Windows10にアップグレードした後、元のOSに戻す方法
Windows10へのアップグレードに失敗しないための注意事項やチェックポイント

※コメント欄の一時休止中につき、Monacoin企画も休止中です。
簡単!4ステップでふるさと納税 a8
次のページへ
前のページへ

更新日 2016/09/27(2015年08月公開)このページはリンクフリーです

カテゴリ(メニュー)
このページ

Amazon

Amazon 日替わりタイムセール
サイト内検索
Special Thanks (TOP15)

Amazon
リンク集
楽天市場/ブログランキング
a8 a8