CRYSTALIDEA

SpeedyFoxは、Firefoxのプロファイルを最適化し、高速化してくれるフリーソフト。わずか450kbの小さなプログラムで、インストール不要。操作も実行後ワンクリックだけと超お手軽ツール。

 

Firefoxは長期間使用したり大量のプラグインを導入していると、データーベースが肥大化・断片化して作動速度が落ちてきます。

公式サイトによると

などの効果があるとの事。

SpeedyFoxは断片化したデータベースの最適化を行い、インストールしたての頃のようなキビキビした動きを復活させてくれます。

SpeedyFox

配布元:CRYSTALIDEA Software
ダウンロードURL:SpeedyFox | CRYSTALIDEA Software
ライセンス:フリーソフト
対応OS:Windows 2000/XP/Vista/7 (64bit Windows7で作動確認)
(間もなくMac版も登場と記載があるけど、実は1年くらい「soon」のまま)

SpeedyFoxの使い方

現バージョンのSpeedyFoxは、インストール不要。
そして、実質ワンクリックでFirefoxの高速化が可能です。

まずは上記URLでSpeedyFoxをダウンロード。

speedyfox
▲「speedyfox.exe」という実行ファイルが現れます。
Firefoxを終了させてから、こいつをダブルクリック。

UAC
▲Vista/7ではUAC(ユーザーアカウントコントロール)が反応します。「実行」をクリックしてコンピューターへの変更を許可してやります。

SpeedyFoxの操作
▲まずは上部赤枠に現在使用しているプロファイルが指定されているか確認。
(普通に使っていればdefaultと表示されている。変更しなくて良い。)
次に下赤枠のSpeed Up My Firefox!をクリック。

最適化中
▲Firefoxの最適化がスタートします。

Firefoxの状態によりますが、最適化には数分~30分程度の時間が必要(酷い状態のときは1時間前後かかるようです。)緑のプログレスバーが右端まで進めば最適化完了。
Firefoxを起動してみると、体感出来るほど高速化しているのが確認できます。

あとがき

Firefoxのデーターベースを最適化する事により高速化を行うツールは、以前SQLite Optimizerというものを紹介していますので、比較を載せておきます。

SQLite Optimizer
激しく(20%以上)断片化が起きているデータベースを選んで最適化。最適化はそれなりに短時間で終わる。
最初にインストール&設定が必要だが、Firefoxを終了する度に自動で最適化チェック。

SpeedyFox
断片化が起きているデータベース全てを最適化している感じ。最適化に時間がかかる。
設定いらず。ワンクリックで最適化可能。だけど手動操作。

 

最適化後のFirefoxのキビキビさはSpeedyFoxの方がやや上かな?という感じ。
(ほぼ変わらないレベルだけど)

また、最近ではCCleanerにもFirefoxのデーターベース最適化オプションが加わっているので、定期的にPCメンテナンスを行っている人は効果が出ないかも知れません。
ccleaner
▲CCleanerのFirefox最適化オプション。

「Firefox初心者で、まだ難しい事は出来ないよ」って方は今回紹介するSpeedyFoxが良いかと思います。そうでない方はどれでも好きな一つを選んでおけば良いと思います。