Premiere Pro CS5 → CCで戸惑ったポイント

Premiere Pro CCの体験版を2週間ほど弄り倒した時点での戸惑ったポイントの箇条書きです。

Premiere Pro,CC,CS5,違いなどについて。

Premiere Pro CS5 → CCで戸惑ったポイント

2014.12.23修正: スマホ向けサイト向けの表示調整

前回更新の続きです。
Adobe CS5環境からCreative Cloud‎への移行を検討中です。

私の場合、Adobe CCへの移行は「Premiere Proがどれだけ進化しているか・・・?」がキーポイントになるのですが、チェックした感じでは進化の具合が微妙な感じで、迷っています(^_^;

以下、Premiere Pro CCの体験版を2週間ほど弄り倒した時点での戸惑ったポイントの箇条書きです。

Premiere Pro CS5 → CCで戸惑ったポイント

  • UIが大幅に変更されている
    • UIのカスタマイズはかなり柔軟に変更できるので、CS5のUIに近くなるよう変更した。まあ、戸惑ったけど問題ない
  • 私の「環境固有の音ズレ問題」と相性が悪い・・・
    • 私の場合、手持ち機材の関係で長編動画では音ズレが発生する
      • ビデオ・・・GH1/GH2/GH3などで録画
        音声 ・・・DR-07MkIIで録音
      • DR-07MkIIの録音素材は、100.01%早回ししないとGH1/2/3の動画とシンクロしない。(この件の過去記事1/2)
      • 今回試した素材でも、やはり同様の音ズレが発生。
        しかし、以前対処した方法では音ズレが直らない。
    • 何をどう頑張っても音ズレが解消しないのは何故なのだろう?と疑問に思っていたら・・・
      • Premiere Pro CCのタイムライン上で音声の再生速度を100.01%に指定しても、Dolby Digital形式で出力する時は再生速度100.01%の指定が無視されているのが原因だった。
      • 過去に悪戦苦闘した経験が災いして、原因が分かるまでに2日以上悩んだ。何なんだこの仕様。
    • 仕方が無いのでSoundEngine Freeで前処理を行う。再生時間を「99.99%」に圧縮変換してPremiere Pro CCに読み込ませて対応させた。
    • 結構面倒な問題だけど、まあ、、、ツールの挙動と対処方法が分かれば良いか('Α`)
  • 音声の波形表示が変わっている
    • ちょっと長くなったので後日 別ページで解説
  • Dolby Digital形式で出力すると、音量が小さくなる
    • ちょっと長くなったので後日 別ページで解説
  • プレビュー中のシークが重い(レスポンスが悪い)
    • 私の中で未解決。今の所、これが一番の問題となっている。
      CS5 と比較して、(時々だけど)死ぬほどレスポンスが悪くなっている。
    • 素材として良く利用するのはAVCHDかMpeg2のフルHD素材。
    • 基本的にプレビューは CS5 と同等か、やや軽い。
    • しかし、何かのキッカケでタイムライン上をシークした時、プレビューが表示されるまでに10~20秒待たされる。
      • 1時間以上または16GB以上のAVCHD素材をタイムラインに置いた場合によく発生する。
      • しかし、「実メモリやページファイルの容量以上の動画を登録したから、とかキャッシュに利用しているHDDの容量が足りなくなったから発生する・・・」というわけでも無さそう。
        • 発生しない時は、全然発生しない。
        • 30GBの動画を編集してもスムーズに表示される場合あり
        • 逆に500MB程度のMpeg2素材でもシークが止まる場合もある。
        • Windowsのページファイルを30~40GBに増やしても発生する(CドライブはSSD)
      • キャッシュの生成が終了しても反応が良くなるわけではない。
      • タイムライン上に無編集状態の動画を置いただけでも、プレビューの反応が悪い時がある。
      • 「GPUアクセラレーション」の「有効無効」を切り替えたり、「レンダリングの最適化」を「メモリ/パフォーマンス」で切り替えても、変化はない。
      • CS5では、こんな現象は一度も発生しなかった。
      • 現時点での対策
        タイムライン全体を見通した粗組みはCS5で行う。微調整段階に入ったらCC版を使う。
  • Mpeg2 のエンコード結果が、CS5と若干の違いがある
    • 素材にシャープネスを掛け、Mpeg2で出力する際、エッジの処理に若干の違和感を確認した。
    • どうやら、デコード時(再生時)に大きな補正がかかっている感じ。Premiereのエンコード処理は関係ないかも。
      • 高ビットレート(例:Blu-ray(Mpeg2)で35Mbps以上)の場合、Premiereのプレビュー画面では発生していないオーバーシュートが発生してしまう。
      • 低ビットレートで出力した場合、画像がボケやすく、高ビットレートの場合はエッジが尖りやすい。
      • 同一素材でDVDとBlu-rayDiscを作成する場合、シャープネス処理が同一のままだと
         ・Blu-ray(30~35Mbps)・・・オーバーシュート発生
         ・DVD(4Mbps以下)・・・細部がつぶれて眠い絵
        という状況が発生する。
      • という事で動画を補正する際、(最終出力を高ビットレートにする場合のみ)シャープネスの処理はCS5を利用していた頃の半分程度にしておかなければならない。
    • 最近はエッジ補正処理の付いたデコーダーが多いのかもしれん。しばらくの間は気を付けて動画出力する事にしよう。
    • 色々文句を書いているけれど、これは私が素材加工にシャープネスをかけ過ぎなのが悪いのだと思う(^_^;
  • Encore がない・・・!?
    • 体験版のダウンロードリストにEncoreが存在しない。
    • しかしPremiere Proバージョン比較・履歴のページにEncoreは存在している。
    • どうやって入手するんだ?それとも廃止されたのか?
      • どうやらCS6を最後に、DVD/Blu-rayオーサリングツールEncoreはラインナップから外されてしまったらしい?
      • これからは光学メディアの時代ではない、という事なのだろうか?
      • 進化を期待するソフトでもないし、手元にCS5のEncoreがあるので十分といえば十分か。。。

まとめ

Premiere Pro CC、出来は良いのだけどお金を出して乗り換えるにはチョット微妙。7:3くらいの割合でCC版への移行に傾いているけれど、イマイチ踏ん切りが付かない。

試用期間ギリギリまで試してみて、Premiere Proのプレビューのシークを改善する方法が見つかればCCへ移行しようかなあ、という感じです。



次のページへ
前のページへ
Premiere Pro CS5 → CCで戸惑ったポイント
TOPページへ

コメント(多忙中のため休止中) C[0] T[0]

人気ブログランキング
このブログを応援する・このブログに寄付する
mona:MEmMcKYAWfdX1r3XkoWBoweJTSjtDgdqRo
btc :1342ndtQDJ3NKkTw1BfP8AD4xMy8NJ4kWb


サイト内おすすめページ
スポンサー リンク

 

関連記事(ぜんぶ見る>> Premiere Pro CC
Premiere Pro / After Effects を使ってコマ送り再生のような効果を作る
Premiere Pro の タイムリマップを使う
こんな事でもPremiere Proがよく落ちる('Α`)
我流Tips:RGBで編集してしまい色が飽和した動画をPremiere Proでざっくり復元

※コメント欄の一時休止中につき、Monacoin企画も休止中です。
簡単!4ステップでふるさと納税 a8
次のページへ
前のページへ

更新日 2014/12/23(2014年11月公開)このページはリンクフリーです

カテゴリ(メニュー)

スポンサーリンク


このページ

Amazon

Amazon 日替わりタイムセール
サイト内検索
Special Thanks (TOP15)

Amazon
リンク集
楽天市場/ブログランキング
a8 a8