このページについて

地デジチューナーHDUS、メーカー推奨スペックの約半分でも十分働いてくれます。コマ落ちも録画ドロップもありません。

 プライバシーポリシー / 免責事項

メインPCを故障・修理に出して5日。録画もエンコも出来ない環境が続いて、ついに禁断症状が出てきました(爆)
2~3日は全然平気だったのですが、録画しそこねた番組が5本、6本と増えて行く事でストレスMAXに。HDDの空きが30GBしか無いサブのノートPCに録画環境を設置しちゃいました。

PenM1.6G+HDUS+TVtest
▲オーバーレイ表示なためスクリーンショットは真っ黒。でもちゃんと映ってるよ!

使用PCの主な環境
CPU:Pentium M 1.6GHz
メモリ:512MB
GPU:Intel 915GM Express

ちなみにHDUSの推奨環境は
CPU:Intel Core 2Duoプロセッサ E4300/T7100以上、
    AMD Athlon64X2 3800+以上
メモリ:1GB以上(2GB以上推奨)

推奨環境の約半分のスペックですが、TVtest+TVRockで十分働いてくれます。
(TV視聴は50%縮小表示、30FPS再生でCPU使用率70~80%。コマ落ちしない。
 フルHD表示とか60FPS再生はさすがに無理。)

録画中にPCで余計な操作しなければドロップゼロです。
プレビューを切れば、録画中でも ある程度はPCで別作業しても大丈夫そう(しないのが無難だけど)

でも4時間録画したらHDDほぼパンパン。CPU貧弱でエンコも出来ない、常にCPUFAN全開で快適とは程遠いのですが、ギリギリ視聴も録画もOKなレベルです。

録画専用PCを用意する場合に、かなりの低スペック省エネPCで大丈夫なのが実感できただけでも収穫としておきます。

ちなみに、久々にx86機にHDUS改造ドライバを導入してみたら、以前書いたHDUS改造ドライバ導入方法(Windows7 x64)の応用では上手く作動しない事に気がついた。
明日ちょっくら修正しておきます。