このページについて

引き続きGoPro HERO3 BlackEditionの新ファームの安定作動検証を行っています。やはり前バージョンと比較して、格段に安定度が上がっています。

 プライバシーポリシー / 免責事項

前回更新から、引き続きGoPro HERO3 BlackEditionの新ファーム(3.03.02.37:2013/04/04公開) の安定作動検証を行っています。

やはり前バージョンと比較して、格段に安定度が上がっていますねえ。
撮り直しが効く場合ならば、USB給電でGoProAPP +高負荷撮影モードもチャレンジしてみても良さそうだなあ・・・って所まで安定してきてます。
(給電無しでGoProAPP +高負荷撮影モードは試していません)

先にまとめ

検証内容

内容:以前のファームではまともに撮影できなかったモードの検証

撮影条件
 ・GoProAPP: 有効
 ・Protune: 有効
 ・画質: 2.7K 30fps または1080P 60fps
 ・給電: USB 2.1Aまたは1.5A給電
 ・ハウジング: ネイキッドフレーム

45Mbps(約5.6MB/s)の高負荷高画質モード。

利用したmicroSDカード
 ・64GB Sandisk UHS-I Class10
 ・32GB KingMAX SDHC Class10

どちらもかなり使い込んでいて、書き込み速度劣化あり。特にSanDisk 64GB品はGoPro HERO3 BE(旧ファーム)だとエラー連発。

検証結果の詳細
注意:以下のテストは旧ファームでマトモに録画できなかったSDカードと撮影条件。
microSDカードカードの状態Wi-Fi給電画質撮影時間録画停止時の状況
64GB Sandisk既に劣化したカードGoPro
APP
2.1A2.7K50分バッテリー切れた。
手動停止
64GB Sandisk既に劣化したカードGoPro
APP
2.1A2.7K27分エラー停止
64GB Sandisk既に劣化したカードGoPro
APP
2.1A2.7K2時間21分エラー停止
64GB Sandisk既に劣化したカードGoPro
APP
2.1A1080P
60fps
2時間46分エラー停止
64GB Sandisk既に劣化したカードなし1.5A1080P
60fps
3時間4分FULL 正常終了
(注:正常終了したのは1回だけ。
基本的にエラーの出るカード)
32GB KingMAX多少劣化、ほぼ正常GoPro
APP
2.1A2.7K1時間33分FULL 正常終了
32GB KingMAX多少劣化、ほぼ正常GoPro
APP
1.5A2.7K1時間28分エラー停止
残り5分31秒
32GB KingMAX多少劣化、ほぼ正常GoPro
APP
2.1A1080P
60fps
1時間28分エラー停止
残り5分31秒
32GB KingMAX多少劣化、ほぼ正常GoPro
APP
1.5A1080P
60fps
1時間28分エラー停止
残り5分31秒
32GB KingMAX多少劣化、ほぼ正常なし1.5A1080P
60fps
1時間28分エラー停止
残り5分31秒
スポンサー リンク

検証時に気付いた事のメモ

  • 「既に劣化したカード」は、旧ファームだと20~30%の確率で撮影開始4~5秒でエラーストップしてた。新ファームでは全く発生せず。
  • 今の所、録画停止は「カードの書き込み速度不足」が原因と考えている。新ファームでは「電力不足」は発生していないように感じる。
  • 1.5A、2.1A給電、どちらもそれなりに安定してる。
  • 「劣化し部分的に書き込み速度が5MB/sを下回るカード」を使っても、殆どエラーが出る事はなくなった。
  • GoProAPP利用 / Wi-Fiリモコン利用 / Wi-Fi無効 この3条件で安定度が変わらなくなった。
  • 発熱の度合いは、録画のたびにまちまち。レンズ付近を手で触れないレベルになる時もあれば、30~60秒くらいは触っていられる熱さにとどまる場合もあり。何の条件で発熱が酷くなるのかワカラン。

データFULLまで書き込めた回数は少ないけれど、まあ何とかなりそうなレベル。
(勿体無くて検証に使っていないけど)新品SDカードならエラー皆無になりそうな気配。

検証中にSDカードの劣化進行?

この検証の途中から、KingMAX 32GBカードが、残り約5分(約2GB)で必ずエラーを吐くようになってしまった。

上の表の一部(同じデータ)
microSDカードカードの状態Wi-Fi給電画質撮影時間録画停止時の状況
32GB KingMAX多少劣化、ほぼ正常GoPro
APP
2.1A2.7K1時間33分FULL 正常終了
32GB KingMAX多少劣化、ほぼ正常GoPro
APP
1.5A2.7K1時間28分エラー停止
残り5分31秒
32GB KingMAX多少劣化、ほぼ正常GoPro
APP
2.1A1080P
60fps
1時間28分エラー停止
残り5分31秒
32GB KingMAX多少劣化、ほぼ正常GoPro
APP
1.5A1080P
60fps
1時間28分エラー停止
残り5分31秒
32GB KingMAX多少劣化、ほぼ正常なし1.5A1080P
60fps
1時間28分エラー停止
残り5分31秒

32GBカードが、GoProAPP長時間撮影テストの2回目以降、全く同じタイミングで録画停止するようになった。

Wi-Fiを無効(今まで無事最後まで録画できていたモード)にしても失敗する。
カードが劣化しちゃったか。。。

エラーの原因

(いつものことながら)完全に予想なんだけど、エラーの原因は、(1.5A以上のUSB給電してれば)もう給電不足は関係なくSDカードの速度不足に絞って良いんじゃないだろうか。

テストに利用したmicroSDカード(KingMax 32GB)
測定に利用したツール:HD Tune Pro
フォーマット直後
32GBのSDカードフォーマット直後
▲クリックで拡大
1ヶ月ほど前のテスト時と比較して、ほんの少しだけ劣化してるかな?
この程度の速度が出ていれば、45Mbpsモードでもエラーは出ない感じ。

残り2GBまで書き込んだ後(必ずエラーが出る辺り)
32GBのSDカード残り2GB
▲クリックで拡大
最低速度2.5MB/sあたりでウロウロする事が多くなっている。
メモリの残量少なくなると、書き込み速度は不安定になるんだねえ。
そして40~50回書き込み後は、これくらい劣化するんだねえ。
さすがにここまで速度が落ちていると、45Mbps(5.6MB/s)で録画するのは無理っぽい。この状態から録画すると、新ファームでも7~8割の確率で4~5秒ストップが発生する。

と云う事で、安物(特に高耐性を謳っていない)製品の場合
  • SDカードの (Class10の書き込み速度的な意味合いの)寿命は、(カードの品質によるけれど)全体書き込み30~40回前後前後かなあ?
  • もしくは高温 (70~80℃?)な環境に100時間前後晒すあたりかな?

てな感じに考える事にしよう。

その他:Sandisk 64GBカードの劣化や突然死について

過去ページ「GoPro Hero3でmicroSDXC 64GBカード(UHS-1) が録画失敗しちゃう理由」に追記いれました。
コメント欄で頂いた情報や他サイトの情報などから推測すると、突然死はSDカードのフォーマットまたはカード抜き差しの時などに発生するかもしれません。

あとがき

「撮り直しのきかない一発勝負でサブカメラ無し」な状況で使うのはまだ怖いけど、チョットでも余裕がある時は2.7Kや1080p 60fpsも安心して使える状態にはなった気がする。

そして撮り直しが効く場合ならば、USB給電でGoProAPP +高負荷撮影モードもチャレンジしてみても良さそうだなあ・・・って所まで安定してきてます。