このページは
  「Windows で Youtube (HTML5動画) が見れない、再生できない場合の対処方法
  「ネット動画(Flash動画)が見れない、再生できない場合の対処方法
  の一部です

Flash Playerのアップデートはこまめに行っているはずなのに、Youtubeなど動画視聴サイトでよくトラブルが発生する人のためページです。注意事項などがまとめてあります。

不意のトラブルに遭わない為に、また万一トラブルに遭遇した場合のための項目です。
太字部分だけをサラッと読むだけでかまいません。
もし思い当たる節があったらリンク先を読んでみると良いでしょう。

 

ブラウザ・OSの言語を日本語以外に変更した事はありませんか?

ブラウザの言語をチェックする
海外の動画サイトを視聴するため・海外ツールを利用するため、ブラウザやOSの言語を日本語以外に設定していると、FlashPlayerのアップデート時に不具合が出る場合があります。

 

ブラウザのタブを一気に開く使い方をしてませんか?
また、複数のブラウザを同時に使っていませんか?

動画サイトを複数タブで一気に開くとFlash Playerが壊れる場合がある
やっている人が多いと思いますが、この操作が意外とトラブルの元になります。

 

ブラウザの「セキュリティレベル」は初期設定のままですか?

調子が悪くなった・起動しなくなったIEの設定を初期化して元通りにする方法
▲上記リンクの手順1 「セキュリティレベルのチェック 」をチェックする。
ブラウザのセキュリティは初期値で利用し、外部のセキュリティツールでPCを守るほうがトラブルは少ないです。 その際に、「ポップアップブロック」機能だけはブラウザに任せるようにしましょう → ポップアップ ブロックの設定に頭を悩ます時代は終了したっぽい。

 

IEをスクリプト無効にして再起動

IEの調子がちょっとだけ悪い時は、スクリプトを一旦無効にして再起動させる
IEのスクリプトを一旦無効にして再起動させる小技も効果的です。
そのままでは不便なので、再起動後は有効に戻しておきましょう。

 

PCのユーザー設定を初期化する

調子が悪いWindowsを数分でサクッと安定させちゃう裏技
どうにもならない場合は、Windowsのユーザープロファイルを初期化するのも一つの方法です。

 

  「WindowsでYoutube(HTML5動画)が見れない、再生できない場合の対処方法
  「ネット動画(Flash動画)が見れない、再生できない場合の対処方法
  へ戻る