2015年10月2日から10月9日のドコかのタイミングで、Premiere Pro CC 2015で音声ファイルをタイムラインに取り込めなくなってしまった。

完全解決はしていないものの、民間療法的な対処方法を見つけたのでメモ書き。
正直なところ、今のPremiere Pro CC 2015はバグ持ちだと思う。。。

症状

Premiere Pro CC 2015で「音声付きの動画ファイル」をタイムラインに登録すると、音声トラックが何もない状態になる。
Premiere Pro CC 2015で音が出ない
▲クリックで拡大

音声のみのファイル(mp3,aac,ac3など)は正常にタイムラインに登録できるし、音も正常に鳴る。動画と音声をMUXしたファイルのみ、正常にタイムラインに登録できない状態。

応急処置的な対処方法

「複数のファイル」を同時にタイムラインにドラッグすればOK。
Premiere Pro CC 2015で音が出ない
▲クリックで拡大
「動画と一緒にドラッグ&ドロップするファイル」は、画像、音声、別の動画、なんでもOK。

はっきり言って、偶然見つけた。操作ミスって二つのファイルをタイムラインに同時乗せしたら音声が乗ったのでビックリした。

 

現時点の Premiere Pro CC 2015は明らかにおかしい

当初は 動画ファイルが壊れているか、Premiere Proのオーディオ設定やコーデック類の設定が変になっているか・・・などなど色々疑ったけれど、ドコもおかしくなかった。こんなんPremiere Pro CC 2015のバグじゃないですか('Α`)

読み込めないファイル、読み込めるファイル

  • 音声を読み込めない動画ファイル
    • avi、TS、M2TS、mp4、mov、wmvなど、ほぼすべての動画
      • XP時代、Windows7時代、Windows10時代に作成した動画、すべて読み込めない。
      • Premiere Pro CC 2015で書き出した動画の音声も読み込めない。
      • デジカメ(GH4/GM5/LX7)などで撮影した動画の音声も読み込めない。
      • 動画の音声フォーマットは、wav、AC-3、mp3、AACなど、色々変えるものの読み込めない。
  • 音声を読み込める動画ファイル
    以下2種類の動画形式のみ、音声ファイルを登録できた。
    • 音声が「AAC 5.1ch」なTSファイル
    • 音声が「AAC デュアルモノラル」 なTSファイル
      • 上記2点だけ、通常操作でも Premiere Pro CC 2015のタイムラインに音声が表示された。
    • ※DVDなどの 「AC3 5.1ch音声」は読み込めない。
    • ※TSファイルでも「AAC 通常のステレオ音声」は読み込めない。

どうやら、「音声が複数のファイル」扱いになっている場合は Premiere Pro CC 2015のタイムラインに音声が登録される模様。

いつから発生しているか?

2015年10月2日から10月9日のドコかのタイミングで発生している。

  • 2015年6月
    • CC2015にアップグレード。
      Windows7時代。
      音声関連に何のトラブルも発生していなかった。
  • 8月初旬
    • Windows10へアップグレード。
      軽い作動チェックしかしなかったが、音声関連に何のトラブルも発生していなかった。
  • 9月
    • Premiere Proを使う機会はほとんどなし。
      利用しても、音声付きの動画の編集はしていない。
  • 10月1日~2日にかけては、音声部分も問題なく読み込めたのは確か。
    • 10月1日に「GH4のV-Log撮影機能」が公開されており、その当日にV-Log動画のグレーディングして遊んだ時は(ほぼ)問題なかった。
    • ただしこの時、「FHD動画は10回に1回、音声ファイルが取り込めない」、「4K Vlog撮影のデータはかなりの確率で音声が取り込めない」・・・といった感じで、今回のトラブルの初期症状のような感じは出ていた。
  • 音声付き動画を取り込んだ日
    • 10月1日~2日 (10本前後)ほぼ問題なし
    • 10月10~11日 (4本) 音声 全く読み込めない。
  • 現在、某所で発表する動画を鋭意制作中のため、9月20日頃から本日まで、毎日Premiere Proを利用中。
    • ただし基本的に音声は別で編集しているため、このトラブルがいつから発生しているのかは、正確には掴めていない。

効果の無かった対処方法

以下のような一般的な対処方法は効果が無かった。

不具合発生のキッカケになりそうなPC操作

問題が発生する前後にインストールしたプログラムや更新パッチを列挙してみます。

  • 9月22日
    KB3087040の更新失敗。手動更新
  • 9月23日
    KB3087040が自動更新される
  • 9月24日
    「Windows10 + RADEON R9 280X環境」に Catalyst 14.4 をインストール。(Lyra2REv2 採掘検証のため)
  • 9月28日
    Windows Updateの自動更新にて、「Radeon R9 200 / HD 7900 Seriesドライバー」が適用されてしまう。
  • 9月29日
    Catalystのバージョンを14.4から15.2に戻す。
    (Driver Fusionを使って古いドライバ完全削除)
  • 9月30日
    Adobe Air のアップデート
  • 10月1日
    KB3093266の自動更新
  • 10月2日
    KB3087040の更新(2回目)
  • 10月3日
    FireFox、Drop Boxの自動アップデート
    KB3087040の更新(3回目)
  • 10月5日
    Adobe Acrobat DCのインストール
  • 10月7日~9日
    Adobe CCのアップデート (Lightroom、Photohop、Premiere Proなど)
  • 10月10日~11日
    問題発生を確認。
    Catalystドライバのインストールやり直し。
    コーデック類、スプリッター類の再設定。
  • 10月12日
    Premiere Proの再インストール

リストを元にした チェックポイント

  • 真っ先にCatalystドライバ、コーデック類、スプリッター類、Premiere Proの設定などを疑ったが、効果は無かった。
  • 10月5~8日を境に、MPC-HC、MPC-BE、Firefoxなどが一気に不調になっている。
    1. KB3087040(3回目)、KB3093266
    2. Adobe Acrobat DC
    3. 10月7日~9日のAdobe CCのアップデート

私の勝手な判断だけど、この3つ全てが怪しい。

あとがき

  • とりあえず、ネット検索してみると「Premiere Pro CC で音声ファイルが取り込めなくなる」現象は、昔から発生しやすい問題である事が分かった。
  • しかし何年も前(以前のバージョン)から発生する問題なのに、Adobe コミュニティやFAQ内に有効な対処方法は記載されていない感じ。
  • 今回自分で見つけた応急処置的な対処方法もAdobeのコミュニティサイトには情報皆無。

いずれにせよ、Adobe CC 2015はダメダメだ。
Premiere Pro も Photoshop も Illustrator も、2015にアップグレードしてからとても使いにくい。そして微妙に不具合連発する。