このページについて

Microsoftのサイト内で公開されている「Windows Updateに時間がかかる問題」に関する資料および解決方法を紹介。

 プライバシーポリシー / 免責事項
更新履歴 [ 全て表示戻す ]
2016.02.25: 今月分の情報反映(KB3135445)

2016.01.26: KB3112343に注意事項追記(ただし未検証情報)


サイト内「Windows7のWindows Updateが終わらない、遅い、進まない問題の解決方法」のページがゴチャゴチャしてきたので、Microsoftから公開されている資料および解決方法をこちらのページに移動。

※2015年4月以降、Windows7にて継続的に発生している問題についての資料です。
(Windowsシステムに異常が無い場合でも発生する問題)

最新情報

2017年5月17日時点、Windows Update Client の最新版は KB4019265 に含まれています。
※以下、ページ内で最新と表記している KB3112343 は既に古いので注意。

ざっくり解説

2015年4月以降に発生している「Windows Updateに時間がかかる問題」に関するMicrosoftの資料で、現在有効と考えられる情報は以下の二つです。

 

以下、もう少し詳しく紹介。

Microsoftの対処方法1

修正プログラム ( Hotfix ) を適用すると時間がかかる場合の対処方法について-Ask CORE - Site Home - TechNet Blogs

リンク先の大雑把な解説

スポンサー リンク

Microsoftの対処方法2

(この項目はWindows7 SP1用の情報)
Windows Update Client の更新で問題が解消(というか緩和)する。
2016年1月時点では、 KB3112343 を先に手動でダウンロード&インストールする。
※毎月更新されるので、1か月以上古いファイルでは(あまり)意味はない。

  • 最新版をチェックできるURL
    System Center Configuration Manager クライアントが更新プログラムのスキャンに失敗する現象について- TechNet Blogs
    • リンク先の補足
      WSUS ・・・・ 「Windows Server Update Services」の略。Microsoft社が提供する更新プログラム適用制御用のサーバ・アプリケーション。
      内容もUpdate サービスを管理している企業の管理者向け。

  • 企業の管理者向けでかなり難しい内容ですが、ページ下段に更新の確認に時間がかかる問題を解決する更新パッチ(Windows Update Client )のダウンロードリンクがあります。
    ダウンロードリンクはこの辺
    ▲クリックで拡大
    Windows Update Client は定期的に更新されるので、上のリンクを定期的にチェックするのが良いかと思われます。
    ちなみに2016年1月現在の最新版は KB3112343 です。
    • KB3112343について
    • 通常のWindows Updateでも配信されているものです。
    • Windows Update Agent のバージョンアップも行います。
    • 不要な更新プログラムの承認ステータスを「拒否済み」に変更し、更新プログラムのスキャン対象を整理します。
    • ※注意
      Windows10へのアップグレードを促す仕掛けが入っています。
      (こちらの手順でブロック可能)
  • リンク先で述べられている原因(引用)

    本事象は Configuration Manager クライアントがスキャン結果を報告する際に、WSUS 上で「拒否済み」以外の更新プログラムをスキャン対象とすることに起因しております。 

    大量の更新プログラムがある場合、Configuration Manager に報告されるデータが大きくなり、RPCがデータを報告するのに用いる共有セクションを割り当てることができなくなります。これは、Windows Update Agent をホストしている、svchost プロセスの全体的なメモリ使用量が極めて高くなることによって、利用可能なメモリが不足する、または必要な大きさの連続したメモリブロックが存在しなくなるために発生いたします。

    Windows 7 32 bit 端末のみでこの問題が発生するのは、Windows 7 64 bit 端末と比べて、仮想アドレス空間として用意されるアドレスの範囲が非常に小さいためです。

  • リンク先の原因と解決方法を要約
     ・更新プログラムのスキャンに大量のメモリが必要なため。
     ・上記原因は 2015年4月~8月、主にWindows7で発生した問題。
     ・現在も発生している模様。
     ・Windows Update Clientを定期的に更新する事で解消する。
     (サーバー側とクライアント側でデータに不整合が起きやすくなっている、という事なのだろうか・・・?)
  • KB3112343の注意事項
    KB3112343適用後は、速やかにWindows Updateを行い、最新の状態にしておく
    • 例えばWindows Server Update Services (2016年1月現在はKB3112343) だけをインストールし、その他の更新を適用しない場合、管理者権限の操作が出来なくなる等の問題が発生する?)

まとめ

「最新のWindows Update Clientの導入」と「ディスククリーンアップ」の二つを実行し、「Windows Updateの不要ファイル」を「削除およびスキャン対象外」とする事で、この問題を緩和する事が可能。

Windows Updateがなかなか始まらなかったり、更新に非常に時間がかかる場合は、まずは上記2点を試してみましょう。
それでも効果が無い場合は、「Windows7のWindows Updateが終わらない、遅い、進まない問題の解決方法」←こちらのページの内容(の後半部分)を試してみましょう。

余談: 現在のWindows7の問題

上の Microsoft の 2 リンクの内容をまとめてみると、
「Windows Updateが進まない問題」の多くは、「既に適用済みのセキュリティ更新プログラム等に含まれるファイル「全て」について、再評価を行っているために発生している」もののようです。

そして毎月の様に Windows Update Client を更新しなければならない事を考えると、これは根本的には解決できない問題となっている、と思われます。

 

このページの情報は 以上です。