このページについて

壊れたHDDのあの音、「カッコンカッコン」がどのように鳴っているかを、バッチリ撮影した動画をningendesuさんがYoutubeにアップされました。

 プライバシーポリシー / 免責事項
更新履歴 [ 全て表示戻す ]
2017.09.21: 文末にAKIBA PCさんのリンク追加

初出~2013.03.25: 紹介ブログさんの移転、閉鎖、その他 Youtube動画の消失等で数回の修正
2011.03.09: 初出


カッコンカッコン

 ブログ「まっしろ。」(現在閉鎖中)のningendesuさんが、壊れたHDDを分解し、フタを開けた状態で通電、ディスクが高速回転している様子をYoutubeにアップしていらっしゃいます。

 

HDDを分解してみた

そしてその動画には、壊れたHDDのあの音、「カッコンカッコン」がどのように鳴っているかが、バッチリ映っています。このトラブルに遭遇した方で、カッコンカッコン音の正体が解らなかった方はご覧になってはいかがでしょうか。

HDDを壊した経験のある人には、かなり恐怖を感じる音です。。。

https://www.youtube.com/watch?v=alCWNeBMiPI
リンク切れ

他の方がアップしている同系の動画
https://youtu.be/YfXP6JdwW1I
https://youtu.be/R233wEAKCCs

音の正体は、ピッカーが限度を超えて内周まで激しくスキャンし、回転軸に衝突する音みたいです。ピッカーってこんなに激しく動くんですね(^_^)

ちなみに私はこの動画を見るまでは、あの音は「ディスクが急激に回転を始める」>「急に止まる」または「ディスクに微妙な凹凸が出来て、ピッカーとディスクがぶつかる音」だと思っていました(^_^; ディスクに磁気的にエラーが発生し、データの保存場所が解らなくなり、ピッカーが右往左往しだすと発生するんですねー。

それから、ningendesuさんによると「風がすごい」らしいです。
毎分5000~10000回転ってのは扇風機やスクリューみたいな羽根がついていなくても、かなりの風が発生するようです。

注意

マネして分解したい方は十分注意しましょう。高速回転してる内部の円盤は凶器です。
JoJo1部 波紋カッター並みの威力があります。 毎分7000回転の円盤が急に飛び出すと死ねます。

追記:正常に動いているHDDの中身

正常に稼動しているHDD撮影した動画も見つけたので、ついで貼り。
データを激しく読み込み中の「ガガガガガ・・・」って音も、ピッカーの動く音なんですね。

想像以上の速さでシークしています。
はっきり言って毎秒30フレームの動画では、その速度を全然追い切れていません。
こんなに激しい動きをしているのに滅多に壊れなくなった最近のHDD。やっぱ凄いわ。

スポンサー リンク

さらに追記

この「カッコン」という音は、なぜ鳴っているのか?

  • 「長持ちするHDD選び」から「徐々に進行するHDDの病」まで、データ復旧のプロにHDDの神髄を聞いてきた - AKIBA PC Hotline!
    HDD番長
    AKIBA PC の特集記事。

    ――HDDで壊れやすいところというと、ヘッドとかモーターかと思っていたのですが、そうではないんですね。


    [浦口氏]皆さん同様に思われるようで、ヘッドクラッシュという言葉もありますが、ヘッドは、ユーザーとプラッタの間で情報を受け渡す仲介役にしかすぎないんですね。命令を送ったにも関わらず、届け先や受け取り先がないという状態になると、ヘッドは真面目に命令に従って動こうとして、可動範囲を超えてストッパーにあたり、特有のカコンという音がする。こうした状態をヘッドの暴走と呼んでいますが、暴走を繰り返すことで、メカに負荷がかかります。今はヘッドが4本とか8本とか入っていますが、一度に壊れることはなく、4本のうちの1本、8本であれば1~2本がおかしくなることがありますが、プラッタ側の異常が原因となっていることが多いですね。

    などなど、読み応え十分です。