※追記
Adobe Premiere Pro の、「GoPro CineForm Codecのサポート」はCC以降との事です。CS5やCS6でGoPro CineForm Codecを利用すると、以下のような現象が発生します。

以前紹介したGopro Cineform Codecについて。
このコーデックは、圧縮率・再生負荷・画質等々で非常にバランスが取れているんだけど・・・・なぜか  Premiere Pro CS5で出力すると画像におかしな横縞模様が入ったり、色情報がタテ4ピクセル毎になったりする。。。

サンプル画像その1

サンプル画像その1
▲クリックで拡大(300%拡大)
ライブステージを撮影。マゼンタのスポットを浴びている人の髪の毛。

Premiere Pro CS5で編集、Gopro Cineform Codecで出力した時だけ、インターレス設定時のような横縞が入ってる。エンコーダーやシーケンスの設定を変えても消えない。

サンプル画像その2

サンプル画像その2
▲クリックで拡大(300%拡大)
輝度が同じで、色情報のみが異なる画像。

Gopro Cineform CodecはYV12コーデックなので、縦横共に2ピクセル毎にいろ情報を持つ筈なんだけど、色情報がタテヨコ共に4ピクセル毎になっているような気が・・・。これもエンコーダーやシーケンスの設定を変えても消えない。

さらに1280x720サイズで出力する時だけ顕著に発生する。720x480や1920x1080では、上記のような症状は発生しない感じ?
あと、入力がAVI(RGB/YUYY2/YV12)やMpegファイルの時も発生しない。mp4やmtsファイルの時だけ発生する。何なんだこれ?

エンコード設定も反映されていない感じ

Premiere Pro CS5での出力時、Gopro Cineform Codecを指定すると、画質を変更しても出力ファイルの画質・容量共に変化が無い。インターレース設定またはGopro Cineform Codecの3D出力設定が上手く変更出来ていない気がする。

Gopro Cineform Codecの設定画面
▲Premiere Pro CS5上からでは、ダイアログの変更は有効になっていない感じ?

色々発生条件や解消方法を探るけど、ある一定のファイルと出力サイズでのみ発生します・・・orz

あとがき

中間ファイル出力用として Lagarith lossless の代用になるような優れたコーデックだと思ったんだけどなあ。このままじゃMpeg2 40~60Mbpsの方が全然高画質で再生負荷もファイルサイズも優れていますわ。。。。
一番期待した使い方で、ちょっと残念な結果になっちゃいました。アップデートで修正されないかなあ。