コメント欄にて情報頂きました。
Windowsのトランザクションログに異常が発生すると、
 ・Windows Updateに失敗する
 ・システム復元に失敗する
 ・Windowsバックアップできない

等々、様々な所で不具合が発生する場合があるようです。

主に、Windows Vistaと7で発生します。
ちょっと特殊なPC環境で発生する問題かもしれません。

CドライブのSMART値をチェックしても異常がない、sfc /scannow を実行しても異常が見つからない、または直らない・・・という場合は、イベントビューアでトランザクションログにエラーが発生していないか調べてみましょう。

エラーのチェック方法

[コンピュータの管理]や[イベントビューアー]を起動します。
管理イベントのエラーを確認
▲クリックで拡大
管理イベントのエラーに、トランザクション関連の項目が表示されていないか確認します。

ここで、「イベントID 137」「タスクのカテゴリ(2)」「ボリュームC:*****のトランザクションリソースマネージャで再試行できないエラーが発生し、****できませんでした。」などと言うエラーが出ている場合は、トランザクションログのリセットが必要になります。

トランザクションログのリセット方法

  1. 管理者でコマンドプロンプトを起動
  2. 「fsutil resource setautoreset true c:\」
    と入力(c:\はエラーの出ているドライブを指定)
    fsutil resource setautoreset true c:\ 実行
    ▲クリックで拡大
    正常に終了した場合、上記の様になります。
  3. 正常に終了した事を確認したら、PCを再起動する

Windows Update エラー 8007000bとメッセージが出る場合も、同様の手順が必要

Microsoft参考リンク
Windows Update エラー 8007000b
このように、Windows Update時にエラーメッセージが出る場合もあります。
この場合も「fsutil resource setautoreset true c:\」で直ります。

バックアップが出来なくなってしまった場合の例

バックアップができなくなってしまいました。
「fsutil resource setautoreset true c:\」および
UACの一時無効化で解消。

RAIDを組んでいる場合の注意点

Microsoft参考リンク
エラー コード 0xC00000BB の NTFS イベント ID 137 が記録される 2 つのハードウェア RAID ボリュームが繰り返しマウントで、マウント解除します。

  • RAIDボリュームでは、何らかのエラーが発生した後に、NTFSトランザクションが機能しなくなる場合があります。
  • プライマリボリュームは、セカンダリボリュームより先にマウントさせる必要があります。

仮想PCの場合の注意点

VMware等の仮想PCの場合、(スナップショットを有効にしていると)このエラーは頻発する可能性があります。

参考リンク
 VMware KB: Creating a quiesced snapshot of a Windows virtual machine generates Event IDs 50, 57, 137, 140, or 12289

VMwareでスナップショットを有効にしている場合は、特に発生しやすい現象のようです。これは(スナップショット作成時に)ストレージを二重に認識してしまう事が原因のようで、特に気にするエラーでは無い模様です。