Windows10上では「携帯動画変換君」が全然作動しなくなっている事に今さらのように気が付き、なんとか作動するようアレコレと頑張ってみたのでメモ。

結果、なんとか作動するようになりました\(^o^)/
携帯動画変換君をWindows10で作動させる
▲クリックで拡大
携帯動画変換君がWindows10上で作動している図。

以下、携帯動画変換君の改造が必須です。
デフォルトの変換設定などは全て削除する事が前提となります。

携帯動画変換君をWindows10上で動かすには

以下リストの全部を行う。

  • 3GP_Converter034\cores」フォルダ内の変更
    • avscheck.exe
      削除する、または「avscheck.exe-old」などにリネームする
    • AddiTunes.exe
      削除する、または「AddiTunes.exe-old」などにリネームする
    • ffmpeg.exe
      新しいバージョンに入れ替える
      ※Windows用にビルドされたFFMpeg は「お気に入りの動画を携帯で見よう」さんなどが配布しています。
  • 3GP_Converter034\default_setting」フォルダ内の変更
    • 変換設定ファイルである「*.ini ファイル」を全て削除する。
    • 自分で新しく *.ini ファイルを 作成する

やる事は以上。
以下、補足的な資料。

注意: 携帯動画変換君をそのまま起動すると・・・

上記の改造を行わないまま、
Windows10上で携帯動画変換君を「素の状態」で起動させるのは、かなり危険です。

  • 「互換モード」をWindows XPや7にしても効果なし。
  • ffmpeg.exe または avscheck.exe が暴走する。
  • タスクマネージャーから終了させる事が出来ない。
  • 大量のメモリリークが発生する。
  • やがてメモリ不足に陥り、Windows 自体が応答不能になる。
  • そうなる前に急いでPCを再起動またはシャットダウンする。

暴走時の対処を間違えるとシステムが破損する危険があります。

トラブル対処中のスクリーンショット

avscheck.exeが暴走している所
avscheck.exeが暴走している所
▲クリックで拡大
avscheck.exeが無限増殖しているのが分かります。
タスクマネージャーからの終了も出来ません。
「やっちゃった!」と感じたらスグにPCを再起動させましょう。

モタモタしていると、メモリ不足になります。
モタモタしていると、メモリ不足になります。
▲クリックで拡大
このエラーメッセージが出る当たりまでは、Windowsの再起動などで停止出来ます。私のPC環境ではこの後、モニタのブラックアウトが発生し、ハード側のリセットボタンも効かなくなりました。
HDDアクセスランプ点滅中にコンセント引っこ抜き(超危険技)で再起動しました。(幸いな事にシステムに深刻なダメージは無かった)

FFMpegが暴走している所
Technical Preview版はWindows10ではない
▲クリックで拡大
こちらは結構 凶悪で、数秒~十数秒でシステムが応答不能になりました。
こちらもモニタのブラックアウトが発生し、ハード側のリセットボタンも効かない状態。HDDアクセスランプ点滅中にコンセント引っこ抜きで復帰。(幸いな事にシステムに深刻なダメージは無かった)

おまけ: 入れ替えるFFmpegは、ちょっと古くてもOK

古いFFmpeg (2009年頃)と、当時の携帯動画変換君用の*.iniファイルが残してあったのでテストし、Windows10上でも無事作動する事を確認しました。

FFmpegのスクリーンショット
Technical Preview版はWindows10ではない
▲クリックで拡大
FFMpegのバージョンは SVN-r17160

あとがき

昨年11月頃 Windows 10のTP版でテストした時は問題なく作動していたので油断していました。今日までWindows10上でも正常に作動すると思っていました orz
どの時点から作動しなくなったのかなあ・・・?
ウインドウのカラーが変わったIP時代あたりからかなあ・・・?

本日の更新は以上です。