DVDAuthorGUI-Jと云うフリーソフトの紹介。

私も色々なフリーソフトを使用しているが、出会った時にこれ程衝撃を受けたフリーソフトは無い。ソレ位欲しくて堪らない機能満載のフリーソフトです。

▼配布サイトはコチラ
フリーソフト,DVDオーサリング
字幕入りDVDを作っちゃおう!

で、このDVDAuthorGUI-Jと云うフリーソフト、
何をするフリーソフトかと言うと、「動画をDVDにオーサリングするソフト」です。
公式サイトのヘルプページを、またはこのサイト内の以下ページ

を参考に使い方を覚えてください。

 

オーサリングとは

文字や画像、音声など複数の素材を組み合わせ、編集・統合して、1つのコンテンツにまとめることで、DVDオーサリングとは、その名の通り、メインとなる動画部分の他、タイトル、メニュー、字幕、副音声、チャプタ等々をまとめDVD形式にまとめ上げる事である。

という事で、念の為に先に書きますが、このフリーソフトは「あらかじめ持っている動画」からDVDを作るためのソフトです。DVDをコピーしたり、動画をエンコするソフトではありません。

 

DVDAuthorGUI-Jの何が凄いのか?

DVDオーサリングソフトは、市販でも色々売っているし、パソコン買ったり、DVD-Rドライブを買ったりすればバンドル品が付いて来るのだが、これらは圧倒的に自由度が少ない。

タイトル画面は、ほぼ固定された数種類のプリセットから選ぶほか無かったり、メニューのジャンプの順番や方法に制限があったりで、市販の映画のDVDみたいなタイトルはまず作れないのだ。

ところが!DVDAuthorGUI-Jというこのフリーソフトは、
○メニュー画面、タイトル画面を何個も作れる
○メニューからのジャンプ先を自由に設定できる
○自分で字幕を設定する事も可能
○つまり、DVDセット→動画1再生→メニュー表示→本編動画再生等々、
  市販のDVDタイトルのような凝った演出可能。
  と云うか、その気になれば市販品DVDのクオリティは楽勝で作れる。
○それ以外にも「オーサリングソフトはコレ出来なきゃダメだろ」って機能
  は大抵搭載されている

なのである。市販のDVDオーサリングソフトを見渡しても、これだけ高機能なモノは恐らく2万円以下では見つからないんじゃないだろうか。

DVDAuthorGUI-Jの欠点

まぁ、フリーソフトなんで、欠点を挙げる事自体作者の方に失礼なんですが。。。
使ってみての感想
○オーサリング時間が長い →他のオーサリングツールに比べ、1.5倍位
  オーサリング時間がかかる。エラーは殆ど出ないので実害ありません。
○エンコードツールが付属していない →つまり、自分でDVDに準拠した
  Mpeg2に前もってエンコードしておく必要があります。
  私はCinema Craft Encoder Basicを使いますので、全く問題なし。
  逆に、勝手に変な画質設定で再エンコされないので嬉しい限り。
○操作がちょっと難しい →ほんのチョットです(^_^;
  操作感で文句を言う人はフリーソフト使う資格は無いと思ってます
  何でも出来る分、市販ソフトの様にポンポンポンっと3~4回クリックして
  DVDが完成しました!なんてワケには行きません。
○使用できる音声が.mp2(mpeg1 layer2)および.ac3のみ。
  LPCMも追加して欲しいなぁ~とか思っていましたが、現在は携帯動画変
  換君でac3音声が楽にキレイに作れるようになったので問題無くなった。
○タイトルメニューにプリセット等用意されているわけじゃないので、イチから
  自分で作らなければならない。
  まぁ、私の場合イチから自分で作りたかったから、このフリーソフトが気に
  入ったワケです。

敢えて欠点と書いてますが、私にとっては、この短所も魅力になっています

 

自分でオリジナルのDVDを焼くんだけど、今使っているオーサリングソフトじゃ物足りない!って人は是非使ってみてください。ぶっ飛びますよ。

DVDAuthorGUIの使い方・関連ページなど

以下リンク先で使い方の詳細や、Windows7で利用する際のTipsなどを書いています