このページについて

Windowsでレジストリの編集ができない場合の対処方法です。該当するレジストリキーの所有者とアクセス許可を変更する必要があります。

 プライバシーポリシー / 免責事項

レジストリキーのアクセス許可を変更する方法

Windowsのレジストリを編集する際、

などのエラーが発生する場合の対処方法の紹介です。

これらのメッセージが出てレジストリの編集ができない場合、該当するレジストリキーの所有者を変更し、アクセス許可を与えてやる必要があります。

※ここでは例として、「HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{679f85cb-0220-4080-b29b-5540cc05aab6}\ShellFolder」のアクセス権を変更しています。

アクセス権の変更手順

練習したいキーを右クリックします
アクセス権の変更方法
▲クリックで拡大
「アクセス許可」をクリックします。

以下の画面が開きます
アクセス許可/詳細設定
▲クリックで拡大
「詳細設定」を開きます

「セキュリティの詳細設定」が開きます。
セキュリティの詳細設定
▲クリックで拡大
「変更」をクリックします

「ユーザーまたはグループの選択」画面
ユーザーまたはグループの選択画面
▲クリックで拡大
選択するオブジェクト名に「Administrators」と入力しします。
続いて「OK」を押します。

元の画面に戻ります
サブコンテナーとオブジェクトの所有者を置き換える
▲クリックで拡大
以下にチェックを入れます。
「サブコンテナーとオブジェクトの所有者を置き換える」
「子オブジェクトのアクセス許可すべてを、このオブジェクトから~~~」
上記2点にチェックを入れたら「OK」を押します。

アクセス許可の画面に戻ります。
アクセス許可の画面
▲クリックで拡大
「Administrators」を選択し「フルコントロール」にチェックを入れ「OK」を押します。

ここまでの手順で、ようやく上記レジストリの変更が可能になります。

このページの手順は以上です。