このページについて

Windows7のスタートメニューが使いにくいからと、XPの頃の知識や手順でスタートメニューを改造すると痛い目に合います。

 プライバシーポリシー / 免責事項

Windows7はXPと異なり、スタートメニューのカスタマイズが非常に難しくなっています。クラシックスタイルの表示がなくなってしまったので階層表示が出来ず、スタートメニューの中身もゴチャゴチャ。使いづらいです。

そしてXP時代と同じ感覚でスタートメニュー内の各ツールを無理矢理フォルダ分けしたり改造したりすると、かなり大変な目に遭っちゃいます・・・・というお話です。

いらない子
▲スタートメニュー内に「いらない子」というフォルダを作り、普段使わないツールやWindows管理メニューを突っ込むと。。。。(あとで大変な事になると思わなかったので画像は取っていなかった。)

みつからない
▲見つかりませんとな!?実行できないとな!?

管理メニューが空
▲管理メニューがカラッポになってしまった!
移動先「いらない子」もカラッポに!

コンピューターの管理
▲管理メニューを利用したい場合、「プログラムのファイルと検索」から探して実行すれば無事作動するようです。

管理ツール、なんとか復活したが、、、
▲各種管理メニューは一旦起動さえすれば、スタートメニュー内の「アクセサリ」、「管理ツール」内にショートカットは復活するようです。しかしアチコチのショートカットが切れたままになってしまいます。

Windows7のスタートメニューがどうしても慣れない場合は、VistaStartMenuを利用してみましょう。(VistaStartMenuからでも管理メニューの移動はしない方が良い)

管理ツールフォルダやその中の各アプリケーションを別フォルダに移動させたり、Windows標準の機能をスタートメニュー内で移動させたりしないようにしましょう。

あと1ヶ月ちょっとで製品版をインストールするので我慢できますが、、、、
ちょっと泣きそうなレベルです(^_^;
普通に使用するのに支障が出る程やっかいな事になっちゃうので、ココ読んだ人はWindows7でスタートメニュー内のシステムツールは移動禁止です。