Windows10用のDVD再生ソフトとして Microsoftが提供している「Windows DVDプレーヤー」を、今更のようにじっくりと使う機会があり、ようやく気が付いたのですが・・・・ 現時点(2015年9~10月)の「Windows DVDプレーヤー」は想像以上に酷い出来ですね(^_^;

また、この件は「海外のanswers.microsoft.com」に上手いコトまとめてあるのが発見できたので、そのリンクをベースに問題点をまとめてみました。
現時点の「Windows DVDプレーヤー」には、以下のような問題があります。

Windows DVDプレーヤー のバグおよび問題点

ソースURL (英語)
An update on the Windows DVD Player app -Microsoft Community

  • DVDの再生に失敗する
    DVDの映像・音声が途切れ途切れになる。
    • 最新のビデオカードドライバをインストールすると解消する場合がある
  • DVDを認識しない。
    DVDを入れ替えたり、別のDVDを挿入すると認識しない。
    • 現状、別のDVDを再生したい場合は、Windows DVDプレーヤーを再起動させる必要がある。
  • DVDをPCにセットすると、勝手にWindowsストアが起動する
    • DVDのオートプレイ設定が変更されている。元に戻す
  • 5.1chドルビー音声に未対応
    • 一部の環境で発生。
      オーディオドライバとの相性問題がある模様。
  • HDMI経由、セカンドスクリーンへの出力に失敗する
    • 一部の環境で発生。現時点では解消方法なし。
  • 再生中のDVDを、一時停止や停止させた後、画面上のメッセージが消えなくなる
    • 現時点では解消方法なし。

補足

  • 手元の環境では
    「DVDの入れ替え時にDVDを認識しない」
    「一時停止や停止させた後、画面上のメッセージが消えなくなる」
    この2点のみ確認。
  • 「5.1chドルビー音声に未対応」
    「セカンドスクリーンに表示されない」
    などは動画再生環境が無く、未検証

あとがき

過去記事「Windows10でDVDを再生したい場合のおすすめツール」で一度はオススメしたツールですが、これはチョット使わない方が良さそうです。

とりあえず、
  • 無償配布は期間限定である事
  • 今後、修正される見込みはある事

という2点の理由から、入手だけはしておいた方が良いかもしれません。
ただし、入手した後は DVD再生の関連付けを元に戻し、当分は塩漬けしておくのが良いと思います(´・ω・`)

このページの情報は 以上です。